このページは「応用編」です。はじめての方は 「LEDランプの使い方」のページをご覧ください。
ここでは、マイクラフトのLEDをさらに便利に使える方法やパーツ選びに役立つ情報などを掲載してまいります。

[ 1 ] 分岐ハーネスでつなぐLEDを増やす

★2分岐・3分岐ハーネスの基本的な使い方★
2分岐ハーネスおよび 3分岐ハーネス は、配線を分岐させてLEDランプを2本または3本同時につないで点灯することができる便利なパーツです。図のようにつないで使用します。

「2分岐ハーネス」はこちら  ⇒ 「3分岐ハーネス」はこちら ただし、基本的な注意点として下記の【グループA】に属するLEDランプと【グループB】に属するLEDランプを混ぜてつなぐと、【グループB】のLEDランプは光らなくなってしまいます。
また、同時につなぐ本数が増えるほど、個々のLEDランプの明るさは弱くなります。

※【グループA】と【グループB】のLEDランプを混ぜて使う方法は、 「2分岐ハーネス・3分岐ハーネスの応用した使い方」をご覧ください。


★3種類の使用例★ 《 例1:【グループA】と【グループA】のLEDランプをつなぐ 》

【グループA】に属する チップ型LEDランプ 赤(高輝度) を2本分岐させてつなぐと、問題なく2本とも点灯します。


《 例2:【グループB】と【グループB】のLEDランプをつなぐ 》

【グループB】に属する チップ型LEDランプ 電球色(超高輝度) と、同じく【グループB】の チップ型LEDランプ 青(高輝度) の2本を分岐させてつないでも、問題なく2本とも点灯します。


《 例3:【グループA】と【グループB】のLEDランプをつなぐ 》

【グループA】に属する チップ型LEDランプ 赤(高輝度) と、【グループB】に属する チップ型LEDランプ 青(高輝度) の2本を分岐させてつなぐと、【グループB】の青色の方は点灯しません。

しかし、インラインLED調光器を使用することで、【グループA】と【グループB】のLEDランプを同時に使用することができます。(以下で詳しく説明いたします)

[ 2 ] 調光器でLEDの明るさを調節する

★インラインLED調光器でLEDの明るさを調節できます★ インラインLED調光器は、LEDランプにつないで光の強さを調節できるパーツ。中央の調節ツマミに精密ドライバーを差し込んで回すことで明るさを調節できます。

インラインLED調光器

★分岐ハーネスで【グループA】と【グループB】のLEDを組み合わせて光らせる方法★ 2分岐ハーネスや3分岐ハーネスで【グループA】と【グループB】のLEDランプを組み合わせて一緒に使いたい場合には、 インラインLED調光器を使用します。

【グループA】と【グループB】のLEDランプを同時に点灯させるには、【グループA】のLEDランプにインラインLED調光器をつないで、光を弱めます。 たとえば、下図のように【グループA】の チップ型LEDランプ【赤(高輝度)】 の配線にインラインLED調光器をつなぎ、光の強さを抑えます。(調光器のツマミを回転させて光を弱める)
そうすると【グループB】の青色LEDも光り、LEDランプを同時に光らせることができます。

なお、分岐ハーネスを使い、さらに調光器で光を弱めて使うと明るさがかなり落ちますので、調光気を使うグループAのLEDは輝度の高いもの(高輝度・超高輝度)をおすすめします。

※インラインLED調光器は、必ず【グループA】のLEDランプにつなぎます。
(間違って【グループB】のLEDランプつないでも、故障等の心配はありません。)


「LED調光器」はこちら

[ 3 ] 延長ハーネスでLED配線を延長する

延長ハーネスは、LEDランプの配線を延長するパーツです。線の長さが足りない場合に便利なパーツ。延長ハーネスを2本、3本と複数連続で配線してさらに長さを延長したり、2分岐ハーネスや3分岐ハーネスと併用することもできます。
すべてのコネクタ付LEDランプに使用できます。


「延長ハーネス」はこちら

[ 4 ] DC2分岐プラグでLEDをたくさん使う

★DC2分岐プラグで1つの電源に複数のコントローラをつなぐ★
DC2分岐プラグ 下図のように電源プラグにつないで配線を分岐し、1つの電源でコントローラを2個まとめて使えるようにするパーツです。


DC2分岐プラグは、ACアダプタ・電池ケース(乾電池用)どちらにも使用できます。
※ACアダプタに使う際は、付属の「変換プラグコード」を使用します。

ジオラマや大型の作品で、LEDランプをたくさん使用するときに便利!

さらに、下図のように、DC2分岐プラグを3個つないで4分岐にして、コントローラを4個つなぐことも可能!

コントローラ16pm(常時点灯16本用)を4個使うと、合計で 16×4=64本 のLEDランプを1つの電源で使用することが可能になります!鉄道模型レイアウトなど、たくさんのLEDを1つの電源でまとめて使えて便利!

DC2分岐プラグは、マイコンコントローラ(各種)・ICコントローラ6P4Bにも使用できます。

下記にご紹介する「延長コード(各種)」との併用も可能!
※延長コードは、DC2分岐プラグの電源側とコントローラ側のどちらにも使用できます!

[ 5 ] 延長コードで電源配線を延長する

★電源やDC2分岐プラグの配線も延長できます★
延長コード:電源やDC2分岐プラグの配線を延長するパーツ 延長コードは、現在下記3種類あります。
延長距離が短めのタイプ「延長コード(30cm 赤黒タイプ)」
延長距離が長めのタイプ「延長コード(1m 赤黒タイプ)」
延長距離が長く、展示会などで見栄えの良い白色コードの「延長コード (2.5m ホワイト)」
●電源とコントローラの中間に使用する場合

上図のように電源とコントローラの中間に接続して、配線を約1m延長できます。
延長コードを複数連続でつないで、さらに長さを延長することも可能。
長さ30cmと1mのタイプを組み合わせて併用することもできます。

電源は、ACアダプタ・電池ケース(乾電池用)のどちらにも使用できます。
※ACアダプタに使う際は、付属の「変換プラグコード」を使用します。

DC2分岐プラグに使用する場合

図のように、DC2分岐プラグとの併用も可能。
電源とDC2分岐プラグの間、DC2分岐プラグとコントローラとの間のいずれの場合にも使用可能!図のように3ヶ所すべてに使用することもできます。
延長コードを複数本連続でつないで、さらに長さを延長することもできます。

[ 6 ] 丸型LEDの光り方の違いと特徴

★LEDの輝度(明るさ)と指向角について★ LEDの明るさ(輝度)は、mcd(ミリカンデラ)という単位で数字で表すのがひとつの一般的な指標で、数値が大きいほど明るく光ります。(当ストアでも、各LEDランプの商品ページにそれぞれ数値を記載しています)

しかし、3mmや5mmなどの丸型LEDは、懐中電灯のように方向性を持った光り方をするため、光の広がる角度(指向角)により数値が大きく異なる場合があります。

広角タイプ(指向角が大きいタイプ)は、光が広い角度に拡散して光るため、狭角タイプ(指向角が狭いタイプ)よりも、輝度の数値は小さくなる傾向があります。

実際には、数値の高い狭角タイプよりも数値の低い広角タイプの方が、広範囲を明るく照明するには適している(実際には明るさが強い)場合が多いようです(特に、模型の建物内照明やシャドーボックスなどの額内の照明には広角タイプの方がおすすめです)。狭角タイプは、スポット的に範囲を狭めて照明したいときに適しています。

同様の関係で、丸型LEDに比較して、チップ型LEDは輝度の数値が低いですが、チップLEDは光る面から180度全体に光が広がるため、輝度の数値は小さくなっています。


丸型(砲弾型などともいいます)LEDは、LEDの直径が3mmのタイプと5mmのタイプの2種類を販売しています。
⇒  丸型3mmLEDランプ は、各色1種類ずつ
⇒  丸型5mmLEDランプ は、黄・赤にそれぞれ<狭角タイプ>と<広角タイプ>の2種類があります。

また、光の指向性をあまりもたせずに、光をより自然に拡散させて照明したい場合には「拡散キャップ」の使用をおすすめします。
⇒  拡散キャップ 丸型3mmLEDランプ用
⇒  拡散キャップ 丸型5mmLEDランプ用

広い範囲をできるだけまんべんなく照明したい場合には、指向角(光の広がる角度)の広い丸型5mmや3mmのLEDランプを選んで、拡散キャップを併用して照明していただくのがおすすめです。

[ 7 ] LEDの明るさ(輝度)について

★超高輝度LEDランプの長所★ 輝度の高いLEDの長所は、なんといっても明るく光るということですが、その大きなメリットとして、 ボタン電池ケース など比較的電池容量の少ない電源で電池残量が減ってきても、低輝度のLEDよりもずっと明るく光り続けるということが特徴的です。

例えば、
チップ型LEDランプ 赤(低輝度)・・・・・輝度4mcd
チップ型LEDランプ 赤(超高輝度)・・・・・輝度100mcd

の2本を同じ条件で点灯した場合、超高輝度のLEDは低輝度のものに比べて約15倍明るく光ります。電池残量が減っても同じ条件ですので、低輝度のほうはほとんど光っているのが分からないくらい落ちてしまっても、超高輝度のLEDは、まだ十分な明るさを保っていることがよく見られます。

★2分岐・3分岐ハーネスを使用する場合には輝度の高いLEDランプがおすすめ★ 2分岐ハーネスや3分岐ハーネスを使って、LEDランプを同時に点灯すると、LED個々の明るさは弱くなります。こういう場合にも、輝度の高いLEDランプがおすすめです。
※特に、ボタン電池ケースに2分岐・3分岐ハーネスを使用して低輝度のLEDランプをつないだ場合、電池残量が減ってくるとすぐに暗くなってしまいますので、高輝度や超高輝度のタイプがおすすめです。

《 特に輝度の高いチップLED 》
チップ型LEDランプ 白(超高輝度)
チップ型LEDランプ 電球色(超高輝度)
チップ型LEDランプ 赤(超高輝度)
チップ型LEDランプ 橙(超高輝度)
チップ型LEDランプ 緑(高輝度)

とはいっても、用途によってはひかえめな弱い光のほうが適している場合もありますので、必ずしも明るく光ればよいというわけではありません。各LEDランプ商品名に記載の「輝度」の名称を参考に用途に合わせてお選びください。

このページでご紹介した商品とおすすめ商品!

ボタン電池ケース 【CR1220用 スイッチ付】 ボタン電池ケース 【CR2032用 スイッチ付】 2分岐ハーネス 【 DHW2-121 】

ボタン電池ケース 【CR1220用 スイッチ付】

価格:1,230円(税込)

ボタン電池ケース 【CR2032用 スイッチ付】

価格:1,230円(税込)

2分岐ハーネス 【 DHW2-121 】

価格:535円(税込)

3分岐ハーネス 【 DHW3-121 】 延長ハーネス【30cm】※LEDランプの延長用 インラインLED調光器

3分岐ハーネス 【 DHW3-121 】

価格:679円(税込)

延長ハーネス【30cm】※LEDランプの延長用

価格:411円(税込)

インラインLED調光器

価格:597円(税込)

チップLEDランプ 白(超高輝度) 【極細リード線&コネクタ付】 チップLEDランプ 電球色(超高輝度) 【極細リード線&コネクタ付】 チップLEDランプ 赤(超高輝度) 【極細リード線&コネクタ付】

チップLEDランプ 白(超高輝度) 【極細リード線&コネクタ付】

価格:474円(税込)

チップLEDランプ 電球色(超高輝度) 【極細リード線&コネクタ付】

価格:453円(税込)

チップLEDランプ 赤(超高輝度) 【極細リード線&コネクタ付】

価格:494円(税込)

チップLEDランプ 緑(高輝度) 【極細リード線&コネクタ付】 チップLEDランプ 青(高輝度) 【極細リード線&コネクタ付】 丸型3mmLEDランプ 白(高輝度) 【極細リード線&コネクタ付】

チップLEDランプ 緑(高輝度) 【極細リード線&コネクタ付】

価格:442円(税込)

チップLEDランプ 青(高輝度) 【極細リード線&コネクタ付】

価格:411円(税込)

丸型3mmLEDランプ 白(高輝度) 【極細リード線&コネクタ付】

価格:463円(税込)

丸型5mmLEDランプ 白(広角/超高輝度)【コネクタ付】 丸型5mmLEDランプ 電球色(広角) 【コネクタ付】 タイニィコントローラ4P [常時点灯4本用] 【スイッチ付】

丸型5mmLEDランプ 白(広角/超高輝度)【コネクタ付】

価格:442円(税込)

丸型5mmLEDランプ 電球色(広角) 【コネクタ付】

価格:463円(税込)

タイニィコントローラ4P [常時点灯4本用] 【スイッチ付】

価格:1,677円(税込)

タイニィコントローラSN3 [点滅4本用] 【スイッチ付】 タイニィコントローラSN4 [ゆらぎ4本用] 【スイッチ付】 コントローラ8Pm 【常時点灯8本用】

タイニィコントローラSN3 [点滅4本用] 【スイッチ付】

価格:3,066円(税込)

タイニィコントローラSN4 [ゆらぎ4本用] 【スイッチ付】

価格:3,066円(税込)

コントローラ8Pm 【常時点灯8本用】

価格:2,736円(税込)

コントローラ16Pm 【常時点灯16本用】

コントローラ16Pm 【常時点灯16本用】

価格:3,960円(税込)