1. タワーレコード Yahoo!店 >
  2. 音楽 > 
  3. ロック&ポップス > 
  4. ROCK/POP > 
  5. Bob Dylan More Blood, More Tracks: The Bootleg Series Vol. 14 CD

大きな画像を見る

Bob Dylan More Blood, More Tracks: The Bootleg Series Vol. 14 CD

JANコード/ISBNコード:190758589824

価格 1,999円 (税込)

配送情報

全国一律送料216円

※条件により送料が異なる場合があります

当日~2日で発送

すべての配送方法とお届け日を確認する

閉じる

配送方法とお届け指定日

への配送方法を確認

配送方法 お届け情報
指定先配送

指定できません

情報を取得できませんでした

時間を置いてからやり直してください。

閉じる

ポイント情報

19 ポイント獲得

ログインすると獲得できます。

プレミアム会員なら いつでもポイント5倍

初回登録の方は2ヵ月無料!

最大倍率もらうと10倍

190ポイント獲得

ポイントの内訳を見る

最大でもらえるポイント

190ポイント (10倍)

Yahoo!プレミアム会員限定!ポイント5倍!
76ポイント (+4倍)
詳細を見る
ソフトバンクなら ポイント+5倍キャンペーン
95ポイント (+5倍)
詳細を見る

今もらえるポイント

19ポイント (1倍)

通常ポイント
19ポイント (1倍)
  • ※一部獲得ポイント詳細に含まれないキャンペーンがあります。詳しくは各キャンペーンページをご確認ください。
  • ※進呈するポイントには、期間固定Tポイントを含みます。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスで利用できません。有効期限がありますのでご注意ください。
  • ※注文確認画面などで内訳をご確認ください。

よくあるご質問はこちら

  • ※進呈するポイントには、期間固定Tポイントを含みます。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスで利用できません。有効期限がありますのでご注意ください。

商品情報

ご注文後のキャンセル・返品は承れません。
発売日:2018/11/02/商品ID:4807168/ジャンル:ROCK/POP/フォーマット:CD/構成数:1/レーベル:Columbia/Legacy/アーティスト:Bob Dylan/アーティストカナ:ボブ・ディラン/タイトル:More Blood, More Tracks: The Bootleg Series Vol. 14/タイトルカナ:モア ブラッド モア トラックス ザ ブートレグ シリーズ ボリューム 14

価格: (オプション代金込み)

残りわずか

数量

商品をカートに入れる

選択肢を確認してからカートに入れるボタンを押してください
お気に入りに追加

この商品について問い合わせ

手数料について

違反商品の申告をする

商品コード:4807168

発売日:2018/11/2

閉じる

再入荷通知設定

この商品に関するQ&A

情報を取得できませんでした

時間を置いてからやり直してください。

この商品について質問する

商品説明

商品の情報
発売日2018/11/02
ジャンルROCK/POP
フォーマットCD
構成数1
製造国輸入盤(ヨーロッパ盤)
レーベルColumbia/Legacy
SKU190758589824
規格品番19075858982

商品の紹介
Rolling Stone - 4.5 stars out of 5 -- "MORE BLOOD, MORE TRACKS does not contradict the choices Dylan made on the way to BLOOD ON THE TRACKS. It fills in his road to wisdom."
MUZE
ボブ・ディラン、シリーズ最強となる『モア・ブラッド、モア・トラックス(ブートレッグ・シリーズ第14集)』のスタンダード・エディション。
長らく待望していたブートレッグ・シリーズ新作の内容が遂に明らかに!未発表で謎多き1974年に行われた『血の轍』のレコーディング・セッションのすべてが初めて発表される。1991年『ブートレッグ・シリーズ第1〜3集』の発売以来、四半世紀を超える長期シリーズで、発表の度に高い評価を得ている"ブートレッグ・シリーズ"の新作は、ボブ・ディランが1974年におこなった重要な6回のレコーディング・セッション―ニューヨークの四日間(9月16、17、18、19日)とミネアポリスの二日間(12月27、30日)―を収録。
このセッションでディランは1975年発売の最高傑作『血の轍(ブラッド・オン・ザ・トラックス)』を完成させた。『血の轍』は、もともと1974年9月にニューヨーク・シティで四日間に渡って録音された。すぐにアルバムはマスタリングされ、テスト盤の配布も始まった。ところがその録音から3ヶ月後、ディランは、アルバムはもっと別のアプローチでつくられるべきだと感じ、12月末に収録曲のうちの5曲をミネアポリスのサウンド80スタジオで録音し直した。ニューヨーク・セッションのごく一部は海賊盤業者やコレクターに流出したが、いままで全貌はほとんどどんな形でも発表される事はなかった。
スタンダード・エディションの『モア・ブラッド、モア・トラックス(ブートレッグ・シリーズ第14集)』はニューヨークのA&Rスタジオ・セッションで録音された11曲を収めたCD1枚(LPは2枚組)で発売される。オリジナル・アルバムに収録された10曲が、すべてニューヨーク・セッション録音の感動的で心に響く別ヴァージョンによって姿を現す事となった。加えて「アップ・トゥ・ミー」の未発表別テイクも収められている。
発売・販売元 提供資料(2018/09/21)

収録内容
・構成数 | 1
・合計収録時間 | 01:00:43
・情報取得元区分 | Audio Mixer: Steve Addabbo.Liner Note Author: Jeff Slate.Recording information: A&R Studios, New York City, NY (09/16/1974-09/19/1974).For fans of Bob Dylan's wide-ranging Bootleg series, More Blood, More Tracks (Vol. 14) is an entryway into one of the most mysterious, tangled stories in his recording career. These six discs contain the complete recordings sessions for 1975's Blood on the Tracks, 87 tracks in all, the vast majority unreleased. This box assists in offering a view of the process behind one of the songwriter's most enigmatic albums. On September 16 of 1974, Dylan entered Columbia's Studio with engineer Phil Ramone, with songs at once seething with anger, brokenness, and vulnerability. Written and recorded during his eventual divorce from first wife Sara, Dylan shrouds these songs in alliteration and metaphor, stretching time itself as past and present, commingling in numerous locations; they separate and return in new configurations. His protagonists speak in first and third person, often in the same verse. Once encountered, however, they're impossible to shake.Presented here are the complete sessions of the four days in New York, chronologically recorded, and, for the first time at the proper speed (Dylan had Ramone bump the master tape speed to make the tunes faster for radio play), and without the substantial reverb on the original tapes. These tunes were cut in a fit of white-heat inspiration, first by Dylan solo, and then with a band of folk-associated sidemen in Eric Weissberg & Deliverance. By the time you reach discs three through five, all the accompaniment, save for Dylan's guitar, harmonica, Tony Brown's bass, and occasional pedal steel and organ, are stripped away, resulting in what was then thought to be the completed album. Scheduled for late December release with a promotional campaign drafted, printed cover, and test pressings distributed, Dylan wasn't satisfied. Ultimately, he kept only one band track, "Meet Me in the Morning." He spent Christmas in Minnesota with his producer brother David Zimmerman, who was also less than enthused with the tracks. Dylan called his label and insisted on holding the album back. On December 27, he and a band of hastily assembled local players re-recorded five songs to complete Blood on the Tracks (captured on disc six). Since nearly half-a-million copies of the cover were already printed, the Minnesota musicians remained uncredited until now.This is exhaustive but fascinating material that sounds fantastic due to a painstaking remixing job -- nothing here sounds like a rough demo. Check the nine takes of "Idiot Wind," some offer different words, all roil with anger and bitterness. "You're Gonna Make Me Lonesome When You Go" is gradually revealed as one of Dylan's finest love songs in a dozen more takes. "You're a Big Girl Now," in 15 takes, is peeled away from its sarcasm to reveal a man saddled with regret. Multiple versions of "Tangled Up in Blue," "Lily Rosemary and the Jack of Hearts," and "Simple Twist of Fate" offer proof that there were many versions of the songs before they assumed their final incarnations. Dylan's constant rewriting and creative flow are captured warts and all in false starts, stuttering alternate takes, studio conversation, and flowing inspiration in complete versions. There are hours of fascination awaiting listeners, and the music poses as many new questions as it does answers surrounding the album's mythos. As for the autobiographical nature of the content, it remains, thankfully, unclear. The enclosed photo book is as essential as the liner essays in the deluxe package. By any measure, More Blood, More Tracks is a monumentally important document in the history of popular music and a gem in Dylan's catalog. ~ Thom Jurek
1.CD
タイトル時間
1.Tangled Up in Blue [Take 3, Remake 3] - (take)-
2.Simple Twist of Fate [Take 1] - (take)-
3.Shelter From the Storm [Take 2] - (take)-
4.You're a Big Girl Now [Take 2] - (take)-
5.Buckets of Rain [Take 2, Remake] - (take)-
6.If You See Her, Say Hello [Take 1] - (take)-
7.Lily, Rosemary and the Jack of Hearts [Take 2] - (take)-
8.Meet Me in the Morning [Take 1, Remake] - (previously unreleased, take)-
9.Idiot Wind [Take 4, Remake] - (take)-
10.You're Gonna Make Me Lonesome When You Go [Take 1, Remake] - (take)-
11.Up to Me [Take 2, Remake] - (take)-

掲載商品の情報について

  • 掲載している情報の精度には万全を期しておりますが、その内容の正確性、安全性、有用性を保証するものではありません。
  • 現在ご覧になっているページは、この商品を取り扱うストアによって運営されています。
    ページに記載されている内容や商品、ご購入に関するご質問は、直接各ストアにお問い合わせください。