1. Resortiara >
  2. 伝統工芸・匠の逸品
江戸時代から続く日本の伝統工芸品である「木目金」

今から約350年前の江戸時代、現在の秋田県で正阿弥伝兵衛により発案され、刀の鍔(つば)に使用されていました。
江戸時代、貴重であった貴金属を贅沢に使用し、繊細な技を極めた職人にしか作ることができなかった木目金で細工を入れた刀は、大名や上級武士のみが持つことができる大変貴重なものでした。 木目金の製作工程は大変繊細で融点の違う異なる金属を重ね合わせ接合する為、大変な労力と卓越した技術を要した為、その作品は大変貴重なものでしたその製作過程の難しさから一度は途絶えかけた木目金ですが、現代では木目金独特の模様と繊細な作り、そして自然が作りだした異なる金属の組み合わせによる色合いの美しさ、日本人が得意とする繊細な作りが世界から注目され、宝飾品ジュエリーとして世界中で人気が高まっています。
その繊細な模様の美しさから現代ではジュエリーとして使用されるようになり、日本伝統の技と細やかな模様の美しさは海外での評価が高く人気が高まっています。

木目金特有の魅力である違う金属との組み合わせで生まれる独特の模様は、熟練された技術者にしかできない繊細な技を要します。 繊細な手仕事を得意とする日本人にしかできない日本が誇る伝統工芸木目金。
伝統技法に新しい技術を取り入れ、想像もつかない模様を作り出すことができる新木目金。
制作には熟練した職人が確かな技と繊細な手仕事で巧みに模様を操り時間をかけ1点ずつ作品を創りあげていく、日本が世界に誇る伝統工芸です。

伝統工芸・匠の逸品

15件中 115件目

15件中
1〜15件

Copyright(C) Resortiara.all rights reserved. 当ホームページ記載内容の文章写真の複写、著作物の全てを当店の許可なく無断転載することを禁じます。