Music of the Polygonola (a polygonal flat musical instrument)
  • Music of the Polygonola (a polygonal flat musical instrument)
  • Music of the Polygonola (a polygonal flat musical instrument)

Music of the Polygonola (a polygonal flat musical instrument)

4点1件の商品レビュー

 全く新しい原理で音を出す、ポリゴノーラを紹介する最初のCDです。ポリゴノーラは、青銅でできた円盤や三角形の板で、叩くと板全体が自由に振動します。真ん中を叩くと日本のお寺の鐘のような音がし、端を叩くと西洋の教会の鐘の音がします。
 この楽器はピアノやギターのような整数倍音を出す楽器とは違い、非整数倍音を出します。整数倍音からドレミができたので、非整数倍音からは異なる音階ができます。このCDに含まれる楽曲は、すべて新しい音階に調律された10〜23枚のポリゴノーラで演奏されています。

¥1,300税込 /

全国一律送料無料

※条件により送料が異なる場合があります

支払い方法:あんしん取引(クレジットカードもしくはTポイント)

在庫:残り3個

このアイテムをお気に入りに登録する

違反商品の申告をする

商品詳細  全く新しい原理で音を出す、ポリゴノーラを紹介する最初のCDです。ポリゴノーラは、青銅でできた円盤や三角形の板で、叩くと板全体が自由に振動します。真ん中を叩くと日本のお寺の鐘のような音がし、端を叩くと西洋の教会の鐘の音がします。
 この楽器はピアノやギターのような整数倍音を出す楽器とは違い、非整数倍音を出します。整数倍音からドレミができたので、非整数倍音からは異なる音階ができます。このCDに含まれる楽曲は、すべて新しい音階に調律された10〜23枚のポリゴノーラで演奏されています。第1曲目は、灰野敬二による円盤ポリゴノーラと、非整数倍音を豊かに含む和楽器・琵琶と尺八との即興合奏です。琵琶の奏でる特殊奏法、尺八のムライキ奏法から発せられる非整数倍音とポリゴノーラの音が調和した音楽を生み出します。2曲目はポリゴノーラのために一ノ瀬トニカにより作曲された4曲からなる組曲『First Flight』。演奏はパーカッショニストの神田佳子と稲野珠緒です。さまざまな、演奏技術が駆使されています。次は、日本に古来伝わる独特の旋法を持つ声明との桜井真樹子による三角形ポリゴノーラによる演奏です。最後は、灰野敬二によるポリゴノーラのさまざまな音表情を見せる独奏曲が収録されています。

・構成数 | 1
・収録曲 | 12曲【曲目】



一 (01) 何気なく       ポリゴノーラ(円盤) 灰野敬二
     つぶれゆく      琵琶         塩高和之
     つくることの楽しみ  尺八         田中黎山
 

二「First Flight」        作曲         一ノ瀬トニカ
                ポリゴノーラ(円盤) 神田佳子
                ポリゴノーラ(円盤) 稲野珠緒
 I (02) first flight
 II (03) swaying moon
 III (04) cloud
 IV (05) dew drops fall


三 「Etude」          作曲          桜井真樹子
                ポリゴノーラ(三角)  桜井真樹子
  (06) Etude II
  (07) Etude III
  (08) Etude IV
  (09) Etude V


四 「モルガーナの言葉」     作曲          桜井真樹子
                ポリゴノーラ(三角)  桜井真樹子
  (10) Inspexitque diu
  (11) 吾が妹と


五 (12) 『無効』に       ポリゴノーラ(円盤)  灰野敬二
     なったとて
     あったことの確かさ

【録音】2016年6月14日/Sound City(Tokyo)

【製造国】日本

【レーベル】有)生物振動研究所