商品の発送はご要望に沿うよう努めておりますが、お客さまのご希望に沿いかねる場合はどうぞご容赦くださいますようお願いいたします。 なお、お問い合わせにつきましてはメール対応のみとさせていただきます。
※【配送料】商品内容によっては記載の送料と異なることがございます。その場合は改めてご連絡いたします。
※ティーバック商品:倖せダージリン、恋するミルクティは7個以上の場合はヤマト運輸での送料です。
  1. ティープリーズ1 >
  2. Tea Please のラベルのお話(宇野喜良さんとのご縁)
ラベルのお話:宇野亜喜良さんとティープリーズ

ティープリーズのラベルは日本を代表するグラフィックデザイナーの宇野亜喜良さんの【アリスとチェシャ猫】です。

宇野さんは1960〜70年代を代表するグラフィックデザイナーです。

挿絵、舞台、キュレーターなどそのフィールドは広く、
現在も多忙の日々を過ごされています。

何故、宇野亜喜良さんの絵なの? どんな関係? とよく聞かれます。

宇野さんと主人(故人)は主人の赤ちゃんの頃からのお付き合いでした。
縁あって主人の家に数年間下宿されていたのです。

義母(故人)によるとおしめを替えてくれたり、また飴を喉に詰まらせて
しまったときなどは
赤ちゃんの主人を逆さにして吐かせてくれたそうです。
主人にとっては命の恩人でもあるのです。

そういったご縁もあって2005年にwebショップを立ち上げる際、
パッケージはどこにもないティープリーズオリジナルのデザイン
を作りたいという思いもあり宇野さんにお願いすることにしました。

描いていただいた【アリスとチェシャ猫】は一目見てすっかり気に入りました。

【Tea Please】という屋号も入っています。

コケティッシュでキュート,その一方で儚さ、危うさも感じさせる
小悪魔のような女性は正に宇野ワールド。

一度見たら忘れないほど印象的と感じる方は多いのではないでしょうか。
宇野ワールドは現在も多くのファンを魅了し続け、
ティープリーズのアリスも10年以上経った今も瑞々しく輝いています。