surouと書いてスロウと読みます。インテリア・雑貨を中心に、生活を少しだけ贅沢にしてくれそうなイイ感じのモノを揃えた、生活道具屋surou n.nのオンラインショップです。 東京の下町、月島生まれ、日本橋人形町育ちのsurouです。 「緩い」ながらも、「正直に、真摯にお客様に向き合う」ことをモットーに営業しております。 実店舗同様に、どうぞご贔屓にして下さいませ。
surou info



有田の地で創業350年の陶悦窯がデザイナーに大治将典を起用し、2012年に立ち上げた磁器ブランドが「JICON 磁今」です。
「JICON 磁今」は、現代という『今』に作る『磁器』を仏教用語の『爾今(じこん)』【今を生きる】という意味に重ね、陶悦窯『今村家』が作る『磁器』という意味を持っています。 磁器の素材感を改めてとらえ直し、磁土や釉薬を一から見直し、そして一般的な有田焼の青白くどこまでも完璧な艶やかな白ではなく、ありのままの陶石の白・釉薬の白、磁器でも素材感を感じる器の肌合いにしたいと思い、「生成りの白」が生まれました。 それは正直でうそのない暮らしを実感したいという思いから「素材感のある暮らし」のために作り出した器の肌合いです。
有田焼は約400年前から作られています。李参平が朝鮮から有田に招へいされ、中国や朝鮮の技法から有田焼は始まりました。時代を重ねるごとに独自の技術が起こり、ヨーロッパから注文を受け海外に輸出し、また国内向けにも大名や皇室に献上するような高級品から、一般庶民が使う日用の器まで様々な器を作ってきました。そのなかで自然と様々な技法が混じり合い、独特の和洋折衷の美が生まれてきました。 JICONは現代の暮らしの中で自然と使っている西洋・東洋・和の様式をもった様々な器が「生成りの白」をまとい、静かに、でも確かに漂う陶石と釉薬の素材感によって一つの世界観にまとまった、現代の和洋折衷のシリーズです。

JICON

45件中 120件目

ストアカテゴリ
セット/単品
キッチン用品、食器、カトラリー素材
焼き物産地
価格帯
  • 円〜

絞り込み条件を開く

  1. 1
  2. 2
  3. 3
45件中
1〜20件

営業日カレンダー

定休日

  • 2020年8月

    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31
  • 2020年9月

    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30

アイテム別カテゴリー

照明器具
スタイル
テーブル
キッチン
生活道具
文具
和ろうそく
香具
素敵な贈り物
surou web shop

surou web shopは東京日本橋人形町にある生活道具屋surou n.nのオンラインショップです。
運営会社は(有)SALコンサルティングです。
定休日:月曜日と第1・4の日曜日
営業時間:火〜金 12-19時 土 12-18時 日祝 13-17時


くわしくは >


配送サービス
5,000円(税抜)以上のお買上物で
送料を当店負担いたします。
※対象外の地域(沖縄)・商品があります。
送料は北海道、九州は1100円、中国、四国は900円、近畿は800円、それ以外は700円(全て税込)となります。
ご注文承諾後準備でき次第発送いたします。
※在庫切れ、取り寄せ等で、遅れる場合は別途ご連絡いたします。
ギフト包装
無料でギフト包装・熨斗を承ります。
(ショートメッセージも)
※照明器具などの、ギフト対象外の商品があります。
ご利用ガイド
様々なお支払方法、返品、ご注意点等のご利用方法をご案内いたします。


くわしくは >
お問い合わせ
商品・サービスにつきましては
メールにてお問い合わせください


こちら >
店舗のご案内
  • 生活道具屋 surou n.n
  • 住所:東京都中央区日本橋人形町1-12-11 リガーレ日本橋人形町1F
  • 安産祈願で有名な水天宮の交差点、すぐ横の39階立てビルの1階にスロウはあります。※新大橋通りに面しています。

  • 電車:東京メトロの半蔵門線水天宮前駅8番出口徒歩1分、日比谷線・都営浅草線人形町駅徒歩3分

  • バス:都営バス 錦11 水天宮前 停留所の目の前です。(亀戸方面、築地方面どちらも)

  • お車でも便利です。ただ専用駐車場はございません。近隣のコインパーキング、路上パーキングメーターをご利用ください。

  • 営業時間:11時頃〜18時頃(祝:17時)

  • 月曜日と日曜日がお休みです。

  • ※臨時休業などの場合はホームページの 営業カレンダーにて掲載

  • お問合せ:03-5641-7663(電話受付は営業時間中のみになります)
 

”ほんの少しだけ贅沢な暮らし”がsurouの目指すところ。

2005年9月にsurouは東京中央区月島で産まれました。
そして2008年1月に東京日本橋の人形町に旗艦店をオープンし、現在に至っています。人形町店は新大橋通りという大きな通りに面し、「安産祈願」で有名な「水天宮」の目と鼻の先にあり、しかも39階立ての人形町で一番高い建物の1階の角地の店舗です。

毎日の暮らしの中に、ほんの少し、自分のお気に入りのディテールが有るだけで、少しだけ贅沢な気持ちになれるもの。それは、照明だったり、コップだったり、お財布だったり。見栄や虚勢でなく、本当の自分が気に入れる物。そんな+αのディテールを持っている商品をsurouは揃えたいと思います。それこそが、生活の道具だからです。

緩くてこそ・・・  surouは「誠実さ」を大事にしています。超少人数で運営しているので、迂闊な事が合ったり、行き届かない事があるのも事実ですが、「正直に、真摯にお客様に向き合う」ことを肝に命じて日々の営業に向かっています。その一方で、「お客様は神様」的な考えは持っていません。「お客様」と「surou」は同じ人間で、どちらが偉いとかではなく、あくまで対等だと思っています。僕らは一生懸命、いい商品を見つけ、それをしっかり伝える。お客様はそんなsurouを見つけてもらい、理解、支持していただく。そんな関係を作り上げたいと願います。なんでもかんでもお客様の要求に応える、無理難題でも対応するというのは安易なやり方で、それでは店に品が無くなるとも思います。店とお客様と「大人」で「大らかで」で「微笑ましい」関係がsurouの目指す店です。だからこそ、surouのテーマは「緩くてこそ・・・」なのです。僕らは、ただただ、自分たちが「こういう店がうれしい」と思える店を目指しているだけなのです。

surouの真の姿は人形町店にあります。ネットショップで扱っている商品だけでなく、1点ものの古いもの、ネット販売NGの作家さんの品、実際に体感してみないと判断のつかない品などもたくさん置いています。お近くの人は勿論、遠くの人も、ぜひ東京近郊にお立寄の際にはぜひ人形町にも脚を運んで下さい。人形町は老舗、名店の食べ物屋が相当揃っていますから、surouついでに(surouがついで?)是非に!!!

Copyright (c) 生活道具屋 surou web shop all rights reserved.

プライバシー - 利用規約 - 免責事項 - 無料でお店を開こう! - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.