◎目次(下巻の内容を含みます。)

第一章 反秀才たちとの出会い扁
第二章 叡智と独創扁
第三章 科学の中の人間学扁
第四章 散文的科学「詩」扁
第五章 反秀才論扁

柘植の反秀才論を読み解く(上) (井口和基・著)A5/254頁

  • 翌日発送

JANコード/ISBNコード:9784901351690

  • 価格 1,944円(税込)

  • 全国一律 送料無料

    ※条件により送料が異なる場合があります

    手数料・送料・配送方法について

  • 19ポイント獲得

    ログインすると獲得できます。

    プレミアム会員ならいつでもポイント5倍

    初回登録の方は2カ月無料でお試し

    最大倍率もらうと10倍

    190ポイント獲得

    ポイントの内訳を見る

    最大でもらえるポイント

    190ポイント(10倍)

    Yahoo!プレミアム会員限定!Tポイント5倍!
    76ポイント(+4倍)
    詳細を見る
    ソフトバンクなら ポイント+5倍キャンペーン
    95ポイント(+5倍)
    詳細を見る

    今もらえるポイント

    19ポイント(1倍)

    通常ポイント
    19ポイント(+1倍)
    • ※通常ポイント以外はヤフーによる期間固定ポイントであり、通常ポイントより後に進呈します。
    • ※条件により上記ポイントを獲得できない場合があります。
    • ※上記記載がないキャンペーン分のポイントは獲得ポイント詳細には含まれていません。

    よくあるご質問はこちら

    • ※通常ポイント以外はヤフーによる期間固定ポイントであり、通常ポイントより後に進呈します。
  • はじめての方はアプリで買わないと損!今すぐインストール

数量

翌日発送

商品をカートに入れる

選択肢を選んでから、カートに入れるボタンを押してください。
お気に入りに追加

この商品について問い合わせ

柘植の反秀才論を読み解く(上) (井口和基・著)A5/254頁

商品説明

ごく最近、私は柘植俊一(つげ・しゅんいち)という筑波大学工学部にいた工学博士が書いた「反秀才論」(読売新聞社、1990年)という本を偶然近くのブックオフで見つけてじっくりと読んでいたのである。およそ 14年も前、ちょうど私がユタから日本へ帰国した年にこんな本が書かれていたのである。この本には非常に面白いと私が思うことが見事なまでに簡潔に書かれていて、正直私はとても驚いたのである。一昨年の暮れにフラーの本を読んでも驚いたが、この本はまた別の意味の驚きがあったからである。

俗に「心の琴線に触れる」という言葉があるが、私は全くその通りのことを感じたからである。しばらく前に私は寺田寅彦の随筆集について論じたことがあった。それを「科学雑誌のみなさま、科学随筆のための「寺田寅彦賞」を作るべしや」というエッセイに書いた。それは、寺田流の科学の語り口というものが非常に当時の私の「心の琴線」に触れたからであった。

こういうことは私はこれまでの人生の中ではそうめったになかったからである。これと全く同じ印象をこの柘植さんの本で感じたのである。ましてや運動音痴の寺田さんと違って、柔道出身の柘植の本にサッカーマンである私は一層「心の琴線」に触れたからである。というのも、この柘植さんの生涯のテーマは「文武両道」という、豪傑はいかに育つかということだったからである。これは同じく私自身がスポーツを本格的に始めた中学校以来の私のテーマでもあったからである。

また、この柘植さんの「文体」は、夏目漱石と交流があったと言われている寺田寅彦さんの「文体」に匹敵するほどの名文である。私は個人的には湯川秀樹さんの文体すら上回っているのではないかと思う。それほどの名文家である。私など足下にも及ばない。

この意味で、私は寺田寅彦の系譜を継ぐ逸材が筑波にいたのだと非常に嬉しくなったのである。そしてついつい本に引き込まれてしまったのである。そうして読んでいるうちにこの人の先生というのもまた非常に驚くべき人物であったということを知ったのである。こういったことを本書で紹介したい。

さて、この柘植さんの本に「乱流渦のトンネル効果」という話題があった。これは柘植自慢の研究で、彼が東大工学部を終え、アメリカNASA のエイムス研究所にいた頃の研究である。乱流というものは日常生活の中では非常にありふれた誰もが知っている現象だが、いまだ誰にも完全には理解されていないもので、この乱流問題を解決したら賞金を上げるという懸賞金つきの問題の1つである。こういう乱流の研究者が柘植さんだった。その乱流の中で、渦がときどき消えては現れ消えては現れるという大変奇妙な行動をとることがある。あたかも幽霊のように突如として消え別のところに忽然と現れるのである。これを量子力学のトンネル効果と同じ方法で説明することが可能だという研究がこの柘植さんの研究だった。実に面白い話である。

そこで私は早速この柘植氏に論文請求したが、電子メールが戻ってきてしまった。そこで最後の職場を探しメールした。そこで私は非常に残念な思いをした。どうやら昨年に柘植さんが亡くなってしまったということである。そこで別の人に今、論文を請求しているところである。

そういうわけで、この柘植さんを追悼する意味で(もちろん私は全く面識もなにもなく、あくまで私個人的意味においてだが)、しばらく柘植さんの「反秀才論」にある物の見方をここで紹介しようと思うのである。

おすすめ商品