こだわるのは、品質
辛子明太子「博多あごおとし」。
これは一口食べた時のあまりの美味しさにあごが落ちた、という意味でつけられたもの。
あごが落ちるほどおいしいと言われる明太子に仕上げるまで、魚匠庵は幾度も改良を重ねてきました。
原料となる卵は、オホーツク、ベーリング海で水揚げされたスケトウダラのもの。
船上ですぐに捌き、選ばれたもののみを急速冷凍。新鮮なまま工場へ届けられます。
なめらかな卵の粒感とまろやかな卵の旨みは、この迅速な作業があるから。
こうして厳選された素材のみが美味しい辛子明太子に生まれ変わります。

明太子が奏でる「味のリズム」
唐辛子のピリリとした辛さが特徴の辛子明太子ですが、ただ辛いだけでは本当の辛子明太子とは言えません。
卵の風味とまろやかさを生かしつつ、ピリッとパンチの効いた辛さが上手に合わさってこそ、美味しい辛子明太子だと言えます。
博多あごおとしは、厳選した塩で作った塩水に漬け込み塩処理をし、頃合いを見て数種類の唐辛子をブレンドしたこだわりの辛子調味液に漬け込みます。
口に入れた瞬間、ぱっと広がる卵の風味と旨み。
そして数秒後にじわっとくる辛味。この二つが奏でる「味のリズム」こそが、多くの人に愛される博多あごおとしの美味しさなのです。

まるきた(博多あごおとし)

3件中 13件目

価格帯
  • 円〜

絞り込み条件を開く

3件中
1〜3件