1. よかいち >
  2. 美容・コスメ > 
  3. スキンケア > 
  4. UVケア
UVケア・日焼け止め特集

肌にダメージを与える紫外線対策

紫外線には、肌の奥まで入り込む波長の長いUVAと、肌表面に強く作用する波長の短いUVBの2種類があります。シミ・そばかすだけでなく、しわや乾燥の原因にもなり、紫外線を浴び続けた肌は老化していきます。紫外線のことを正しく知って、効果的な対策をしましょう!

波長が長く肌深部の真皮層にまで到達します。急激な作用を起こすかわりにじわじわと肌にダメージを与え、しわ・たるみの原因となります。
雲や霧、窓ガラスを透過する性質のため、家の中や曇りの日でも紫外線対策が必要です。

SPFはUVBの防止効果を表しています。
数値は紫外線防止効果の時間を表したもので、紫外線をブロックする強さではありません。紫外線吸収剤・紫外線反射材を配合する量で決定するので、数値が高いほど効果が続く時間は長くなりますが、肌への負担も大きくなります。
シーン別に使い分けるのが肌にやさしい使い方。
日常生活 ・・・ SPF15〜20
海や山などのレジャー ・・・ SPF30〜50
こまめに塗り直すことが日焼け止めの効果を持続させるコツです。

PAはUVAの防止効果を表しています。
3段階に分けられていて、「+」が多いほど防御効果は高くなります。
PA+  ・・・ 効果あり
PA++ ・・・ かなり効果あり
PA+++ ・・・ 非常に効果あり

肌表面の表皮層に強く作用します。急激な働きで、肌が赤くなる日焼け(サンバーン)を起こし、シミ・ソバカスや皮膚ガンの原因となります。
紫外線は夏だけではありません。4月から急激に増え始めるので、春先から特に注意が必要です。理想は年間を通したUVケア。冬でもあなどれません!



営業日カレンダー

定休日

  • 2020年11月

    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30
  • 2020年12月

    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
プライバシー - 利用規約 - 免責事項 - 無料でお店を開こう! - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.