タック・クラフト革製品
ブックカバー 御書カバー

革作家 渡辺太刀夫氏の紹介
私たちの身の回りには、良いものなのに、世の中に埋もれているものが多数存在します。ブランド名だけを頼りにしている方がいることも事実です。しかし、ブランド品以上に良い本物が日本にはたくさんあります。
そのひとつが私共が紹介する革作家渡辺太刀夫氏の革製品です。

美術大学を卒業後、一流メーカーで工業デザイナーとして活躍。
1973年豚皮のブックカバーのデザインを手掛け、革作家の道へ
すすみ、タック・クラフト工房を設立。
現在タック・クラフトのブランド名で確固とした人気があります。

本物を見る目を養った方にぜひとも知って欲しい逸品です。
渡辺氏の作品はシンプルなデザインです。しかし、秘められた感性が違います。
並みの革職人と違い永年一流メーカーで工業デザイナーとして活躍した経験があります。
革職人としての技術、デザイナーとしての感性。
この二つを兼ね備えているのが渡辺太刀夫氏。
まさに革作家と 呼ぶにふさわしいと言えます。
選び抜かれた高級素材。自社工房での丹念な仕上げ。
革の素材の良さを自然に引き出しています。
手に取っていただければ、間違いなくその魅力に取りつかれることでしょう。