猫の切手額

21件中 120件目

ブランド
価格帯
  • 円〜

絞り込み条件を開く

  1. 1
  2. 2
21件中
1〜20件
新しいインテリア額
今までにない新しいインテリア額を提案します。小さな切手の印面に描かれた動植物などの絵柄を格調高い印刷技術を駆使した切手は、まさに珠玉の美術品です。薔薇や蘭の美しい花、可愛い猫や犬、美しい蝶々、華麗な野鳥、クラッシクカー、19世紀の名画、可愛いキャラクターなど魅力的な図案の切手を、丁寧な額装技術で素敵なインテリア額に仕上げました。切手発行日の消印付きポストカード(マキシマムカードと言います)、切手発行日の消印付き封筒(初日カバーと言います)などを、新しいインテリア額でお楽しみください。
手作り商品
商品はそれぞれ切手のイメージに合わせ、ひとつひとつ丁寧に額装しております。珍しい切手はもちろんのこと、額装もひとつひとつ手作りのため同じ物は手に入りにくい商品となっております。気に入った切手額がございましたら、ぜひこの機会にお求めになって見ては如何でしょうか。
マキシマムカード(MC)とは
マキシマムカード(Maximum Cards)とは、切手と共通の絵や写真を描いたポストカードに切手を貼り、記念消印(切手発行日の消印)を押したものです。単純に切手だけをコレクションするのではなく、ポストカード、切手、消印の三つの要素が融合し、コレクションをより豊かなものにすることから、1930年代のヨーロッパから広まり始め、現在では世界中の切手収集家がコレクションしています。同様のアイテムとして初日カバー(First Day Cover)があります。
初日カバー(FDC)とは
初日カバー(First Day Cover)とは、切手を貼った封筒に、切手発行日の消印を押したものです。実際に郵便として配達しないでコレクションとする場合がほとんどですが、実際に郵便として配達することもあります。その場合はとくに、実逓初日カバーと呼ぶことがあります。初日カバーに使われる封筒は多くの場合、その切手の題材に相応しい図柄が印刷された封筒が使われます。

ご利用ガイド

送料とお届けについて
全国一律 950円です。注文金額が10,000円以上の場合は送料無料となります。配送は、宅急便、ゆうパック、佐川急便など、適切な方法により、注文日より原則1週間以内にお届けいたします。作品の手配や額装作業のため、1週間以上かかる場合はその旨ご連絡いたします。また、お届け方法や日時の指定は原則お受けできませんが、ご希望がある場合はご相談ください。
返品・交換について
ご注文後の返品、交換はお受けできません。商品に万一破損や作品違いなどがあった場合には、送料当方負担で交換もしくは返品をお受けいたしますので、商品到着後できるだけ早急にご連絡ください。なお、掲載されている商品写真につきましては、現物を撮影したものを掲載していますが、制作の都合上、額と作品の写真を別々に撮影し合成した写真も含まれています。撮影時の光線の具合などにより、色合いなどが微妙に異なって見える場合がありますので、予めご承知おきください。
商品の在庫について
商品はほぼすべて一点限りの商品になっており、単品に加え、複数枚セットとしても販売している商品は、注文が重なる場合があります。この場合、先着の注文を優先し、後着の注文についてはキャンセルさせていただきますので、あらかじめご了承ください。
ギフト包装について
無料でギフト包装(簡易包装)ができます。ご希望の方は注文画面で指定してください。
紫外線について
額の前面はガラスまたはアクリルを使用しています。アクリルの場合は紫外線を90%以上カットできますが100%ではありません。切手は印刷物のため紫外線により退色します。退色をできるだけ抑えるために、直射日光の当たらない場所に飾ることをお奨めします。
額の変更について
額の表面をガラスからアクリル、アクリルからガラスへの変更や、額縁のタイプや色の変更については、事前に「お問い合わせ」からご相談ください。可能な限り対応いたします。なお、変更内容によっては価格が変わる場合もありますので、あらかじめご承知置きください。
切手等の固定について
マキシマムカードや初日カバーは台紙(色上質紙)に両面粘着紙で固定しています。台紙から剥がすとカードやカバーの裏面に貼り跡が残りますのでご注意ください。切手や小型シートだけのものは、切手収集家が使うハウイドマウント(切手を痛めないための透明の保護シート)やヒンジ(切手と台紙を固定する乾燥糊が引かれた小さな紙片)を使って固定しています。
作品の状態について
マキシマムカードや初日カバーに貼られている切手は、古いものは50年以上前のものもあります。経年変化により、必ずしも完全なコンディションではないことをあらかじめご承知おきください。カードやカバー自体にも、経年の扱いによる、軽微なシミや汚れ、折れなどのシワがある場合があります。アンティーク額と同様に、経年変化自体も作品の味わいと考えていますので、ご理解をよろしくお願いいたします。

Copyright(C) 2017 Le Timbre