WAZAのトンボ玉ジュエリーの特徴は、トンボ玉と天然石やクリスタルガラスなどのモダンな素材を組み合わせた現代的なデザインです。

炎でガラス棒を溶かし、鉄芯に巻き付けて作ったビーズは日本では「とんぼ玉」と呼ばれています。その手法は奈良時代に日本に伝わりました。トンボ玉を作る手っ取り早い方法はありません。一つのガラス玉に含まれるすべての色は、別々のガラス棒から組み合わされたもので、それは最後の工程で一つに溶け合わされなければなりません。

WAZAのデザインは日本の伝統を取り入れています。10世紀以上に渡り私たちは伝統的な模様のトンボ玉を着物・かんざし・小物入れなどに使ってきました。トンボ玉は今も昔も日本人のお気に入りアクセサリー素材なのです。

■日本から海外へ■

大阪で生まれ育った私は、海外への興味から20代上旬に日本を離れました。最初はネパールで日本語教師として活動しました。初めての長期海外生活がカトマンズであったのですが、その日本とはまったく異なった文化が入り乱れる環境に誠に感銘をうけました。

何もかもがハンドメイドで、工芸品を作ることが生業の人々の多さは日本では考えられないことでした。こういった環境に身を置いたことが、私自身の芸術への興味をさらに強くしたのは間違いないでしょう。

■アメリカで再認識した日本文化の深さ■

その後、フロリダ州に移住した私を待っていたのは、現地の陶芸家Wesley Allenとの出会いでした。彼の作品が目にとまったのは、それらにとても日本的な影響を感じたからです。日本とはほぼ地球の反対側に位置するこの場所で、日本の陶芸の流れを取り入れた陶芸家に出会うとは思ってもいませんでした。

その後現地で仲間たちと共にFrom The Earth Potteryというデザイン会社を設立し、陶芸家として活動を始めました。

■ジュエリーとデジタルデザイン
を主に活動を始める■
日本で過ごす時間が増えた私には、陶芸に代わって制作意欲を満たしてくれる何かが必要でした。ガラス工芸は陶芸と似通った点がたくさんあります。火を使い、非常に表現の幅と用途が広いことです。ですが、その過程はまったく異なっており、それがまた魅力となっています。

他のアーティストのWebデザインをしたり、写真撮影をして歩くことも良い刺激となります。

インフォメーション

お支払い方法
各種クレジットカード・モバイル支払・銀行振り込み・コンビニ支払がご利用できます。詳しくはトップメニューのお買い物ガイドをご参照下さい。
お届け方法
全国送料無料キャンペーン中! 日本郵送レターパックで発送します。

StudioWAZA (c) All rights reserved.