GW10連休告知地震の影響により、北海道勇払郡厚真町(高丘・幌内)においては、荷物配送にお届け遅延が発生しております。2019/3/12時点
  1. スーツケースと旅行用品のgriptone >
  2. 犯罪に遭わない為に
 
治安の善し悪しは国によって異なるものの、日本よりも治安の良い国はなかなかありません。海外で知らぬ間に擦り寄ってくる魔の手から逃れるためにも、犯罪手口を知っておきましょう。

日本人が巻き込まれることが多いケース別に、手口と対策を解説します。
(手口)
レストラン、ホテル、空港などで置き引きされるのは日常茶飯事。特にビュッフェなどで席に荷物を置きっぱなしにすると、離れた隙にバッグを盗まれることが多いようです。
ホテルや空港のチェックイン時やロビーで気を抜いた途端にカバンを盗られるケースも多数。

(対策)
レストランやホテル、空港は公共の場だということを忘れずに。
どこに行っても荷物から意識をそらさないのが一番ですが、それが難しい場合は貴重品だけでも体に密着したウエストポーチに入れておいたり、衣服の中に分けておいたりなど、工夫が必要です。

また、置き引きから荷物を守るコツは、カバンを足の間に挟むこと。足を大きく開いて荷物をまたぐような感じにしてしまうと、ヒョイと後ろから抜かれてもとっさに気がつかないことが多いので、荷物の後ろのほうをくるぶしの内側にぐっとあてて立つようにします。 こうすれば、カバンの大部分は自分の体の前にあり、しかも体の一部で押さえているので、泥棒も手を出しにくいでしょう。
(手口)
海外にはプロの腕前を持つスリが多く存在し、無意識のうちにすられていることがほとんどだとか。日本人は、特に海外でのショッピングや観光のとき、あまりにも無防備だと言われています。

2人組に道を聞かれ、答えている間にもう1人からすられたり、食べ物や飲み物を洋服に付けて拭き取る間に財布を抜き取ったりというケースも。

(対策)
見た目ではスリかどうかは判断不可能。向こうから話しかけてくる人は、海外では怪しくなくても無視するのが鉄則です。
また、デイパック式(リュックなど)のバッグは背中にしょっているために、知らないうちにナイフで切られてしまい、財布だけ抜き取られたというケースもあるからあまりすすめられないです。

観光やショッピングのときはなるべく目立たないバッグを持ち、極力、現金を持ち歩かないことも大切です。
(手口)
数名の集団に囲まれて被害にあうケースが多く、背後からバイクや車でゆっくり近づいてバッグをひったくられるということも。薬や武器を使った悪質な犯罪でケガをすることもあるので、それは何としても避けましょう。

(対策)
夜出歩かない、危険といわれている場所には近づかない、1人にならないなど。
とくに、夜遅くにさびしい場所を歩くのはもってのほか。これでは襲ってくださいと言っているようなものです。

旅行先で安全なカバンの持ち方として、バッグは体の前に、抱えるようにして持つ。ショルダーバッグの場合は、ひもを手首に巻いて持つと、引ったくられたときに手を痛めることが多いし、肩に掛けただけでは簡単に引ったくられてしまうので、たすきがけにして体の前に下げておく。

ただし、治安の悪い場所では、まだまだ不十分です。夜歩くときなど、さらに安心な状況にするためには、バッグをたすきがけにした上からジャケットを羽織る。

引ったくりにあい、荷物を離さなかったために大けがをしてしまったというケースもあるので、もし強盗にあったら、むやみに抵抗するのはやめましょう。

一緒に行動する人がいる場合は、お互いに注意を促し意識を高めましょう。
(手口)
ホテルを留守にしている間に荷物を盗まれるというのが、長期滞在者に多いケース。パスポートや現金などの貴重品だけでなく、トランクの中身まで持っていかれることも…。ホテルのランクに関係なく被害者が出ているのが実情。
ハウスキーパーやホテルのスタッフが盗みに及ぶといった例は少なくありません。

(対策)
貴重品は出掛けるときに置いていかない。トランクの中身などは防ぎようがないので、せめて大切なものだけは盗まれないようにしましょう。長期滞在の場合は携行品の保険に入るなどして、被害に遭っても冷静に対処を。
(手口)
車から離れたときにガラスを割って車の中のものが盗まれるというケース。特にショッピングセンター駐車場での車上狙い被害が発生しています。
信号待ちで停車しているときに後部座席の荷物や駐車中にトランクのものを盗まれたりすることも。

(対策)
管理された駐車場に駐車することを心掛けるとともに、現金、貴重品、バッグ等を車内に置いたまま車から離れないようにしてください。ドアロックをしていても、車外から小銭やバッグなどが見えると、車上ねらいのターゲットになります。

走行中もロックは忘れずに。ガソリンスタンドや自動販売機など、とにかくどんな状況でも、運転席から降りる場合には、必ずキーを抜いてドアロックをしてください。
犯罪には多くの手口があり、このほかにも様々なケースがあります。しかし、多くは注意すれば防げるでしょう。日本とは違う環境にいることを認識し、最後まで意識を持ちつつ楽しみましょう。
 

copyright 2005 griptone co..ltd. all rights reserved.