1. 銀座東京フラワー >
  2. 厳選!ワイン > 
  3. シャンパン スパーク...

本当に選ぶべきシャンパンとは何か

ドン・ペリニヨン、サロン、クリスタルなどの最高峰と言われるプレステージ・シャンパン、スタイルは様々ですが実はこれらには共通点があります。それは使われているブドウの全て、もしくは大部分がグランクリュのプドウだということ。一般の方はもちろん、プロの方にすらあまり知られていません。

ブレゴーニュではあたり前のテロワールについての言及がシャンパンではされていないのです。優れたテロワールからは素晴らしいシャンパンが生まれているにも関わらず・・・

どの畑のブドウが使われているかは産地を問わず重要な選択碁準となります。それがグランクリュであればアピールして当然のように思いますが、市場に流通する多くのシャンパンのラベルからはどの畑が使われているのか読み取ることはできません。

なぜ、このようなことが起こるのでしょうか?

シャンパンの実態を探っていくと、その理由が浮かび上がってきます。そして、本当に選ぶべきシャンパンとは何かが明確に見えてくるのです。

シャンパングランリュ17村のうち、
おさえるべきはこの9村!

置き去りにされたテロワール
〜その背景にあるネゴシアンの真実〜

なぜシャンパーニュ地方ではドメーヌが発展しないのか?

優れたドメーヌが尊重されるワインの世界ですが、シャンバーニュ地方ではドメーヌが少なく、ネゴシアンが流通量の多くを占めています。その根本的な要因は2つ。ひとつは、シャンバンは法定熟成期間が長いため、現金化するまでに通常のワインより時間がかかり、栽培家が元詰を始めるには金銭的負担が大きくなるということ。もうひとつは、村ごとに定められた同一価格でブドウを売ることができ、栽培家は毎年安定した収入が得られること。そのため、敢えてリスクを抱えて元詰を始める必要がないのです。

しかし、その背景を更に突き詰めてみると、シャンパンの流通を川上から川下に至るまで大手ネゴシアンが支配している実情が見えてきます。

大手ネゴシアンがテロワールに言及しない意図とは?

格付けが村ことにされ、同じ村のブドウが区画に関わらず、基本的に同一価格で取引されるというこの地方特有の制度は、大量のブドウを必要とする大手ネゴシアンの買い付けを容易にします。

一般的にネゴシアン=買いブドウという印象が持たれていますが、実は優良区画についてはネゴシアンの自社畑も意外と多くあります。例えば、コート・デ・プラン北端に位置するグラン・クリュのシュイイで最も優れた区画とされるサランの丘は、モエ・シャンドンにほぼ買い占められ、そのブドウはドン・ベリニヨンに使われています。また、グラン・クリュ最上の村と称されるアイの畑は7割以上もネゴシアン自らが所有しているのです。その他にもグフ―ン・クリュの特に優れた区画の多くは、大手ネゴシアンにより長い年月をかけて買い占められています。

栽培農家はブドウを栽培するだけで、そのブドウが実際どのような味わいを生みだすのか知りません。収穫したブドウの質が高いのか低いのかもわからないのです。また、同じ村のブドウが同価格で取引されるという状況下では、区画の優劣を認識する術は殆どなかったと言えるでしょう。対して、自ら醸造を行う大手ネゴシアンは優れた区画を認識していましたので、その価値を知らない栽培農家から、本来の価値よりも安価に優良な土地を購入出来たと考えられます。このように、シャンパーニュ地方特有のブドウの値付けの制度にはもうひとつの隠れた大きなメリットがあるのです。

こうして川上ともいえる畑を圧倒的な購買力で制した大手ネゴシアンは川下の販売面においても長年有利な立場を維持しています。

大手ネゴシアンは優良区画を所有しているにも関わらず、素晴らしいシャンパンは優れたブドウから出来るということをあえて謳っていません。それは消費者の選択基準をテロワールよりもブランドに向けさせたいからなのです。大々的な広告により、ブランドイメージを打ち出し、ブランドで選ばれることにより、大量に仕入れるプドウで販売量を拡大することを可能としています。

そうして出来上がった一般的に認知されている概念が「シャンパンは複雑なブレンド技術や手間を要する熟成により個性が生まれるものであり、シャンパンの良し悪しには造り手の力量が大きく作用する」というものです。そこには味わいを左右する最も重要なテロワールという要素がすっぼり抜け落ちています。それは販売戦略のため、敢えてテロワールの言及を避けた結果なのです。

本当に選ぶべきシャンパンとは?

シャンパンはその味わいをファーストアタックのみで判断されがちです。しかしワインの醍醐味ともいえるアフターフレーバーに注目すれば、グランクリュの優位性は明白で、そのテロワールの力を感じることが出来ます。ひとたびその味わいを知ってしまうと、誰もがグランクリュを求めるようになります。

まず知って頂きたいのは、多くのラベルに書かれている村名は本拠地を記載しているにすぎず、その村のプドウが使われているという表記ではないということです。本拠地がグランクリュであればグランクリュ名が記載されますが、そのブドウが一切入っていないということもよくあります。当然のことですが、本拠地がどこかではなく、使われているブドウがグランクリュかどうかということ、更にはグランクリュのどの村なのかということが重要なのです。

もうひとつ知って頂きたいのは、大手ネゴシアンを含め一般的に、スタンダード・キュヴェにグランクリュのブドウは使われていないということです。グランクリュのブドウが使われているのは主に最高峰のプレステージ・シャンパンです。それらは誰もが飲みたいと思うものですが、その価格はスタンダード・キュヴェの何倍にもなります。しかし、数は少ないのですがスタンダード・キュヴェにグランクリュのブドウを100%使うドメーヌがあります。シャンパーニュ地方ではプレステージ・キュヴェとスタンダード・キュヴェには大きな価格差がありますが、幸運なことにスタンダード・キュヴェに使われるブドウがグランクリュか、そうでないかによる価格差はほとんどありません。

今、注目すべきは、グランクリュのブドウを使ったスタンダード・キュヴェです。それらが真にコストパフォーマンスに優れた本当に選ぶペきシャンパンなのです。

シャンパン スパークリング

20件中 120件目

20件中
1〜20件

ご利用ガイド

決済方法
■クレジットカード
■銀行振込(前払)(みずほ銀行・三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・ジャパンネット銀行)
■コンビニ後払い(ミライバライ)
■代金引換
■コンビニ(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・セイコーマートの各コンビニエンスストア・ 郵便局ATM)

詳しくはこちら

配送方法
ご注文確認、決済確定後即日よりお手配致しております。東京都指定三区(千代田区、港区、中央区)は送料無料にて当店配達致します。それ以外の地域は別途送料にて当店配達、宅配便、花キューピットにて配達させて頂きます(配達地域により、送料が異なります)。
万が一お手配、出荷が遅れる場合はメール(場合によってはお電話)でご連絡致します。

ご注文商品によっても配送方法が変わる場合がございます。

詳しくはこちら

お問合せ
銀座 東京フラワーは 株式会社東京フラワー が運営しております。商品等のお問合せ等ございましたら、お問い合わせフォームや電話・メール等でお問合せください。

お問合せ対応
 平日 9:00-19:00
 土  9:00-17:30
 定休 日祝祭日

TEL:03-3561-5787
MAIL : info@tokyoflower.jp

詳しくはこちら

プライバシー
お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。

詳しくはこちら

Copyright(c)2019 TOKYOFLOWER CO.,LTD. All rights reserved.