タイトル画像

本尊とは
仏壇の中には仏像が安置されていることは知っていても、本尊が宗派によって違っていることまでは知らない方が多いです。
本尊とは信仰の中心として祀られる仏像や曼荼羅(まんだら)のことです。
仏壇に安置する本尊は宗派によってそれぞれ異なりますので、菩提寺の宗派に合わせて選びます。本尊が宗派ごとに異なるのは、各宗派により教義や仏教の理想の求め方が違うからです。 本尊の形式には、お姿のある仏像と、絵像の掛軸があり、寸法は仏壇内部の大きさに合わせて選びます。仏像には、木彫仏像や鋳造仏像などがあります。
本尊は菩提寺を通して本山からいただく場合もありますが、一般には仏壇店から購入し、菩提寺の住職に魂入れをしていただきます。本尊は、仏壇の中心である須弥壇(しゅみだん)の上に安置します。
仏壇をより丁寧にまつるためには、本尊の両脇に脇侍の仏像を安置するか、脇掛(わきがけ)という掛軸を安置します。安置する脇侍や脇掛は、各宗派で定められています。
掛軸は仏壇の裏板に鋲で留めるか、掛軸台にかけて安置します。

各宗派の本尊
本尊は仏壇の中心に安置される仏像、あるいは曼荼羅です。仏像ではなく掛軸をかける場合もあります。
安置する仏像や掛軸は、宗派によって異なります。

宗派 本尊 脇掛
天台宗
(てんだいしゅう)
阿弥陀如来
(あみだにょらい)
天台大師
(てんだいだいし)
伝教大師
(でんぎょうだいし)
真言宗
(しんごんしゅう)
大日如来
(だいにちにょらい)
弘法大師
(こうぼうだいし)
不動明王
(ふどうみょうおう)
浄土宗
(じょうどしゅう)
阿弥陀如来
(あみだにょらい)
善導大師
(ぜんどうだいし)
法然上人
(ほうねんしょうにん)
浄土真宗本願寺派
(じょうどしんしゅうほんがんじは)
阿弥陀如来
(あみだにょらい)
親鸞聖人
(しんらんしょうにん)
蓮如上人
(れんにょしょうにん)
真宗大谷派
(しんしゅうおおたには)
阿弥陀如来
(あみだにょらい)
十字名号
(じゅうじみょうごう)
九字名号
(くじみょうごう)
臨済宗
(りんざいしゅう)
釈迦如来
(しゃかにょらい)
脇掛は各派によって異なります
曹洞宗
(そうとうしゅう)
釈迦如来
(しゃかにょらい)
承陽大師
(しょうようだいし)
(道元(どうげん))
常済大師
(じょうさいだいし)
(瑩山(けいざん))
日蓮宗
(にちれんしゅう)
曼荼羅
(まんだら)
鬼子母神
(きしぼじん)
大黒天
(だいこくてん)

本尊(仏像・掛軸)の魂入れ
本尊(仏像・掛軸)を新しくしたときは、菩提寺の住職に来ていただき魂入れの儀式「開眼法要(かいげんほうよう)」をお願いします。この法要によって単なる物に過ぎなかった仏像が、尊い仏さまになるわけです。最近は納骨や四十九日法要のとき一緒に、本尊(仏像・掛軸)の魂入れをすることが多くなっています。お寺で法要を営むのであれば、お寺に本尊(仏像・掛軸)を持参して魂入れをお願いします。

Copyright (C) 2008-2019 仏壇屋 滝田商店 all rights reserved.

このホームページに掲載されている画像・データなどの無断転載を禁じます。