1. センスアビリティ ヤフー店 >
  2. Jabees(ジャビース) > 
  3. ヒアリングエイド(補...












2017年、米国の処方箋不要となる補聴器具販売の法制化(Over-the-Counter Hearing Aid Act of 2017 )によって、補聴器や集音器に大きな動きがありました。 世界保健機関(WHO)、米国食品医薬品局(FDA)、米国大学研究所などで、実際に販売している補聴器や集音器の調査によって、様々な事実が以下のように判明。




この調査結果にて、FoG(音の増幅量)が非常に少ない製品や、EIN (雑音)が非常に大きな製品が、多数インターネット、量販店、小売店にて販売されている事実が分かりました。



それを受け、米国国家規格協会(ANSI)と国際電気標準会議(IEC)では、新たにテスト項目を設け、数値化を行いました。 ここで特に重要なのはEIN(入力換算雑音)となります。 同時期に医療関係の論文が多数発行されており、多くの論文では80dB以上で音量は耳にダメージを与える。すなわち、EIN値が30dB以上となる補聴器・集音器は望ましくないとの発表されております。




補聴器具のOTC販売に向けて、ANSIでは仕様書のデータを定めました。 実際の販売までは至っていないため、メーカーや販売者のモラルとなっております。 なお、日本工業調査会(JIS)はこれらの内容は反映冴えていないため、多くのメーカーや販売者は、IECが定めた内容を開示する例はまだ少ない恐れがあります。




センスアビリティ株式会社は、国際電気標準員会(IEC)及び世界保健機関(WHO)の意向は、日本国民の健康を考えた上で望ましいと考えております。 AMPSound(アンプサウンド)の仕様開示による販売を、国内で先駆けて行わせて戴きます。 AMPSoundの集音機能使用時のEIN値は18dB以下となり、非常に低い数値となります。 低い数値となりますが、それでもノイズは発生してしまいます。世界保健機関では80dB以上の音量は危険となるため、ご利用者には、なるべく小さな音で、健康を害さないよう自己管理が必要です。


音の増幅する行為によって、回路等から発生するノイズですが、低い音となります。 周囲から類似する低い音が発せらている環境は、響音してしまい、ノイズが大きくなります。 そのため、周囲にて掃除機、換気扇といったノイズ。 電車、クルマ、飛行機内といた環境などは、ノイズがさらに大きくなるため、ご使用を避けるように願います。




耳へのダメージを避けるために、最も重要なのは低品質な補聴器や集音器のご使用は避け、EIN値は30dB以下の製品を推奨いたします。 また、音量を少しでも下げるには、周囲の音が入らないように、遮音性が高い耳にあったイヤーピースを推奨します。 補聴器や集音器では必ずノイズが発生してしまう事から、できる限り無線通信を使った使用を推奨します。スマートフォンによる通話、音楽プレーヤーやテレビなどはBluetooth接続をおこなう事でノイズフリーの状態となります。音量を下げる事に繋がり、耳への負担が低下します。

ヒアリングエイド(補聴器/集音器)

7件中 17件目

価格帯
  • 円〜

絞り込み条件を開く

7件中
1〜7件

営業日カレンダー

定休日

  • 2020年8月

    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31
  • 2020年9月

    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30


正規代理店


Copyright 〓 2016-2018 SenseAbility Corporation. All Rights Reserved.

プライバシー - 利用規約 - 免責事項 - 無料でお店を開こう! - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.