KELTY ケルティ
バックパックと言う言葉がまだなかった時代。まだ大戦からわずか7年後の1952年の事。その当時、パックと言えば軍用の布製のモノしかなかった。
建築家であり、生粋のアウトドアマンであったディック・ケルティは、既存のパックに飽き足らず、持ち前の想像力と技術を駆使し、自宅のガレージにてオアックの試作に明け暮れていた。溶接機を片手にアルミチューブと格闘し、妻のニーナはミシンをかけ続け、辿り着いたのは「フレーム+パック」というアイデア。ここにバックパックの原型が産まれた。
試作を繰り返し年末にできた完成品はわずか29個。翌年、翌々年と販売を続けるが数百個を売るのがやっとであったが、やがて転機が訪れる。
アルミチューブのフレームとパックを一体化し、ショルダーストラップとウェストベルトを組み合わせ、抜群の携帯性能をもたせたKELTYの製品は、カタログ通販を通じて全米の若者達の間で大人気を博す。
60年代の後半からアメリカで沸き起こったヒッピームーブメントとともにバックパッキングが大流行。当時の日本のラジカセのCMにも、ラジカセを乗せてバックパックを背負って旅をする若者の映像が流れていた。

近年ではあの「BEAMS」が別注を手がけた事で多くの有名セレクトSHOPや著名人からも注目される今一番HOTなブランド!

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4