話題の商品
商品カテゴリー


暑苦しい夏を快適に!涼感・クールダウン特集。
サク美活動始めよう 老け顔に見える理由 夏の保湿ケア特集 夏本番!裸足の季節  肩甲骨ダイエット 骨盤ダイエット特集


熱中症にご注意!いざという時に知っておきたいポイント。

だんだんと気温の高い日が続くようになってきました。 今週、関東では35度超えになった地域も……。 それと同時に、子どもの熱中症のニュースも よく聞くようになりました。

「熱中症」で、特に気をつけたいのは子どもとお年寄りです。

そもそも「熱中症」とは、 体温が上がって体の熱がうまく逃げることができなくなり、 吐き気、しびれなどさまざな体調の急変が現れるもの。
子どもは、体温調節機能がまだ未熟、 お年寄りは、暑さや喉の渇きを感じにくいため、 「熱中症」になりやすいのです。

「もしかして熱中症では?」と思った場合には、 衣服をゆるめ、とにかく体を積極的に冷やしましょう。 その際、額や顔だけを冷やしていても 体の内側にこもった熱は逃げていきません。 太い血管のある首をはじめ、体全体を冷やすように注意しましょう。

また、涼しいところへ逃げ、水分、塩分を摂りましょう。 その際は、体調の急変が無いかどうか、 必ず誰かが側について見守っているようにしてください。

被るとヒンヤリ感が持続する、不思議なキャップ!

熱中症が気になるから、外では帽子を被りたい。でも暑いとムレる!こめかみや、額に汗が貼り付いて不快〜!そんな悩みは、もう無用です!被るとヒンヤリ感が持続する、不思議なキャップが当店に入荷!

このキャップのヒミツは、不思議な素材を採用していること。日本の大手繊維メーカー「テイジン」が開発した「テイジン(R)ベルオアシス(R)」という最新素材を使用しているんです。

【心地よいヒンヤリ感が発生するコツ♪】
1.被る前に、帽子の保水部分に水を含ませる
2.余分な水滴が落ちてこないよう、水分をサッと拭き取る
3.帽子を被る。

特殊素材のおかげで、含ませた水分のヒンヤリ感が持続!そして、水分が蒸発するときの放熱作用でさらにヒンヤリ感を感じられます!
これでもう、「暑さの中で頭がムレて不快……」という感覚から開放!しかも、折り畳んでも計上がクルッと戻るから、小さく丸めてバッグに入れて持ち運びもOK。従来品より軽いので、スポーツや外での作業も快適♪
夏の屋外で過ごす時間を、より快適にしてくれるキャップです!

手首、足首、首などは「クールダウンスポット」

夏場は「昼間の強い日差し」「紫外線」 「冷房による室内外の激しい温度差」など、 普段どおりに生活していても、 他の季節と比べて体を疲れさせる要素がいくつもあります。

その上に不眠や浅い眠りが続くと 疲れがなかなか取れなくなり、 やがて「夏バテ」の症状が出てしまうのです。

つまり、「いかによく眠るか」が、夏バテ防止の大きなカギ!

熱帯夜でもスーッとスムーズに眠りに落ちていくためには、 入眠時に自然に体をクールダウンさせることがポイントとなります。

夜になっても気温が高く、寝苦しくてどうしても眠れないときは、 手首、足首、首などの「クールダウンスポット」を 冷やしてみることをオススメします。

これらの部位は、体の外から脈が取れるほど 太い血管が皮膚の近くにある場所。
太い血管の近くを冷やすことで、 体の奥深くの体温も自然と下降していき、 自然な眠りに入っていくことができるのです。

もう寝冷えしない!正しいエアコンの使い方。

暑くてどうしても寝付けないとき、 やはりエアコンをつけるしかない、という夜もあるでしょう。

でも、ひと晩中つけっぱなしは健康のために良くありません。 それで「寝冷えしてしまった」「夏カゼをひいた」「お腹をこわしてしまった」 という経験がある人も少なくないはずです。

睡眠時の正しいエアコンの使い方としては 「寝はじめの1時間〜3時間だけつける」がオススメです。

人は寝付こうとするとき、 自然と体温が下がらないと寝られませんから、 入眠時につけるほうが体のために良いのです。

逆に、寝起きの時間に合わせてタイマーをセットするのは、 あまり良くありません。

寝ている間に体温が下がってしまっているところへ エアコンの冷たい風が当たると、 冷えすぎになって「寝冷え」をしてしまうのです。 また、寝ている間にかいた汗が冷やされて 「寝冷え」してしまう、ということもあります。

エアコンに頼りすぎないためには、 涼感寝具を上手に活用すること、 遮光カーテンで日中の陽射しや熱気を遮り、 室温を上げないこと、などがポイントです。


着るだけでひんやり エアコンがない場所も涼しくなるベスト

いよいよ夏本番、本格的に暑くなってきましたね〜。ニュースを見ていると熱中症関連の話題も目につくようになりました。屋外での仕事、草むしりや畑仕事などの際に、熱中症対策は欠かせません。

エアコンや扇風機がない場所で、少しでも涼しくいたい……。そんな時に助かるのが、着るだけでヒンヤリ、体感温度を下げる「クールベスト」です!

このベスト、ただのベストじゃありません。「着るだけで涼しく」を叶えるために、お腹・背中のポケットに4個の保冷剤を入れるようになっているのです!実は保冷剤は、冷房のない場所で体温を下げるためにとても有効なアイテム。体の太い血管が通っている箇所に当てることで血液が冷え、それが全身に回るので効率的に涼しくなるのです。

さらに、爽快素材「クールマックス」と、超吸収素材「ベルオアシス」を使用。水分・汗をすばやく吸収・蒸散し、体の快適な温度を保持し体温を下げていきます。

反射テープが付いているから、夜間の屋外でも安全。サイドの面ファスナーで、サイズ調整も自在です。冬はポケットにカイロを入れれば、あったかベストとしても活用できますよ。

熱中症対策、喉がカラカラになってからでは遅い!

こう毎日暑いと、熱中症が心配。水分補給は必須ですが、実は、喉がカラカラになってからでは遅い!そして、ただ単に水分をとるだけではなく「電解質(イオン)」をとることが重要です。スポーツドリンクのキャッチコピーで「イオンサプライ」なんて言っていますよね。イオンは、体の活動を支える重要な物質なのです。

仕事やスポーツで汗をかいたあと、体はすでに水分不足。このようなとき、水分をガブガブとっていませんか?お腹に水分がいつまでも溜まったような、タプタプとした感じになっていませんか?

このような状態になると体液濃度が薄くなり、濃度調整のため水分は尿として排出されてしまいます。すると……ますます水分・電解質不足になって活動力が低下!

一方、水分と一緒に「電解質」をとると体内のバランスが整って、しっかりとした熱中症対策になり、暑い中でもベストコンディションを維持することができます。

だから、熱中症対策には「電解質(イオン)」を含んでいる飲料をとることをオススメします!

健康の大敵!夏の「冷え」対策特集はこちらです。

さあ、今すぐ暑さ熱中症対策を始めよう!
涼感・クールダウン特集、お買い物はこちらから。


UVだけでなく遮熱効果により夏場の強い太陽光からの熱線を大幅にカット!
室内の温度上昇を抑えるとともに冷房効率を高めます。電気代節約と環境に優しいサンシェードです。
masaTMとは、ナノ単位の優れた金属薄膜がコーティングしてある織物・編物・不織布などの繊維シートです。この薄く均一な金属コーティングによって、いろいろな付加価値を持った高機能繊維が生まれています。家具やお肌の日焼けの原因や暑さの原因となるUV(紫外線)を90%カット。赤外線は約80%カット。採用生地はメッシュ構造のため、通気性がよく、風が一般のテント生地よりも抜けやすいです。


組み合わせ自由、まとめ買いにて条件付き送料無料キャンペーン実施中!今がチャンスです。

ひんやり冷感タオル2色セット アイスバックハーネス 汗トールサラッピー 1箱30枚入 熱中症対策 遮熱フラップ

Copyright(c) 2006-2018 Airplay, Inc. All Rights Reserved.