1. セプティズ >
  2. 『ウォークウォーバー』のホワイトバックスの汚れのない白さと、モテキ。
 いであつしの「メイドインフントニモー」
『ウォークウォーバー』のホワイトバックスの汚れのない白さと、モテキ。
「BASS」のローファーのところで「誰かウォークウォーバーも復刻させてくんないかなあ〜」と書いたが、なんとホントに『ウォークウォーバー』が復刻された。まったく何度も言うけど、世の中アメカジ景気である。
確かこのニュースを確認したのは1年ぐらい前の「ビギン」でピッティの会場に展示してある記事を見たのが最初である。なんでもイタリアのアメカジ好きな業界オヤジが権利を買って復刻させたとかナントカって書いてあったのだが、それを読んで「なんだよ、イタリア製かよ!」とガックリした。写真を見ると踵にWALK〜OVERなんて刻印が入ってるわ、ソールはダイナイトソールだわ、まぁ、イタリア製のウォークウォーバーのダサイったらなかったねぇ。イタリアオヤジがアメカジをやると、ついあれやこれやと余計なものをいろいろと過剰に乗っけすぎてヘンなもんになっちゃうという、典型的な例だ。
 どうもそう思ったのはワレワレ日本人だけではなかったと見えて、それから半年ぐらいしてすぐに、J.プレスのクリエィティブディレクターのマーク・マクナイリーが手掛けるメイドインU.S.A.でウォークウォーバーが復刻されるというニュースを聞いたのだった。セプティズで売っているウォークウォーバーがそれである。いささか昔のモノに比べるとフォルムがぽっこりしていて、値段も安くはなくなっちゃったけど、ちゃんとレンガソールだし、インソールに刻印されてるブランドネームも昔のやつだし、アメカジオヤジの琴線をそそるには申し分ない出来といえよう。
ダーティーバックスもいいし、サドルシューズもいいけど、やっぱウォークウォーバーといったらホワイトバックスだよね〜。
このウォークウォーバーを復刻させたマーク・マクナイリーというオヤジは、このところの世界的なアメトラブームを担っている1人で、禿げ頭にウェリントンメガネをかけて素足にオールデンという、ウッディアレンっぽいナードな今どきのプレッピースタイルが似合う、なかなかにオシャレで格好いいやつである。以前、たまたま新宿の伊勢丹メンズ館のJ.プレスを覗いたときに本人が来日していて見たことがあるのだが、ベージュのコットンジャケットに白いB.D.シャツで紺のニットタイを締めて、ギンガムチェックのパンツをロールアップして穿き、クツは素足にアディダスのソールがグリーンのテニスシューズ(名品ロッドレイバーね。)というスタイルを見て、「お、なかなかやるじゃんか、このオヤジ」と思ったものである。

 しかしさっきからオヤジオヤジと書いてるけど、実はマーク・マクナイリーって1961年生まれでオレと同い年でやんのね。ということは、生まれは日本とアメリカの違いはあるにせよ、たぶん同世代のオレと似たようなファッション遍歴を辿ってきているに違いない。
なのに、禿げ頭でウェリントンメガネのウッディアレン顔。しかもアメリカ人なくせしてウォークウォーバーを復刻させちゃうというコテコテのアメトラオタク。きっと若い頃は、まわりの友だちがみんなアルマーニだとかなんだって着てるときでもJ.プレスとかを着ていて「なんだ、おまえのそのオヤジから借りてきたような格好は(笑)」なぁんて言われて、モテなかったんだろうねぇ〜、マーク・マクナイリー。ちなみにトム・ブラウンもそうだったみたいよ。
マーク・マクナイリーが(たぶん)モテなかった同じ20代の頃のオレはというと、今じゃとても信じられないとは思うけど、体重も今より10kgぐらい痩せていて、ゴルチェを着ちゃうようなフレンチスタイルだったのだ。その頃に付き合ってる彼女もトキオクマガイのハイヒールにイリエのミニスカートを穿いちゃうような女の子だったのだ。
ある日のデートの時のオレの格好。ジャンポール・ベルモンドを気取ったアニエスベーの千鳥格子のジャケットに、黒いフレンチラコポロと、黒いゴルチェのコットンパンツ。そしてそのときに履いていた靴が、当時渋谷にあった「ビリー・ザ・キッド」で買ったレンガソールのホワイトバックスであった。そしたらデートの帰りにドシャ降りの雨にあっちゃって、すると彼女が「そのまっ白い靴じゃ濡れちゃって帰れないでしょ(ハート)」と言って、オレは彼女のアパートにそのまま一泊した。ホワイトバックスの汚れを知らない白さがやけに目に染みる夜だったぜ...。
ああ、いまにして思えば、あのホワイトバックスを履いていた頃のオレが、わが人生で最初で最後のモテキだったのかもしれない。もしもタイムマシンがあったらあの頃に戻って、そのとき履いてたホイトバックスをウォークウォーバーのホワイトバックスに履き変えて、白いB.D.シャツにネイビーのVネックのラムズウールセーターを着てリーバイスのホワイトピケパンツをはき、「のっぽ物語」のアンソニー・パーキンスみたいな格好で、もう一度オレのモテキをやり直したいなぁ〜。ちなみにいま履いてるウォークウォーバーはブルーのダーティーバックス。このウォークウォーバーじゃ、ドシャ振りの雨に遭っても何も起こりそうにもない。すっかりモテキを過ぎちゃってるし。トホホ...。

ご利用ガイド

<お支払い方法>
お支払い方法は、以下の4つからお選び頂けます。


銀行振込(前払い)が可能です。

現金書留(前払い)が可能です。

商品発送時に宅配業者に商品代金を支払う代金引換(代引)が可能です。

クレジットカード決済でのお支払いが可能です。

その他 詳しくはお買い物ガイドをご覧ください。
<営業時間>
営業時間については、次のとおりとなっています

●定休日
 水曜日(ネットショップ・店舗共通)
 定休日には、配送、受注確認メールの送信、お問い合わせの回答についてもお休みさせていただいております。
 ただし、水曜日が祝祭日の場合には営業いたします。
●営業時間
 13:00〜21:00
 (土日祝祭日は12:00〜20:00)

<計測について>
当店のサイズ計測につきましては次のとおりとなっております。

●メーカー記載のサイズ表記を採用しております。
●計測方法
原則平置きにし、商品外側を、自然な状態で計測しております。
◆縮みは考慮しておりませんため、洗濯後に計測値が変動する場合がございます。
◆外側からの計測のため、生地の厚みなどは考慮しておりません。
◆サイズ表に無い箇所の計測結果をご希望の場合にはご一報ください。

※インポート商品のため計測結果には個体差が生じる場合があります。
複数入荷商品については平均値を記載しております。
あらかじめご承知おきくださいませ。

※サイズ計測の誤差によるご返品はご遠慮ください。個体差が気になる方は事前にお問い合わせくださいませ。現物を計測いたします。
<配送について>
佐川急便株式会社にて商品配送を行っております。
ご入金確認日(ご注文日・カード発行会社の承認確認後)からできる限り敏速に発送いたしますが、3日前後でのお届けとお考え下さい。


商品の到着日時を指定できます。

その他 詳しくはお買い物ガイドをご覧ください。

COPYRIGHT(C) COOKY & COMPANY Ltd. allright reserved 2007