散華について

◆「美術散華」とは

寺院で法要を巌修する際、諸仏を供養するために花が撒かれます。これを散華といいます。元来は蓮弁をはじめとする生花が使われましたが、次第に蓮の形をかたどった色紙が代用されるようになりました。さらに今から45年ほど前から、奈良の寺院において、日本画家や版画家の手による芸術性の高い散華が作られるようになりました。これらの、デザインを凝らした芸術的な散華を総称して、「美術散華」と呼びます。

◆ 散華の楽しみ方 〜御仏の手から幸せを〜

散華は幸せを招くという言い伝えがあります。寺社めぐりのお土産だけでなく、親しい方へのプレゼントや、お部屋のインテリアにも散華は最適です。

散華について詳しくは下記サイトをご覧ください。
オリジナルカレンダー
お気に入りの写真でオリジナルのカレンダーをRhombus2で作りませんか?