石川県能美市で栽培されている山芋の一種。 植物学的にはヤマノイモ科、つくねいも群の黒皮種のやまといも。 白山連峰を仰ぐ加賀平野のごく限られた地域だけで栽培されています。 黒い皮をむくと真っ白な芋となり、すりおろすといわゆる「とろろ」。加賀丸いもの最大の特徴は強い粘り。 一般の長イモやヤマイモ・イチョウイモなどの大薯、自然薯と比べても断然強い「粘り」があります。 また山芋は一般的にはデコボコ状の塊だったりくねくねと細く長い形状の品種がほとんどです。 しかし当地石川県能美市根上地区の限られた地域では、古くから選抜栽培され「まるいいも」が残されました。 さらにこの地域独特の風土の白山からの清らかな水、手取川がもたらした豊かな土、日本海からミネラルたっぷりの風、もちろん太陽からのエネルギッシュな光と丸いも農家の創意工夫と努力の汗で味わい深い「加賀丸いも」が作られています。

加賀丸いも

3件中 13件目

都道府県で探す
価格帯
  • 円〜

絞り込み条件を開く

3件中
1〜3件