1. Yokendo e-Store 養賢堂の本 >
  2. 農学 > 
  3. 農林バイオマス資源と地域利活用 ―バイオマス研究の10年を振り返る― / 中川仁 編著

大きな画像を見る

商品情報

バイオマス(生物資源)のエネルギー利用が注目されている。その目標は,
 (1)エネルギー安全保障
 (2)地球温暖化防止のための二酸化炭素排出量削減
 (3)資源循環型社会の構築
 (4)新産業の育成
 (5)農山村の地域振興
である.

第1部ではバイオマス作物の育種と栽培技術,
第2部ではバイオ燃料の製造技術および熱利用,
第3部ではメタン発酵や堆肥生産など
  畜産バイオマスの利用や生分解性バイオプラスチックや炭素繊維の製造,
第4部の「地域利活用モデル」では,地域利活用モデルと地域実証試験の評価,

について述べた.

本書が今後新たにバイオマス研究を始める研究者への道標となり,
我が国のバイオマス利活用の促進に寄与できれば幸いである.

----------
中川仁 勝田真澄 寺内方克 松崎守夫 近藤始彦 大谷隆二 陣川雅樹 我有満 山田敏彦 松波寿弥 長島實 池正和 折笠貴寛 鍋谷浩志 飯嶋渡 坂井正康 田中康男 阿部佳之 田中章浩 五十部誠一郎 木口実 柚山義人 亀山幸司 野田高弘 相原貴之 小綿寿志

---
株式会社養賢堂

バイオマス研究を始める研究者への道標

農林バイオマス資源と地域利活用 ―バイオマス研究の10年を振り返る― / 中川仁 編著

  • 翌日発送

JANコード/ISBNコード:9784842505640

価格 5,400円 (税込)

全国一律送料無料

※条件により送料が異なる場合があります

手数料・送料・配送方法について

ポイントについて

54 ポイント獲得

ログインすると獲得できます。

プレミアム会員なら いつでもポイント5倍

初回登録の方は2ヵ月無料!

最大倍率もらうと10倍

540ポイント獲得

ポイントの内訳を見る

最大でもらえるポイント

540ポイント (10倍)

ソフトバンクなら ポイント+5倍キャンペーン
270ポイント (+5倍)
詳細を見る
Yahoo!プレミアム会員限定!ポイント5倍!
216ポイント (+4倍)
詳細を見る

今もらえるポイント

54ポイント (1倍)

通常ポイント
54ポイント (1倍)
  • ※一部獲得ポイント詳細に含まれないキャンペーンがあります。詳しくは各キャンペーンページをご確認ください。
  • ※進呈するポイントには、期間固定Tポイントを含みます。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスで利用できません。有効期限がありますのでご注意ください。
  • ※注文確認画面などで内訳をご確認ください。

よくあるご質問はこちら

  • ※進呈するポイントには、期間固定Tポイントを含みます。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスで利用できません。有効期限がありますのでご注意ください。

価格: (オプション代金込み)

数量

翌日発送

商品をカートに入れる

選択肢を確認してからカートに入れるボタンを押してください
お気に入りに追加

この商品について問い合わせ

手数料について

違反商品の申告をする

商品コード:ISBN978-4-8425-0564-0

発売日:2018/3/16

閉じる

再入荷通知設定

この商品に関するQ&A

情報を取得できませんでした

時間を置いてからやり直してください。

この商品について質問する

商品説明

編著者
著者(執筆順)
版型
  • A5
ページ数
  • 424
目次
  • 序文
  • はじめに
  • 著者一覧

  • 第1部 原料生産
  •  第1章 糖質・でん粉作物の低コスト生産によるエタノール製造原料としての利用
  •  第2章 サトウキビにおける種間雑種を利用したバイオマス研究展開
  •  第3章 バイオディーゼル原料用油糧作物の生産拡大に向けた育種・栽培研究
  •  第4章 イネ茎葉部成分の品種間変異とバイオエタノール生産利用
  •  第5章 汎用コンバインとスワースコンディショナを用いた稲わらの乾燥・収集体系
  •  第6章 木質バイオマスの利用 −木質バイオマスの収集・運搬,エタノール化および木質ペレットの高性能化−
  •  第7章 セルロース系作物・牧草類の遺伝資源導入と育種
  •  第8章 バイオマス作物としてのススキ属植物の期待 −遺伝資源の評価と優良系統の育成−
  •  第9章 温帯でも高バイオマス生産が可能な新規セルロース系資源作物「エリアンサス」
  •  第10章 エリアンサス等バイオマス資源作物の栽培とその熱利用
  •  第11章 耕作放棄地の再生と資源作物生産

  • 第2部 エネルギー変換
  •  第12章 バイオマス原料のエタノール発酵と草本系材料の糖化前処理技術
  •  第13章 繊維質糖化酵素の開発
  •  第14章 変換技術の評価と実用化への展望
  •  第15章 意義あるバイオディーゼル燃料の製造・利用を目指して
  •  第16章 STING法の開発と今後の展望
  •  第17章 草木バイオマスのガス化発電と液体燃料合成

  • 第3部 畜産バイオマス利用とマテリアル生産
  •  第18章 畜産系有機物資源の有効利用に関するバイオマス研究
  •  第19章 畜産分野におけるメタン発酵技術の開発
  •  第20章 吸引通気式堆肥化システムの開発
  •  第21章 成分調整成形堆肥と堆肥脱臭による高窒素濃度有機質肥料製造
  •  第22章 家畜排せつ物のエネルギー利用
  •  第23章 食品廃棄物を利用した生分解性素材および高付加価値素材の開発
  •  第24章 木質バイオマスのマテリアル利用技術

  • 第4部 地域利活用モデル
  •  第25章 バイオマスタウンの構築と運営
  •  第26章 バイオマスタウン構築のための支援ツール
  •  第27章 ライフサイクルでの評価法
  •  第28章 都市近郊農畜産業地域モデル 山田バイオマスプラント
  •  第29章 南西諸島モデル 宮古島バイオマスプラント
  •  第30章 中山間地域モデル 岐阜県中山間地域における木質バイオマス利活用
  •  第31章 大規模畑作地域モデル 十勝地域におけるバイオエタノール生産を核とする地域実証
  •  第32章 畑作畜産地域モデル 南九州畑作地域におけるバイオマス利用モデル
  •  第33章 大規模水田地域モデル 地域バイオマスとしてのナタネの利用実証

おすすめ商品

© Yokendo Ltd. Publishers 2017

掲載商品の情報について

  • 掲載している情報の精度には万全を期しておりますが、その内容の正確性、安全性、有用性を保証するものではありません。
  • 現在ご覧になっているページは、この商品を取り扱うストアによって運営されています。
    ページに記載されている内容や商品、ご購入に関するご質問は、直接各ストアにお問い合わせください。