1. 和食器の愉しみ 工芸店ようび >
  2. 工芸店ようびのカテゴリ > 
  3. 器の種類で分けました > 
  4. 【漆器・お椀・汁椀】 > 
  5. サハリ椀
サハリ椀・奥田志郎|和食器の愉しみ・工芸店ようび

サハリ椀・奥田志郎

 

サハリ椀・奥田志郎

 

サハリ椀・奥田志郎

 

サハリ椀・奥田志郎

 

「まり椀」とともに、「工芸店ようび」の創業以来の定番としてご好評いただいているのが、こちらの「サハリ椀」です。

サハリ椀・奥田志郎

 

サハリ椀・奥田志郎

 

 

「まり椀」の本歌は、弥生時代の土器。一方、「サハリ椀」は、朝鮮半島新羅で作られたお碗に原点があります。
故・奥田達朗さんが「まり椀」の栞に書かれています。「その椀が生きて来た刻の中に、避けることの出来ない人間の生き方を教えられる」。

 

サハリ椀・奥田志郎

 

 

「サハリ椀」を手にとると、 遠き新羅の地で生まれた必然を邪念無く写し取った美が伝わってきます。

ご一読くださいませ。
→ようびの塗りもの

 

サハリ椀・奥田志郎

 

少し高さのある端反りのお椀は、韓国料理のククパプのように、スープをたっぷり入れたごはんや、お茶漬けなどにもぴったりです。具だくさん汁物にも良いですね。
八分目で300ml入ります。

なにより、エスニックな風景が愉しいです。

   
  サハリ椀・奥田志郎|和食器の愉しみ・工芸店ようび  
  本歌の朝鮮半島で生まれたサハリ椀です。完成までこのお椀の風景も心も写し取る日々が続きました。

 
   
  サハリ椀・奥田志郎|和食器の愉しみ・工芸店ようび  
  奥田達朗氏が作った初代のサハリ椀。店主が使い続けて、活き活きと、そして、ますます美しく・・・。

 
   
  サハリ椀・奥田志郎|和食器の愉しみ・工芸店ようび  
   
   
  工芸店ようび一押しの漆器と言えば「まり椀」です!:まり椀・奥田志郎:和食器・漆器・お椀 japan lacquerware  
  春らしい一汁一菜。お味噌汁はあさりと浅葱です。  
   
  一汁一菜  
  中国料理風の一汁一菜。野菜がたっぷりです。  

サハリ椀

2件中 12件目

価格帯
  • 円〜

絞り込み条件を開く

2件中
1〜2件

営業日カレンダー

定休日

  • 2020年12月

    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
  • 2021年1月

    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31
プライバシー - 利用規約 - 免責事項 - 無料でお店を開こう! - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.