1. Studio MOFUSA >
  2. 小物 > 
  3. 暖簾の棒 b-0095 竹製 95cm

大きな画像を見る

商品情報

品番 : b-0095
サイズ : 95cmx直径1.5cm (両端に紐を通す穴があいています)
素材 : 国産天然竹
価格 : ¥2,000(税別)
*商品の性質上、お箱に入れて発送することができません。
 

暖簾の棒 b-0095 竹製 95cm

価格 2,160円 (税込)

東京都は送料1,300円

このストアで16,200円以上購入で送料無料

※条件により送料が異なる場合があります

手数料・送料・配送方法について

ポイントについて

21 ポイント獲得

ログインすると獲得できます。

プレミアム会員なら いつでもポイント5倍

初回登録の方は2ヵ月無料!

最大倍率もらうと10倍

210ポイント獲得

ポイントの内訳を見る

最大でもらえるポイント

210ポイント (10倍)

ソフトバンクなら ポイント+5倍キャンペーン
105ポイント (+5倍)
詳細を見る
Yahoo!プレミアム会員限定!ポイント5倍!
84ポイント (+4倍)
詳細を見る

今もらえるポイント

21ポイント (1倍)

通常ポイント
21ポイント (1倍)
  • ※一部獲得ポイント詳細に含まれないキャンペーンがあります。詳しくは各キャンペーンページをご確認ください。
  • ※進呈するポイントには、期間固定Tポイントを含みます。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスで利用できません。有効期限がありますのでご注意ください。
  • ※注文確認画面などで内訳をご確認ください。

よくあるご質問はこちら

  • ※進呈するポイントには、期間固定Tポイントを含みます。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスで利用できません。有効期限がありますのでご注意ください。

価格: (オプション代金込み)

数量

発送日情報なし(ストアに問い合わせる

商品をカートに入れる

選択肢を確認してからカートに入れるボタンを押してください
お気に入りに追加

この商品について問い合わせ

閉じる

再入荷通知設定

この商品に関するQ&A

情報を取得できませんでした

時間を置いてからやり直してください。

この商品について質問する

商品説明

学生の頃、ホームセンターという「何でも売っている巨大なお店」が大好きでした。
高校生の頃に用もないのに通っていた「東急ハンズ」みたいなお店が田んぼの中に建っている!

大阪とは言え奈良県との県境に位置する大学だったので、
大学の周りもアパートの前も田園風景に囲まれていました。
都会育ちの僕には、満月の夜は結構明るいんだと新鮮な驚きでした。

そんな僕が今や神戸市よりも人口の少ない山梨県で暮らしています。
学生当時、週末に原付に乗ってダイエーに買物に行くことが、結構な楽しみでした。
映画「下妻物語」にあるように「ジャスコには何でも売っている!」
まさに今でもそんな気分でスーパーに行くのは小さな楽しみです。

いつも良く行くスーパーにも100円ショップがあります。
結構大きいショップなので、ついつい余計なものまで買ってしまいそうになります。
ついつい暖簾もあるかと探してしまいます。
あるんですね。なんだかとても残念な暖簾ですけれど、売れてるから展示されているんですよね。


さて、本題。
暖簾の棒も100円ショップでも売ってます。
プラスチックだけれども伸縮性のある突っ張り棒です。便利です。
どうせ見えないし100均でも問題無い。
ホームセンターに行けば木の棒も売っています。

スタジオモフサの暖簾を使ってくださっているお客さんは、100円ショップとまではいかなくても、
スーパーにある数千円の暖簾よりも高価なスタジオモフサの暖簾を使ってくださってます。
とてもありがたいことですが、僕の心境としてはホントに申し訳ない、高くなっちゃってごめんなさい。
自信を持っておススメしているのですが、反面、なんだかんだとこんな価格になってしまって、お客さんがこの価格を稼ぐだけの労働に、僕の仕事は見合ってる仕事をしているのだろうかと小っ恥ずかしく思っています。
本当にありがたいことです。気を抜いたり手を抜いた仕事をしてはいけません。

スタジオモフサでは「暖簾の棒」にも手を抜かずに仕事をしています。
当店の「暖簾の棒」は暖簾を通すために1本1本丁寧に節を削って穴を空けています。
お商売的には手間がかかる割には全然儲からない「暖簾の棒」を自信を持っておススメします。

スタジオモフサの暖簾、上部の棒を通す部分「袋」と呼ばれている部分ですが、かなり太い棒も通ります。
直径でおおよそ7cmくらいでも通るようになっていますが、あまり太すぎると格好良くは無いです。
暖簾の大きさにもよりますが、半間90cm巾の暖簾であれば1~2cm程度がおさまりが良いと思います。

当店の「暖簾の棒」は、ちょうどバランスの良い長さと太さ(約95cmx直径1.5cm)。

天然の竹を使って約70g(天然素材ですので若干前後します)と軽量なので、暖簾を画鋲でも吊り下げられます。
竹の節を奇麗に削り落とし余計なデコボコを無くし、両端にあらかじめ糸を通す穴を空けています。
これで生地が引っかかることもなく、暖簾の上部がデコボコすることもなくスッキリします。

これ以上「暖簾の棒」に関して、やり尽くした感があります。
とても安くはないのですが、ここまでやれば自分も納得できるかなと思っています。

copyright(c)Studio MOFUSA, all right reserved.

掲載商品の情報について

  • 掲載している情報の精度には万全を期しておりますが、その内容の正確性、安全性、有用性を保証するものではありません。
  • 現在ご覧になっているページは、この商品を取り扱うストアによって運営されています。
    ページに記載されている内容や商品、ご購入に関するご質問は、直接各ストアにお問い合わせください。