Zigbee向け電波テスター基本部
  • Zigbee向け電波テスター基本部
  • Zigbee向け電波テスター基本部
  • Zigbee向け電波テスター基本部
  • Zigbee向け電波テスター基本部
  • Zigbee向け電波テスター基本部
  • Zigbee向け電波テスター基本部

Zigbee向け電波テスター基本部

 IoT時代の主流であるZigbeeの電波測定器です。手のひらサイズで、電源を入れると自動的に受信レベル、回線品質の測定、USBメモリへの自動記録を可能にしました。無線のスキルがないお客様、時間を節約したいSE,CEの方にご使用いただけます。ARM社が主導するmbedで開発しました。

¥32,400税込 /

全国一律送料無料

※条件により送料が異なる場合があります

支払い方法:あんしん取引(クレジットカードもしくはTポイント)

このアイテムをお気に入りに登録する

違反商品の申告をする

商品詳細 商品構成(詳細画像を参照ください)
・mbed LPC1768x1:CPU
・mbed application boardx1:LCDなどの構成品多数搭載
・キャリングケースx1
 USB電源ケーブルは含まれております。xbeeは含まれておりません。お客様のお持ちのxbeeがそのまま使えます。電波テスターの接続先のMACアドレスをお聞きしますのでよろしくお願いします。
こちらの公式ホームページもご覧ください。



特徴
(1)小型
   手のひらサイズで持ち運びが可能な、IoT時代の近距離通信の本命であるZigbee用電波テスターです。
(2)安価
  mbedを使い安価に提供します。お手持ちのxbee製品はそのまま使えます。お客様のMACアドレスを弊社で書き込みするだけです。
(3)自動記録、スキル不要
  電源入れると自動で測定、記録します。スキルは必要としません。どなたでも使えます。
  SE稼働現場調査稼働を3割削減できます。(調査準備ゼロ、自動記録による報告書稼働削減)
(4)初心者でも安心サポート
  安心なマニュアルと14日間の無料サポートを行います。
(5)MACアドレス変更サービス
   通信する相手先が変更になった場合は、MACアドレスの変更を安価に実施します。
(6)可視化サービス
   オプションで、Zigbeeの取得したデータ、GPSとの連携などをPowerBI(注)で可視化して提供します。複雑な分析もグラフを押すだけで簡単に行えます。
(注)PowerBIは、マイクロソフト社が提供するセルフサービスBIツールです。豊富な可視化ツールがそろっており、現在無料で提供されております。

活用事例
(1)現場調査
   Zigbee導入時の現場調査(サイトサーベイ)で設置場所を決めるための電波調査
(2)トラブル調査
   Zigbee導入後のトラブル調査で、電波が不安定、切れるなど。また、通信データがおかしいなどの確認に利用できます。
(注:お客様データの解析には設定変更が必要になります。)
(3)GPS連携事例
  取得したZigbeeの受信データとGPSデータを連携させて表示させます。
(4)屋内ヒートマップ作成
   屋内に設置するZigbeeの場所をヒートマップのように表示できます。