大学の研究者が知っておきたい 科研費のしくみと研究をめぐる状況

大学の研究者が知っておきたい 科研費のしくみと研究をめぐる状況

A5判 199頁 
元 文科省学術研究助成課長/前 日本学術振興会理事 渡邊淳平 著

科研費に基金化の改革を導入するなど、科研費の実際の制度運営に携わり、そのしくみを最もよく知る著者による、わかりやすい解説書。
日本の論文事情や女性研究者などの状況について、データに基づく分析は、大学の研究者として知っておいて損はない!

¥2,700税込 /

東京都は送料380円

このストアで10,000円以上購入で送料無料

※条件により送料が異なる場合があります

支払い方法:あんしん取引(クレジットカードもしくはTポイント)

このアイテムをお気に入りに登録する

違反商品の申告をする

商品詳細 本書の内部構成

第1部 科研費のすべて
 1章 日本の科学研究のごく大まかな姿
 2章 大学での研究を支える科研費
 3章 米国の研究費制度を比べるとどうなのか
 4章 科研費の使い勝手をよくする
 5章 科研費の採択のためのヒント
 6章 科研費の研究成果

第2部 研究をめぐる状況
 7章 世界の論文を比較する
 8章 女性研究者をめぐる状況