六白(ろっぱく)とは

黒豚といっても鹿児島の黒豚は真っ黒ではありません。

4本の足先、鼻先、尾の先の計6ヶ所が白く、これを「六白(ろっぱく)」と言います。

奄美で飼われてきた島豚がルーツと言われ、鹿児島の本土に持ち込まれてから400年以上の歴史を持っています。

明治になって英国バークシャー種を導入し、島豚をベースとした在来の黒豚と掛け合わせて改良を重ね、現在の“鹿児島黒豚”が誕生しました。

ちまたで六白と言えば鹿児島黒豚のことをさして言います。

六白肉の特徴

1.肉の筋繊維が細く、食べた時に歯切がれよくてやわらかい。

2.保水性が高くジューシー

3.他の豚肉に比べ臭みが少なく肉質がしっかりしているため、しゃぶしゃぶや鍋、とんかつなど豚肉そのものの味を味わいやすい料理で食べられることが多い。

4.脂肪の溶ける温度が高いためべとつかず、食べた後もさっぱりしているのが特徴です。

まずは六白本来の味をお楽しみいただけるよう黒豚しゃぶしゃぶ肉がお得です。

新着情報

2017/01/01

新年あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2016/8/26

商品を追加しました。

2016/8/25

鹿児島 黒豚屋がオープンしました。

黒豚しゃぶしゃぶ
旨味のぎゅっと詰まった六白をまずはしゃぶしゃぶでぜひお試し下さい。お得なたっぷりサイズをご用意いたしました。
  ハム・ウィンナー
六白の旨味をそのままハムに!カットしてそのままでもヨシ!焼いてヨシ!
  味噌漬け
柔らかい六白肉をさらに厳選した味噌で熟成しました。焼くだけ簡単ごはんが進みますよ!