人と人を繋ぎ、日本と中国を結ぶネットショップ!中国茶、点心等の直輸入販売
「彩香」ヤフーストアー「彩香」ヤフーストアー送料と同梱について
TOPへご購入ガイド会社概要買い物カゴお問い合わせ


  1. 彩香 >
  2. 中国茶大図鑑
中国茶大図鑑


中国茶いっぱいあって分かりましぇ〜ん」というメールをよく頂きます。
確かに種類が多くて分かり辛いんですが、その分個性も豊かで、楽しみもいっぱいなんですよ!

茶葉のタイプ
分類 発酵 お湯の温度 コメント 代表銘柄
緑茶 不発酵 60〜70゜C 中国茶の総生産量の80%が緑茶という事実 龍井茶・碧螺春・黄山毛峰
白茶 弱発酵 65〜75゜C 新芽の白毛が特徴 白牡丹・白毫銀針
黄茶 弱後発酵 65〜75゜C 珍しいお茶 君山銀針
青茶 半発酵 70〜100゜C いわゆる烏龍茶です 武夷岩茶・鉄観音・凍頂烏龍茶
紅茶 完全発酵 95〜100゜C 紅茶もルーツは中国なんです 祁門紅茶・正山小種
黒茶 後発酵 95〜100゜C 菌類で発酵させます プーアル茶・六堡茶
花茶 加工茶 吸着させた茶葉による 花や果実の香り付けをしたお茶 茉莉花茶(ジャスミン茶)・桂花茶

中国茶分類の概要
◆ お茶ってなんですか?

「緑茶は緑茶の木、紅茶は紅茶の木、そして烏龍茶は烏龍茶の木。全部違う木から作ってるんでしょ?」というのが、多くの人のお茶に対する認識でし ょう。

しかし、お茶は全部、『 カメリヤ・シネンシス 』という同一のお茶の木の葉から作られているのです。
緑茶、紅茶、烏龍茶、プーアル茶、白茶、黄茶・・・、全部カメリヤ・シネンシスなんです。

じゃー何が違うの?というと、「摘まれた茶葉」を、「お茶という製品」に変える過程、つまり製造過程が違うのです。
この製造過程の違いを理解する上で重要なキーワードになってくるのが、「発酵」という言葉です。発酵といえば、醤油、納豆、ワインなど、「かび」などの菌類の作用を指すのが一般的です。

しかし、お茶でいう「発酵」が意味するものは、「酸化」の事なんです。
「酸化」というのは、お茶の中の酸化酵素が光や酸素などと反応して、酸化していく事なんです。「酸化」する事により、お茶の葉の色が「緑色」から「銀青色」へ、そして「紅色」に変わっていきます。

そして「緑色」の茶葉は『緑茶』、銀青色のは『青茶(烏龍茶)』、紅色は『紅茶』と呼ばれています。
「赤ワイン」や「白ワイン」と一緒なんですね。つまり、茶葉の色がそのまま名前になっているんですから、単純単純。


【 緑 茶 】   炒って作る (無発酵)
お茶の葉を摘んですぐに、「炒る(中国緑茶)」or「蒸す(日本茶)」して発酵を止めます。生きた茶葉の緑色が美しく、自然でフレッシュな味わい。実は中国におけるお茶の総産量の80%は緑茶である、という事実に驚かれる方も多いはず。中国茶=ウーロン茶、ではないんですよー。

【 青 茶 (烏龍茶) 】   紅茶と緑茶のあいの子 (半発酵)
一般に青茶といいます。「お茶の葉は緑や茶色なのに、何故青茶?」と思ってしまいますが、発酵作業の途中の葉が銀青色だからと、台湾の農会の方から教えて貰いました。
お茶の葉を日光にさらしたり、こねたりして、「発酵」を促します。茶葉が完全に発酵する前に釜で炒って、発酵を途中で止めます。その発酵の度合いによって、烏龍茶の味や香りが多種多様に変化します。

例えば、文山包種茶(発酵度20%位)、鉄観音(発酵度40〜50%位)、東方美人(発酵度80%位)などを飲み比べてみると、違いが顕著に分かります。

【 紅 茶 】   実は中国がルーツ (完全発酵)
お茶の葉を完全に発酵させたもの。発酵を止める為に釜で炒るという作業はナシです。中国紅茶は、インド・スリランカ産の紅茶よりはタンニンが少なく、甘いのでストレートで飲みます。
「紅茶に『ミルク』や『レモン』、『いちごジャム』などを入れて飲む西洋人は、まずい茶葉に甘いものを入れて誤魔化している味音痴だ」と、本気で思っている中国人も少なくないようです。

【 黒 茶 】   こい〜いお茶 (後発酵)
プーアル茶などを黒茶と言います。プーアル茶は「酸化」による発酵ではなく、緑茶をカビなど「菌類」の作用により発酵させます。ワインやチーズの発酵と一緒ですね。独特の味がします。一般に痩せる中国茶というのはこのお茶のことを指します。

【 白 茶 】   新芽のお茶 (軽発酵)
高品質の新芽を集めたお茶。製造過程は簡単で、日光にさらして乾燥させるだけ。これにより、新芽の表面を覆っている産毛がうっすら白くなっていきます。茶葉の見た目が白いので、白茶といいます。新芽のうまみが閉じ込められているから、上品で淡白なお味です。

【 黄 茶 】   珍しいお茶 (弱後発酵)
緑茶とプーアル茶のあいの子です。緑茶の製造過程が終了したら、茶葉を高温多湿の部屋に放置します(30分〜4日ぐらい。ちなみにプーアル茶は1年〜25年ぐらい)。菌による発酵が微妙に進み、茶葉の色、及びお茶の色がうすい黄色に変わります。だから黄茶って言うんです。味は緑茶に近いですが、存在自体が珍しいお茶です。

【 花 茶 】   花の香りを楽しむ
花茶で有名なのは、なんといってもジャスミン茶です。緑茶・白茶・烏龍茶などに花や果実を混ぜて、お茶の葉に香りを移したものです。
純粋に茶葉の風味を味わうのではなく、着香したジャスミンやキンモクセイ、ライチなどの香りを楽しむ飲み物です。
女性に人気のお茶で、紅茶によくあるフレイバーティーもここに属します。




「彩香」ご利用案内
■ 送料 ■
●茶葉日本全国送料無料
ヤマト運輸メール便にて、全国どこでも送料無料でお届け致します。商品はポスト投函のため、在宅して待つ必要はございません(ただし、着日指定はお受け致しかねます)。
●茶器・茶菓子(一部) :全国一律500円
ヤマト運輸宅急便にてお届けいたします。

詳しくはこちら


■ お支払い方法 ■
●クレジットカード :一括払いのみ可能となっております。(弊店ではSSLに対応しておりますので、カード情報は暗号化されて送信されます。ご安心してご利用下さいませ)
クレジットカード
●郵便振込 ・ コンビニ決済
:郵便局、またはセブンイレブン・ローソン等、全国20社のコンビニエンスストアで後払い決済が可能です。
(郵便決済・コンビニ決済時の手数料100円は当店にて負担いたします)
郵便コンビニ決済

詳しくはこちら


 
■ 顧客情報の厳守 ■
当店ではお客様からお預かりした大切な個人情報(住所/氏名/電話番号/メールアドレスなど)は、決済や配送作業以外に第三者に渡したり、悪用したりする事はございません。但し、行政・司法機関などから法的な要請を受けた場合、代金の未払いの場合はこの限りではありません。

詳しくはこちら


■ 運営責任者 ■
シーアンドエー株式会社  天野真佐志
〒343-0042 埼玉県越谷市千間台東3-34-9
Tel:0120-591059

「彩香」のお客様へのお問い合わせ専用フリーダイヤルです。
※営業のお電話はお断りしております。

※お電話・FAXでのご注文は承っておりません。
E-mail:info-y@chinesetea.jp
この度は「彩香」にご来店頂きまして、誠にありがとうございます。
スタッフ一同、皆様のご期待に応えられるよう、細心の注意を払って商品をお届けさせて頂きます。どうぞ商品のご到着を楽しみにお待ち下さいませ。
「彩香」店長 天野真佐志

■ Yahoo!メールをご利用のお客様へ ■
Yahoo!メールをご利用でメールがお届け出来ない場合、迷惑メールフォルダに振り分けられている場合がございます。お手数ですが、そちらもご確認下さいませ。

Copyright (c) 2000-2017 C&A Co. All Rights Reserved.