タイトル画像

神棚とは
日本の家庭では、先祖を仏壇に、神さまを神棚に祀る生活が自然に行なわれてきました。 一般の家庭に神棚が祀られるようになったのは、江戸時代初期といわれています。「お伊勢まいり」が流行したこのころ、伊勢神宮のお神札(ふだ)を安置する場所として、家庭に神棚が祀られるようになったのです。 神棚は日本の神さまや、仏教と習合した神さまを祀るための小型のお宮をいいます。神棚はお宮と棚の両方を含んだ名称で、棚そのものは棚板という名称が使われます。 神棚は桧や欅の白木からそのまま作られるのが一般的です。

神棚(お神札)の祀り方
神棚には神社から頂いたお神札(ふだ)をお祀りします。 お神札の中心は、神宮大麻(じんぐうたいま)という伊勢の天照皇大神宮のお神札です。お神札を並べて祀る場合は、中央に伊勢の天照皇大神宮のお神札、向かって右に氏神神社のお神札、左に崇敬神社(すうけいじんじゃ)のお神札をお祀りします。 お神札を重ねる場合は、一番手前に天照皇大神宮のお神札、その後ろに氏神神社のお神札、その後ろに崇敬神社のお神札をお祀りします。 氏神神社とは地域の神社のことで、家や地域の守り神です。崇敬神社とは、個人や会社に係わりが深い神社のことです。 お神札は各神社で毎年、年末に新しく頂き、一年間お祀りした古いお神札は神社に納めます。

神棚の飾り方・位置と向き方角
神棚を祀る場所は、南向きか東向きになる明るくて清浄な場所がよいとされています。見上げる程度の高さに神棚を設けます。 仏壇と同じ部屋に祀る場合は、神棚と仏壇が向かい合わせにならないように安置します。おまいりするときに、お尻を向けないようにするためです。 神棚には注連縄(しめなわ)を張ることもあります。注連縄は内と外を区別し、不浄から神棚を隔てる意味があります。注連縄を張る場合は向かって右に太い方がくるように張ります。

神棚を祀る時期
神棚をはじめて祀る時期は、一般に年末が多いようですが、家の新築や商店の開店、事務所開きのときに、新しい神棚を祀ることも多いです。一家の繁栄、家内安全、商売繁盛、諸願成就を願って、神棚を祀ります。

神棚のお参りの仕方
神棚をお参りするときは、まず手を清め、口をすすぎます。 拝礼の仕方は、2回お辞儀をし、2回柏手を打ち、1回お辞儀をする二拝二拍手一拝(にはい にはくしゅ いっぱい)が基本です。 神棚には、扉の正面に鏡をすえて、米、塩、水、酒、榊、灯明などをお供えします。水は毎朝お供えし、それ以外は毎月一日と十五日に新しいものをお供えします。 神棚にお供えするものを神饌(しんせん)といいます。榊は「栄える木」という意味の神事に用いる木のことで、ツバキ科の常緑小高木の枝葉を飾ります。 古来より日本では、遠い先祖を神さまとして神棚に祀り、身近な先祖を仏さまとして仏壇に祀って心のよりどころとしてきました。神棚をお参りすることで、家族の安泰や幸せを願い、毎日の生活に感謝する気持ちを、お神札(ふだ)を通して神さまに伝え、日々そのご加護をいただいているわけです。

なぜ神棚をお祀りするのか
神棚には日本の神さまや、仏教と習合した神さまをお祀りします。 日本の神さまは神話の時代から続く我々日本人の祖先であり、神棚にはそうした遥か遠くの祖先をお祀りすることになるのです。また日本の神さまは天照大御神が太陽神であるように自然の象徴であることが多く、神棚は自然への感謝と畏敬を表す場所ともなります。 日本の宗教風土は仏と神が混然一体となった歴史を持ち、遠い先祖を神さまと崇(あが)め、近い先祖を仏さまと尊び、現代にいたるまでその習慣は続いています。 神棚を祀ることにより、日本が神話から続く歴史をもつことを知り、自然に感謝することはきわめて重要なことであります。

天地の恵み
お伊勢さまは皇室の先祖の神さまであり、また私たち国民の総氏神さまでもあります。その広大無辺のご神徳は太陽にたとえられ、「天の恵み」と仰がれます。 氏神さまは、都会にあっては諸産業を、農村にあっては農業を守護するなど、その土地に暮らす全ての人々(氏子)と、その生活をお守りくださる、最も身近な神さまです。親が我が子を慈しむような、大地が五穀を育むようなそのご神徳は、「地の恵み」と称えられます。 この世に生きる全てのものは、天地の恵みによって生かされ、神々のご守護によって生活を営んでいます。すなわち、お伊勢さまの「天の恵み」と、氏神さまの「地の恵み」とがあたかも車の両輪のごとくひとつとなって、より尊いご神威があらわれ、より一層のご守護をいただけるのです。ですから、お伊勢さまと氏神さまのお神札をお祀りして、私たちは国の隆昌と家庭の幸せをお祈りするのです。 毎年お正月を迎えるにあたり、神棚を掃除して、お伊勢さまと氏神さまのお神札を新しいものに取り換えます。これは、より新しい力、より新しい生命をいただくという意味があり、日本の伝統、先祖伝来の美しい風習です。

神棚の処分
不要になった古い神棚を処分する場合は、近くの神社でお焚き上げしてもらうのが、一番丁寧な処分の仕方です。お焚き上げ料の金額は神棚の大きさにもよりますので、神社に相談されるとよいでしょう。 神棚と一緒に使っていた神具は、不燃ゴミとして扱っても問題ありませんので家庭で処分します。

簡易神棚・お神札入れ 通し屋根三社 中 モダン神棚 唐戸通し屋根三社 小 中神明

Copyright (C) 2008-2019 仏壇屋 滝田商店 all rights reserved.

このホームページに掲載されている画像・データなどの無断転載を禁じます。