タック・クラフト革製品
ブックカバー 御書カバー

革作家 渡辺太刀夫氏の紹介
私たちの身の回りには、良いものなのに、世の中に埋もれているものが多数存在します。ブランド名だけを頼りにしている方がいることも事実です。しかし、ブランド品以上に良い本物が日本にはたくさんあります。
そのひとつが私共が紹介する革作家渡辺太刀夫氏の革製品です。

美術大学を卒業後、一流メーカーで工業デザイナーとして活躍。
1973年豚皮のブックカバーのデザインを手掛け、革作家の道へ
すすみ、タック・クラフト工房を設立。
現在タック・クラフトのブランド名で確固とした人気があります。

本物を見る目を養った方にぜひとも知って欲しい逸品です。
渡辺氏の作品はシンプルなデザインです。しかし、秘められた感性が違います。
並みの革職人と違い永年一流メーカーで工業デザイナーとして活躍した経験があります。
革職人としての技術、デザイナーとしての感性。
この二つを兼ね備えているのが渡辺太刀夫氏。
まさに革作家と 呼ぶにふさわしいと言えます。
選び抜かれた高級素材。自社工房での丹念な仕上げ。
革の素材の良さを自然に引き出しています。
手に取っていただければ、間違いなくその魅力に取りつかれることでしょう。

原画ジークレー版画販売
ジークレーとは、フランス語で”吹き付けて色を付ける”という意味で、リトグラフやシルクスクリーン版画と違い、版を用いずに刷り上げるのが特徴です。
デジタルデータを上質なキャンバスや版画用紙に高精細で広色域なプリントをします。その過程において作家自身が監修を行い、工房と限定版画作品として仕上げます。

販売する作品は、アービックが画家本人と直接契約、監修の上、版画作品に仕上げたもので、各作品にはEdition No.&本人直筆サイン入り証明書が付いております。額装にて販売します。

画家:三浦 賢一(ウィーン在住)

2018年第1回ホキ美術館プラチナ大賞受賞
西洋絵画の古典的な技法により、身近にある様々な小道具や果物を使って、静物画を描いています。


画家:小野克之

一年のうち半分をヒマラヤで過ごし、年2回東京、関西で個展を開催。
ヒマラヤ4000mの高山でテントをはり現地で絵を描いています。
だからこそ出来る、朝と夕方の光の微妙な太陽光に照らされた山々をお楽しみください。

おすすめ商品

営業日カレンダー

定休日

  • 2020年10月

    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
  • 2020年11月

    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30
プライバシー - 利用規約 - 免責事項 - 無料でお店を開こう! - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.