1. 四木三草 >
  2. 番傘・蛇の目傘について
番傘・蛇の目傘について

●和傘とは竹を材料にして骨と軸を作成し、防水加工した油紙を張った傘です。
●蛇の目は番傘より細身で性別を問わず持ちやすいですが、女性向けの綺麗な装飾を施された物も多くあります。
もともとは傘を上から見たときに丸く見える白地の輪が蛇の目のようだというので「蛇の目」と言われるようになりましたが、現在では無地の物でも「蛇の目」と呼ばれます。
柄には雨風の強さに応じて傘の開き具合を変えられるように引っかかり(ハジキ)が二箇所あります。風が強い時は下の段でさします。
●番傘は少し大きめで男性向けの実用的な雨傘です。
江戸時代に生まれ、旅館などが番号をつけてお客様に傘を貸したことから「番傘」と言われるようになったそうです。 また、傘をさしたとき主従の関係が解るように黒い縁をつけ、ご主人様とお供の方を見分けたそうです。それが、番奴です。この傘は主に大阪で使われました

和傘の取り扱い

◆傘の開き方
  新品を使う時はまず締輪がある場合は締輪をはずし、頭を下にして、骨と骨をゆっくり少しずつ広げてからクルクル回転させる。何度か使うと手を入れやすくなる。
◆傘の持ち方
  頭紙のひもがある場合はひもを持つ。洋傘と逆で、和傘は頭を上にして持つ。
◆傘を差すとき
  雨風が強いときや雪が多いときは2つある下のハジキ位置で止める(蛇の目の場合)。
◆雨水の切り方
  頭紙を上にして立てかける。逆にすると頭紙の中に雨水がたまり、破れやすくなり雨漏りの原因になる。
◆傘の干し方
  2段ハジキの場合は、下の位置で半開きにして風通しの良い日陰に干すか吊るす。
  番傘など1段ハジキの場合は、半開きになるよう手元ろくろの下にクリップなどで止めて、風通しの良い日陰に干す。
◆傘の保管方法
  締輪がある場合は必ずはずし、傘をゆるめる。風通しの良い日陰に頭を上にして吊るすか立てかけて保管。
  雨の日に使用した傘は、必ず乾かしてから保管。

ご利用ガイド

お支払について
下記の6種類がご利用いただけます。
■クレジット
■代金引換
■モバイルSuica
■ソフトバンクまとめて支払い
■auかんたん決済
■ドコモケータイ払い
返品・交換について
お客様の都合による返品・キャンセル・交換はご遠慮願います。
サイト上の商品写真は実際と色調が異なって見える場合がございます。サイトにて商品をご購入の場合は、十分ご検討のうえご注文ください。
お届けした商品に汚損・破損・不良があった場合、もしくは商品を間違ってお届けした場合は、良品の物と交換あるいは返金致します。 返品送料は当店が負担致します。商品到着後8日以内に当社へご連絡ください。
配送について
国内配送は佐川急便となります。
全国一律送料無料となります。
配達時間帯をご指定できます。
※一部レターパックプラスでの配送になります。
レターパックプラスは配送時間の指定は出来ませんのでご了承ください。
お問い合わせ
四木三草〜shibokusansou〜
〒213-0032
神奈川県川崎市高津区久地4-24-37 402号
044-543-9217
shop@shibokusansou.com