大きな画像を見る

世界中のあらゆる感染症の最新情報を網羅。エビデンスに基づき、詳細を分かりやすく記述されています。
この1冊で、症状・病因・疫学・検査・治療,さらには感染拡大の防止策・隔離法など現場で必要なすべての知識・対応などが具体的に把握できます。

世界中のあらゆる感染症の最新情報を網羅。

最新 感染症ガイド R−Book2015

JANコード/ISBNコード:9784889242478

メーカー希望小売価格:18,360円

価格 18,360円 (税込)

全国一律送料無料

※条件により送料が異なる場合があります

手数料・送料・配送方法について

183ポイント獲得

ログインすると獲得できます。

プレミアム会員なら いつでもポイント5倍

初回登録の方は2カ月無料でお試し

最大倍率もらうと11倍

2,013ポイント獲得

ポイントの内訳を見る

最大でもらえるポイント

2,013ポイント (11倍)

Yahoo!プレミアム会員限定!ポイント5倍!
732ポイント(+4倍)
詳細を見る
ソフトバンクなら ポイント+5倍キャンペーン
915ポイント(+5倍)
詳細を見る
アプリで買うと! ポイント毎日2倍
183ポイント(+1倍)
詳細を見る

今もらえるポイント

183ポイント (1倍)

通常ポイント
183ポイント (+1倍)
  • ※通常ポイント以外はヤフーによる期間固定Tポイントであり、通常ポイントより後に進呈します。
  • ※条件により上記ポイントを獲得できない場合があります。
  • ※一部獲得ポイント詳細に含まれないキャンペーンがあります。詳しくは各キャンペーンページをご確認ください。
  • ※進呈するポイントには、期間固定Tポイントを含みます。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスで利用できません。有効期限がありますのでご注意ください。

よくあるご質問はこちら

  • ※通常ポイント以外はヤフーによる期間固定Tポイントであり、通常ポイントより後に進呈します。
  • ※進呈するポイントには、期間固定Tポイントを含みます。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスで利用できません。有効期限がありますのでご注意ください。

数量

06/20〜06/22の間に発送予定

商品をカートに入れる

選択肢を選んでから、カートに入れるボタンを押してください。
お気に入りに追加

この商品について問い合わせ

手数料について

違反商品の申告をする

商品コード:247-8

メーカー希望小売価格の詳細はこちらをご確認ください

閉じる

再入荷通知設定

この商品に関するQ&A

この商品について質問する

情報を取得できませんでした

時間を置いてからやり直してください。

該当する質問はありません

商品説明







商 品 名最新 感染症ガイド R−Book2015
巻 数 ・ 発 売 日2016年7月9日発売
監 修 者 ・ 編 集 者編:米国小児科学会 監:岡部信彦 
定 価定価:(本体17000円+税)
掲 載 内 容目次(抜粋)

Section1 能動免疫と受動免疫
ワクチンに関する情報源
患者および保護者とワクチンを語ること
 ワクチンの安全性と効果に関する保護者の疑問の解決
 保護者のワクチン拒否 ほか
能動免疫
 接種部位の疼痛に対する処置
 予防接種計画
 最少接種年齢とワクチン接種間の最短間隔
 複数ワクチンの同時接種
 受けそびれた予防接種
 ワクチンの安全性
 ワクチン予防可能疾患の報告 ほか

受動免疫
特定の臨床的状況における予防接種
 早産児および低出生体重児に対する予防接種
 妊娠中の予防接種
 免疫不全状態の小児におけるワクチン接種
 慢性疾患を有する小児の予防接種 ほか
Section2 特殊状況下における小児のケア
 生物テロ
 血液の安全:輸血由来感染の危険性の減少
 母乳
 家庭外で保育される小児学校保健
 入院児の感染コントロールと予防
 外来環境での感染コントロールと予防
 思春期の人や小児の性行為感染症
 肝炎と矯正施設にいる若者
 国際間養子における感染症の医学的評価
 地域で廃棄された針による傷害
 咬傷
 ダニ媒介感染症の予防
 蚊媒介感染症の予防 ほか

Section3 感染症ごとのまとめ
 放線菌症(アクチノミセス症) ほか154項目

Section4 抗菌薬および抗菌薬療法
 抗菌薬管理:抗菌薬の適正使用
 抗菌薬の投与量 ほか

Section5 抗菌薬予防投与
 抗菌薬予防投与
 小児の術後患者における抗菌薬予防投与
 感染性心内膜炎の予防
 新生児眼炎の予防


付 録
I.関連する機構の連絡先(Directory of Resources)
II.小児用ワクチン/トキソイドおよび免疫グロブリンのコード
III.小児期ワクチン接種後の有害事象における報告基準と補償基準
IV.米国内で届出が必要な疾患
V.予防接種の禁忌および注意についてのガイド2015
  VI.汚染された可能性を持つ食品からの疾病予防  
VII.食物由来疾患に伴う臨床症状 
VIII.動物によって媒介される疾患(人獣共通感染症)