大きな画像を見る

商品情報

白晒木綿と晒木綿を赤く染めた紅白二枚組で、前垂(まえだれ)やや短めの越中褌です。赤色の染料は、発がん性物質を生成する恐れのあるアゾ染料(特定芳香族アミン)ではないので、安心して着用できます。

【注意】赤褌のお使い始めは、当分、単独で手洗いして下さい。何度か洗濯するうちに色落ちがなくなり、他の衣類と一緒に洗濯できるようになります。

● 立褌(たてみつ):長さ96cm 幅30cm 全周折返し補強
● 横褌(よこみつ)(紐):長さ138cm 幅2cm
● 立褌と横褌の交差部に力糸(ちからいと)を用いて補強

● 洗濯後のサイズ
  立褌:長さ94cm 幅30cm
  横褌(紐):長さ136cm 幅2cm

● 洋服にも合うように前垂を短めに裁断
 長い前垂は着物には合いますが、洋服の場合前垂が長いと股間で絡み合い、半ズボンだとはみ出てくる危険性があります。現代では短めの前垂が合理的で、筆者はその方が格好良く感じます。

● 横褌(紐)は、140cm近くあり、恰幅の良い方でも着用できるようにしています。幅34cmの晒し布を4等分し、四つ折りにして紐にしていますのでしっかりした紐になっています。写真のように臍下三寸(約10cm)腰骨の上端部を通るように締めると緩みません。

半世紀を超える愛褌者和田義男72歳の手作り褌(ふんどし)

【5】和田爺謹製越中褌 古稀 高級晒木綿 紅白二枚組

  • 翌日発送
Wa☆Daフォトギャラリー http://wadaphoto.jp 主催者が半世紀以上愛用してきた越中褌は、江戸時代に発明されたものです。高温多湿の日本の気候風土に最適な下着であったことから日本人男性に歓迎され、数百年もの間、廃れることなく存続。現在も人気があるのは晒木綿製のもので、通気性と吸湿性に優れ、清潔でシンプルな伝統の健康下着です。パンツやブリーフなどのゴムの締め付けや化繊によるかぶれが気になる方にもおすすめです。和の心を持った越中褌は、誕生日、父の日、敬老の日、還暦などの贈り物にも良く、高温多湿に悩む海外の方々にもクールで健康的だと喜ばれています。

このたび、ファンのご要望にお応えし、72歳の和田爺が現在愛用している白晒越中褌と新発売の赤晒越中褌を1枚ずつ同梱した紅白の越中褌を謹製し、購入者のご健勝とご多幸を願って「古稀」と名付けました。

定価は二枚組で3000円ですが、当面、セールス価格2500円でお分けします。市販のものと比べて割高だと思う方もおられると思いますが、一度締めてみればその良さが分かり、通気性の悪いモス地などで作った一枚1000円の安物とは品質が違うと分かって頂けるものと思います。(^-^)

価格 2,500円 (非課税)

全国一律送料無料

※条件により送料が異なる場合があります

手数料・送料・配送方法について

ポイントについて

25 ポイント獲得

ログインすると獲得できます。

プレミアム会員なら いつでもポイント5倍

初回登録の方は2カ月無料でお試し

最大倍率もらうと10倍

250ポイント獲得

ポイントの内訳を見る

最大でもらえるポイント

250ポイント (10倍)

Yahoo!プレミアム会員限定!ポイント5倍!
100ポイント (+4倍)
詳細を見る
ソフトバンクなら ポイント+5倍キャンペーン
125ポイント (+5倍)
詳細を見る

今もらえるポイント

25ポイント (1倍)

通常ポイント
25ポイント (1倍)
  • ※一部獲得ポイント詳細に含まれないキャンペーンがあります。詳しくは各キャンペーンページをご確認ください。
  • ※進呈するポイントには、期間固定Tポイントを含みます。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスで利用できません。有効期限がありますのでご注意ください。
  • ※注文確認画面などで内訳をご確認ください。

よくあるご質問はこちら

  • ※進呈するポイントには、期間固定Tポイントを含みます。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスで利用できません。有効期限がありますのでご注意ください。

価格: (オプション代金込み)

数量

翌日発送

商品をカートに入れる

選択肢を確認してからカートに入れるボタンを押してください
お気に入りに追加

この商品について問い合わせ

閉じる

再入荷通知設定

この商品に関するQ&A

情報を取得できませんでした

時間を置いてからやり直してください。

この商品について質問する

商品説明

● 筆者の大学生時代、夏にできた股間の湿疹に悩んでいたところ、旧海軍軍医だった医務長から越中褌を勧められ、呉の海上自衛隊のPXで購入・着用したところ、嘘のように治癒しました。その後、発疹に悩まされることもなくなり、越中褌の効用に感動しました。爾来、50年余り、下着として一年中越中褌を愛用。筆者は、パンツやブリーフのたぐいは持っておらず、白晒木綿の越中褌のみを着用してまいりました。

● そのせいもあってか、熟年に至って日本伝統の裸褌祭に興味を抱くようになり、20年にわたって全国100箇所余りの裸祭を取材し、Wa☆Daフォトギャラリー http://wadaphoto.jp に発表してきました。

● 日本人は、江戸・明治期を通じて、男性の下着は六尺褌や越中褌などの褌のみでしたが、大正期からパンツが入ってきました。そのため裸祭も褌を止めてパンツ(ハンダコ)に代わるところが出てきましたが、筆者は、パンツの裸祭は日本の伝統文化を変質させたものとして褌しか着用しない裸祭のみを取材して来ました。

● 博多祗園山笠や西大寺会陽など著名な裸祭では、褌姿以外は見当たりません。パンツ姿では、勇壮さや男らしさが損なわれるからです。博多山笠に至っては女児までが褌(締込み)を締めています。裸褌文化万歳!

● 普段の下着としては、白晒木綿の越中褌が定番ですが、還暦の男性が裸祭に参加するときは、赤褌を締めるという伝統が日本各地に残っています。赤は魔除けの色ともいわれて、古来から乳児の衣類などに使われてきました。赤色は除菌作用があり、皮膚を守ってくれるという説もあります。赤褌は勝負褌ともいわれ、お歳をお召しの方でも似合います。巣鴨の赤パンツ同様、長寿を願って愛用される方が増えてまいりました。(^-^)

掲載商品の情報について

  • 掲載している情報の精度には万全を期しておりますが、その内容の正確性、安全性、有用性を保証するものではありません。
  • 現在ご覧になっているページは、この商品を取り扱うストアによって運営されています。
    ページに記載されている内容や商品、ご購入に関するご質問は、直接各ストアにお問い合わせください。