↑↑↑ お探しの部位をクリックすると各商品の一覧ページにジャンプします。 ↑↑↑
肩ロース
肩から背中にかけての肉で、最も頭に近い部分になります。脂肪分が適度にある風味のよい部位です。しゃぶしゃぶ、すき焼き、焼肉などの薄切りにする料理に最適です。

肩バラ
肩バラの中には三角バラと呼ばれる、第1〜6ロッ骨の部分を三角形に切った部位があります。サシが入りやすく上〜特上カルビとして使用されているバラの中の王様です。適度に霜が入り、味のよさが特徴で焼肉はもちろん、野菜と炒めるのもおすすめです。、
ロース
背側の筋肉部分にあたる部位。
一見して欧米語と思われがちですが、ロースト:焼く(roast)から転訛した和製英語で、「ローストに適した肉の部位」であることからこの呼び名になりました。

リブロース
サーロインから続く部位できめが細かく、場所によっては霜降りの部分もあります。肉そのものの味わいたい時にはローストビーフ、ステーキに。また、すき焼き、しゃぶしゃぶにも最適です。

サーロイン
きめが細かくて柔らかく、赤身と脂身が絶妙なバランスの最高の部位。
その昔イギリス国王があまりのおいしさに感動し、サー(sir)の称号を与え、腰の意味のロイン(loin)と組み合わせ、サーロインとなったという説があります。
特にステーキが最適ですが、しゃぶしゃぶやローストビーフ等にも。また厚切りの焼肉としてもお楽しみいただけます。
ヒレ
柔らかな部位で、1頭の牛からわずかしか取れない貴重な部位。
サーロインに比べ脂肪が少なく、ほとんど使われない筋肉のため、きめが細かくて牛肉では最も柔らかい肉とされています。
ステーキやローストビーフに最適です。
ばら
胸から腹にかけて続く部分のアバラ骨についた部位。

ともバラ
赤身と脂肪が薄い層となって交互に重なっているのが特徴で三枚肉とも呼ばれています。ちなみに韓国語でアバラ肉のことを「カルビ」といいます。焼き肉や角切りにしてカレーやシチューなどの煮込む料理、また炒め物によく合います。
もも
後ろ足の付け根の部分です。内側を内モモ、外側を外モモといいます。
煮込むとパサつき固くなりやすい部位ですが、かたまりはローストビーフやタタキに、薄切りにしてすき焼き、炒め物、焼肉と何にでも使える無難な部位です。脂身が苦手な方におすすめの部位です。

内もも
内またにあたる部分で、脂肪が少ない赤身。きめはやや粗いが柔らかく、肉質が均一なので、ローストビーフなどかたまりで使う料理に合います。脂肪を好まずあっさりと食べたい方には、すき焼き、しゃぶしゃぶにもおすすめです。

外もも
モモの外側の部分で、よく動かす部位なので肉質はきめがやや粗く脂肪の少ないやや硬めの赤身の肉。薄切りにしてすき焼き、角切りにしてカレー、シチューなどの煮込み料理、 またひき肉をはじめ、どんな料理にも合います。

Copyright〓 Meat-Companion Co.,Ltd , All Rights Reserved.