タイトル画像

盆提灯とは
盆提灯はお盆のとき、先祖や故人の霊が迷わず帰って来る目印として飾ります。盆提灯には迎え火、送り火の役割があります。
また盆提灯はお世話になった故人の冥福を祈り、感謝の気持ちを表すものです。親戚や故人と親しかった方々は、お盆に故人の供養のためにお供え物をしますが、盆提灯はお供えとして最高のものとされています。
盆提灯は宗派による違いはありません。むしろ、地域によって飾る盆提灯の種類が違う場合があります。

盆提灯を飾る時期
盆提灯には迎え火、送り火の役割がありますので、7月13日(8月13日)に明かりを灯し、16日には明かりを落とします。実際に盆提灯を飾る時期は、お盆の月の7月(8月)に入った早い時期から飾りはじめる場合が多いです。
盆提灯には迎え火、送り火の役割がありますので、盆提灯は毎年お盆に飾ります。ただ、たくさん頂いた盆提灯を毎年飾るのが大変な場合は、2〜3年後から少しずつ飾る数を減らしていきます。

盆提灯の種類
盆提灯には、上から吊るす御所提灯(ごしょちょうちん)、下に置く大内行灯(おおうちあんどん)、霊前灯などがあります。御所提灯には、絵柄の入った提灯と、無地の新盆用の白提灯があります。大内行灯には、火袋の中が回転するものと、回転しないものがあります。
それぞれの提灯の火袋には、和紙を貼ったものと、絹を貼ったものがあります。提灯の火袋に家紋を入れる場合もあります。

盆提灯の飾り方
絵柄の入った盆提灯は、精霊棚(盆棚)やお仏壇の両脇に一対、二対と飾ります。飾る場所が狭いときは、片側に一つだけ飾る場合もあります。最近は場所が狭い家庭が多いので、良いものを少なく飾る傾向にあります。
新盆用の白提灯は、初めて故人の霊が家に帰る目印として、玄関や縁側の軒先に飾りますが、最近は防犯上の心配もあり、仏壇の置いてある部屋(仏壇の前方)に飾る場合も多いです。
白提灯はローソクの火を灯せるようになっていますが、危ないので火を灯さないで、ただ飾るだけで迎え火とする場合も多いです。新盆用の白提灯は、一つあればよいです。

盆提灯の選び方
盆提灯は飾る場所や部屋の広さを考慮に入れて選びます。最近は場所が狭い家庭が多いので、良いものを少なく飾る傾向にあります。
盆提灯を贈る場合は自分の好みだけでなく、先方の飾る場所や部屋の広さも考慮に入れ、後は予算に合わせて選びます。一つでも一対でも、どちらでも失礼にはなりません。

新盆の盆提灯
故人が亡くなって四十九日の後、初めて迎えるお盆を新盆といいます。
新盆には、普通の絵柄の入った盆提灯のほかに、白い新盆用の提灯を飾ります。この白提灯を飾るのは新盆の時だけで、お盆が終わったら燃やして処分します。
以前は新盆用の白提灯は故人の家族が購入し、普通の絵柄の入った盆提灯は、兄弟、親戚などから贈られていました。しかし最近では、盆提灯を飾るスペースなどの住宅事情を考えて、兄弟、親戚などから盆提灯用にと現金で頂戴して、故人の家族が全て用意する場合も多くなっています。
新盆用の白提灯は、以前は送り火で燃やしたり、自宅の庭でお焚き上げしたり、菩提寺に持って行き処分してもらいました。しかし最近では、火袋に少しだけ火を入れて燃やし(形だけお焚き上げをして)、鎮火を確認してから新聞紙などに包んでゴミとして処分する場合が多くなっています。
普通の絵柄の入った盆提灯は、毎年飾るものですから、お盆が終わったら火袋をよくはたき、部品をきれいに拭いて箱に入れて保管します。

盆提灯の取扱い(吊り提灯)
上から吊るす提灯を御所提灯(ごしょちょうちん)といいます。
盆提灯は火袋を無理に広げたりしますと、破れてしまう場合がありますので注意してください。吊り提灯の房は上部の紐につけてあります。ご使用時にはずして下部のカンに取り付けてください。
盆提灯の火袋の中にはローソク立てが付いていますが、ローソクに火を灯した場合は、危険ですのでその場所を離れないでください。盆提灯は実際には火を灯さないで飾ることをおすすめします。安全のために盆提灯のローソク電池灯もあります。

盆提灯の取扱い(置き提灯)
下に置く提灯には大内行灯(おおうちあんどん)や回転行灯(かいてんあんどん)があります。
置き提灯はコンパクトな紙箱に入っていて、誰にでも簡単に組み立てることができます。組み立て方法が同封されていますが、3本足の1本を前にして、火袋の絵柄が正面にくるように組み立て、下の安定した水平なところで飾ります。
回転行灯の回転筒が回る原理は、電球の発熱によるわずかな上昇気流で自然に回る仕組みになっています。その力は弱いものですから、回転筒が電球や柱の部分に少しでも触れていたり、傾いていると、回らない場合があります。ご使用になるお部屋の条件(温度、湿度など)によって、上昇気流がほとんど起こらない場合もあり、その時は回転筒が回りにくい事があります。
回転筒を長時間ご使用になると、静電気が発生し回転が静止する事もあります。その場合は一定時間を置いてよく冷ました後、市販の静電気防止スプレーを回転筒とその周辺に噴霧するか、回転筒を湿った布で拭くなどして、静電気を取り除いてください。
盆提灯の電球は緩まないように、しっかりソケットに締めてください。使用後の電球に触れる場合は、熱を持ち火傷の恐れがありますので、熱が冷めてから行ってください。
盆提灯の火袋は天然素材のため、虫食いにご注意ください。虫が火袋を張った糊を食べに来ることがありますので、使用後は火袋をよくはたき、部品をきれいに拭いてから箱に入れて保管します。防虫対策に、防虫剤を一つ入れておくと安心です。

Copyright (C) 2008-2019 仏壇屋 滝田商店 all rights reserved.

このホームページに掲載されている画像・データなどの無断転載を禁じます。