大きな画像を見る

[特集] 最新アレルギー予防・治療戦略−これからのアレルギーを考える−

現在1人がカートに入れています

小児科臨床 第70巻12号

小児科臨床 第70巻12号[特集] 最新アレルギー予防・治療戦略−これからのアレルギーを考える−

JANコード/ISBNコード:4910047271270

メーカー希望小売価格:5,076

価格 5,076円 (税込)

東京都は送料500円

このストアで5,400円以上購入で送料無料

※条件により送料が異なる場合があります

手数料・送料・配送方法について

50 ポイント獲得

ログインすると獲得できます。

プレミアム会員なら いつでもポイント5倍

初回登録の方は2カ月無料でお試し

最大倍率もらうと10倍

500ポイント獲得

ポイントの内訳を見る

最大でもらえるポイント

500ポイント (10倍)

Yahoo!プレミアム会員限定!ポイント5倍!
200ポイント (+4倍)
詳細を見る
ソフトバンクなら ポイント+5倍キャンペーン
250ポイント (+5倍)
詳細を見る

今もらえるポイント

50ポイント (1倍)

通常ポイント
50ポイント (1倍)
  • ※一部獲得ポイント詳細に含まれないキャンペーンがあります。詳しくは各キャンペーンページをご確認ください。
  • ※進呈するポイントには、期間固定Tポイントを含みます。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスで利用できません。有効期限がありますのでご注意ください。
  • ※注文確認画面などで内訳をご確認ください。

よくあるご質問はこちら

  • ※進呈するポイントには、期間固定Tポイントを含みます。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスで利用できません。有効期限がありますのでご注意ください。

数量

10/19〜10/21の間に発送予定

商品をカートに入れる

選択肢を確認してからカートに入れるボタンを押してください
お気に入りに追加

この商品について問い合わせ

手数料について

違反商品の申告をする

商品コード:4910047271270

メーカー希望小売価格の詳細はこちらをご確認ください

閉じる

再入荷通知設定

この商品に関するQ&A

情報を取得できませんでした

時間を置いてからやり直してください。

この商品について質問する

商品説明



商 品 名小児科臨床 第70巻12号[特集] 最新アレルギー予防・治療戦略−これからのアレルギーを考える−
巻 数 ・ 発 売 日
監 修 者 ・ 編 集 者
定 価定価:(本体4700円+税)
掲 載 内 容〔序〕 斎藤博久

  〔I.総論〕
 1.アレルギー疾患対策基本指針について
西間三馨

 2.世界アレルギー機構の動向   海老澤元宏
 3.アレルギー疾患研究の最新の動向 松本健治
 
〔II.各論〕
 1.食物アレルギー
   1) 食物アレルギーの病因・病態   藤澤隆夫
   2) 食物アレルギーの疫学  今井孝成
   3) 食物アレルギーの臨床型分類   木村光明
   4) 食物アレルギーの診断(IgE抗体)   杉浦至郎 他
   5) 食物アレルギーの診断(負荷試験)  田知本寛
   6) 食物アレルギーの発症予防   夏目 統
   7) 経口免疫療法   成田雅美
   8) 腸内細菌叢と食物アレルギー   下条直樹
9) 食物アレルギーガイドラインの課題  福家辰樹
10) アレルギー食品表示の課題   穐山 浩
11) 食物アレルギー対策推進に関する栄養士会の取り組み  迫 和子
12) アレルギーエデュケーター  赤澤 晃
13) 移行期・成人の食物アレルギー   矢上晶子

 2.アナフィラキシー・薬物アレルギー
   1) アナフィラキシーの病因・病態  山口正雄
2) アナフィラキシーの疫学  佐藤さくら 他
3) アナフィラキシーの診断・重症度判定  柳田紀之 他
   4) 食物によるアナフィラキシーの治療と対策  岡藤郁夫
  5) 食物依存性運動誘発アナフィラキシー  森田栄伸
6) 医薬品によるアナフィラキシー   堀内辰男 他

 3.アレルギー性皮膚疾患
1) アトピー性皮膚炎診療ガイドラインの概要  加藤則人
2) 小児のスキンケア  堀向健太
3) アトピー性皮膚炎に対する早期介入  山本貴和子
4) アトピー性皮膚炎と生物学的製剤  江川形平 他
5) アトピー性皮膚炎とフィラグリン  川崎洋 他
6) 汗とアトピー性皮膚炎  室田浩之
7) 慢性蕁麻疹と生物学的製剤  猪又直子

 4.アレルギー性鼻炎・副鼻腔炎・花粉症
1) アレルギー性鼻炎・副鼻腔炎の病因・病態  米倉修二 他
2) 通年性アレルギー性鼻炎(舌下免疫療法含む)  増田佐和子
3) 季節性アレルギー性鼻炎(舌下免疫療法含む)  後藤 穣
4) アレルギー性結膜炎と花粉症(小児科医ができること)  庄司 純
5) 好酸球性副鼻腔炎   岡野光博

 5.気管支喘息
1) 小児気管支喘息ガイドライン2017の概要  荒川浩一
2) 小児気管支喘息と気道リモデリング  大嶋勇成
3) 小児気管支喘息の発症予防  吉原重美
4) 小児気管支喘息とステロイド薬  勝沼俊雄
5) 小児気管支喘息のフェノタイプ  足立雄一
6) ウイルス感染と小児気管支喘息  望月博之
7) 気管支喘息における生物学的製剤の位置付け  東田有智

 6.その他
1) 好酸球性消化管疾患  野村伊知郎
2) 自然リンパ球とアレルギー  森田英明
3) 薬物アレルギーとマスト細胞  岡山吉道