1. 御菓子司 大黒屋 ヤフー店 >
  2. 大黒屋の歴史
【寛永年間創業  福井・鯖江  御菓子司 大黒屋の歴史】

当店は、越後・鯖江藩(現在の福井県鯖江市)の地で江戸時代の寛永年間(1624〜44)より、寺の門前で線香やロウソク、お供え菓子を扱っていたのがはじまりです。
その後江戸中期になると、本格的にお菓子を作るようになります。地元名産のもち米と柚子を使って考案した「菜花糖」は、旧鯖江藩主の贈答菓に指定され、また代々藩主の茶会の常用として愛されました。

鯖江を代表する御菓子となった「菜花糖」は、昭和8年、当時の鯖江区長様と鯖江本山 誠照寺管長 二条様の両名からのご依頼を受け、北陸陸軍のご視察に来県された昭和天皇にも御奉納いたしました。その後あらためて宮内省からも御注文をいただくこととなり、その際には代金を県や町に全額寄付したと伺っております。

その後も歴史と伝統、地域ならではの文化を守り続けながら、時代に合った新しい御菓子づくりも探求し、おかげさまで代々にわたり数多くの賞を賜ってまいりました。
昔ながらの素材である葛粉を使って、洋菓との折衷を実現させた夏限定の「流水くずながし」、福井の名物である「羽二重餅」や「冬の水ようかん」など、選りすぐりの商品をそろえてお待ちしております。
株式会社大黒屋
〒916-0026 福井県鯖江市本町2-1-13
TEL:0778-51-0451
FAX:0778-51-0140

大黒屋の歴史

価格帯
  • 円〜

絞り込み条件を開く