レザー(天然皮革)製品について

防水力があるため、基本的に水洗いは出来ません。汚れが気になる場合は、タオルや柔らかい布で軽く水拭きしましょう。
レザー専用クリーナーをご使用の際は、ご使用前に色が抜け落ちないか、商品の裏側などで必ずお試しください。

顔料などの特殊加工について


特殊な加工を施しております為一点一点加工が異なる場合がございます。
また、顔料を使用している為、色落ち色移りにはご注意ください。
他の衣類との洗濯は避け、洗濯の際は洗濯表記をご確認ください。
永久的なものでは無くもまれたり、擦られたりすると脱色しやすくなります。
お洗濯や着用回数により加工加減が変化する場合が御座いますので予めご了承下さい。

シワ加工について

ワッシャー加工(しわ加工)でデザインされたシャツやデニム等は、
お洗濯や着用回数によって、しわ加減が薄れる場合がございます。
商品をねじり紐やゴムなどで縛った状態で、お洗濯〜乾燥させますと、しわの薄れ具合を抑えることが出来ます。
なお、このお洗濯方法で購入時の加工状態を保てる、という事ではございませんのでご理解ください。

その他の加工、装飾品などについての注意事項

商品によっては、ラインストーン、箔プリント、チェーン等、ボタンや装飾品にデザインを施した商品がございます。
お洗濯される際は、十分にご注意ください。
お洗濯されるものにキズをつけたり、洗濯機の故障の原因になったりする場合がございます。
お洗濯される際は、裏返しにしたり、ネットに入れるなどしましょう。

家庭用品品質表示法 家庭洗濯等取扱い絵表示の記号と意味


記号 記号の意味 記号 記号の意味

液温は40度を限度とし、洗濯機で洗ってください。
液温は30度を限度とし、弱い手洗いをしてください。
(洗濯機は使えません)
液温は40度を限度とし、洗濯機の弱水流
または弱い手洗いで洗ってください。
水洗いはできません。
液温は30度を限度とし、洗濯機の弱水流
または弱い手洗いで洗ってください。
   

<ネットの意味は?>
ネット使用と記載されているものは、他の衣服と絡んで型くずれするのを防ぐため、
ネットの袋に入れて洗います。ホックなどが生地をひっかけない為にも用います。

……………………………………………………………………………………………
……………

<30や40と記載されている数字は?>
40度以下のお湯で洗うという意味です。(ぬるめのお風呂のお湯の温度が適温です)

……………………………………………………………………………………………
……………

<蛍光増白剤とは?(蛍光剤も同じ)>
● 合成洗剤にも含まれる成分で、白い服を白く見せる効果がありますが、生成や淡い色の服も
  白っ ぽくなるため、元々の色目が損なわれます。
<手洗い方法は?>
● 優しく押し洗いをします。(ウールはもみ洗いすると縮んでしまい、元に戻らない)
● 洗いからすすぎまで、ぬるま湯を使用します。
● ぬるま湯とは、30℃以下のお湯です。手を入れて冷たく感じるくらいの温度です。
……………………………………………………………………………………………
……………
<中性とは?>
「中性洗剤」のことです。
<なぜ洗ってはいけないの?>
● 商品検査の結果、以下のような場合に水洗い不可の表示がついています
● 水洗いでの縮みが著しい。
● 水洗いでの色落ちが著しい。
● 家庭洗濯では、型くずれしやすい。
ドライマーク用洗剤も水を使用するので、この表示のものには使えません。

塩素漂白の可否についての表示

記号 記号の意味 記号 記号の意味

塩素系漂白剤による漂白が出来ます。
塩素系漂白剤による漂白が出来ません。
<エンソサラシとは?>
● 「塩素系漂白剤」のことです。
● 白いものにしか使用できません。(色ものに使用すると色が抜けてしまいます。一滴でもつくとそこだけ真っ白になります)
*塩素系漂白剤は使用法を誤ると生地を傷めます。商品表示に必ず従いましょう。

アイロンのかけ方について

記号 記号の意味 記号 記号の意味

液温は40度を限度とし、洗濯機で洗ってください。
アイロンは160度を限度とし高い温度
(140度から160度) までで掛けてください。
アイロンは120度を限度とし高い温度
(80度から120度) までで掛けてください。
アイロン掛けは出来ません。

記号の下の 〜 は当て布が必要であることを示します。
表面に、あたり、テカリなどの影響を受ける恐れのあるもの (絹やアセテートなどの艶があるもの、ウールやギャバジンやサテンなどの織り目が詰まった濃色品 ) ニットなどソフトな仕上がりが望まれるものにはアイロンの際に当て布が必要です。

ドライクリーニングについての表示

記号 記号の意味 記号 記号の意味
ドライクリーニングが出来ます。溶剤はパークロルエチレン
または石油系のものを使ってください。
ドライクリーニングが出来ます。
溶剤は石油系のものを使ってください。
ドライクリーニングは出来ません。    

<セキユ系とは?>
● ドライクリーニングの中でも、特にデリケートな繊維向けの方法です。