タイトル画像

喜ばれる「退職祝い」のポイント!

退職祝いを贈る時期に関して


退職祝いを贈る時期で一般的なのは、最終出勤日、いわゆる退職日当日となります。
職場単位で贈ることが多く、送別会などを催す場合はその場でお渡しするのがベストです。

退職祝いは、職務を全うした記念品のような物でもありますので、個人で贈る場合も決して早すぎないように、退職日2・3日前〜当日にかけてお渡しするのがおすすめです。

退職後に話を聞いたり、退職日までに贈ることが出来なかった場合は、なるべく早く、お詫びのメッセージと共にお渡しされると良いと思います。

退職祝いギフト包装


退職祝いの相場・熨斗

退職祝いの相場は、退職される方との関係にもよりますが、5千円〜3万円程が目安です。

のしは、紅白蝶結びののしに、「御祝」「御退職御祝」「御定年御祝」などと記載をしますが、退職される方の状況によって、「祝」の文字を避けて、「御礼」「記念品」とされる場合も多いです。

表書き下部には、個人の名前、連名、または有志一同・〇〇部一同などと記載をします。

退職祝いに喜ばれるおすすめの商品

記念品の一つである退職祝いには、形に残る九谷焼が非常に人気が高いです。

実用的な湯呑やマグカップ、酒器、から香炉や陶額、縁起置物といったインテリアなどがよく選ばれています。

今後の活躍の励みになるような、重厚感のある縁起の良い絵柄の商品がおすすめです。

メッセージ

※ギフト包装、熨斗、メッセージカードの作成も無料サービスで承っております。

熨斗の但し書き例一覧はこちら →

退職祝い

296件中 120件目

ブランド
セット/単品
価格帯
  • 円〜

絞り込み条件を開く

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
296件中
1〜20件

営業日カレンダー

  • 2019年8月

            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
                 
  • 2019年9月

    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30          
  • ■は定休日となります。