1. 越後新潟地酒のあさのや >
  2. 銘柄で選ぶ > 
  3. 北翔

蔵元紹介

大洋酒造

越乃寒梅

北翔

「北翔」は、村上市の大洋酒造から発売されている販売店限定の商品です。

名前の由来は、「いつかはこの越後の北のはずれから飛翔し全国に名を馳せたい」という蔵元の気持ちと重ねあわせ「北翔」と命名されました。

「北翔」は、「高品質なお酒をリーズナブルな価格で提供する!」がコンセプトの完全限定生産のお酒です。


大洋酒造について

山紫水明の地、城下町村上。 春、残雪輝く朝日連峰の峰々から清流を集めた三面川(みおもてがわ)は、平野の水田を潤しながら日本海へ流れる。 町の中央にあるお城山の満開の桜が深い緑に変わると、祭り一色の夏となる。 秋になれば、三面川に鮭がのぼり、やがてシベリヤおろしの寒風に、粉雪が舞いはじめ、「酒造りの冬」が来る。

越乃寒梅村上は、古くから酒造りの盛んな土地でした。 江戸時代、井原西鶴は「好色一代女」に、「村上のお大尽(だいじん)が、京都の島原で、廓(くるわ)遊びをしたときに、京都の酒はまずいからと、村上の酒を持ち込んで飲んだ」話を入れています。 大洋酒造株式会社の歴史は、地元の古い14の酒蔵が合併した時から始まります。 1945年に下越銘醸株式会社、酒名「越の魂(たま)」として発足し、その5年後に社名を大洋酒造株式会社、酒名を「大洋盛」に改名しました。 このように会社設立は、昭和の時代ですが、母体となった各酒蔵の歴史は大変古く、井原西鶴の「好色一代女」創刊よりも前の寛永12年(1635年)創業の蔵もあり、営々と酒造りを続けてきた歴史と伝統を誇りとしています。

ひたすら「美味い酒」造りに徹してきた弊社の歴史のひとこまに、全国に先駆けて吟醸酒を市販(1972年)したことがあげられます。 「大吟醸大洋盛」第一号を市販したこの時以来、ご返送いただいたご愛飲者の名簿は通し番号順にすべて保存され、社宝として今日も続いています。 また、酒瓶を入れる桐箱の表書きの番号は、歴代の社長が手書きすることが習慣となっております。 城下町村上の伝統と風土の中で、営々と育まれてきた大洋酒造を宜しくお願い申し上げます。

越後の米、水、技術、伝統で 村上藩士 青砥 武平治の夢を今に受け継ぐ

越乃寒梅村上では江戸時代の頃から、町を流れる三面川の鮭が藩財政の重要な財源になっていた。元文元年(1736) には鮭の遡上が激減したが、村上藩士青砥武平治が世界に先駆け鮭の回帰性を発見し、「種川の制」を設け 画期的な自然孵化増殖知システムを確立した。明治維新により家禄を失った武士達は、貧しい 中でもこの鮭の収入を蓄積し、これを子弟の教育資金に充てた。この制度は昭和20年代まで続き、この鮭 の収入によって教育を受け出世した人達を村上では「鮭の子」と呼んでいる。 青砥武平治が「鮭の子」に託したであろう夢「いつかはこの越後の北のはずれから飛翔し全国に名を馳 せたい。」その想いを我写真の気持ちと重い合わせ、銘柄に反映させた。

お酒一覧

北翔

11件中 111件目

11件中
1〜11件

営業日カレンダー

定休日

  • 2020年3月

    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
  • 2020年4月

    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30

お買い物ガイド

Copyright(C) 2018 Asanoya Co,.Ltd.All Rights Reserved.

プライバシー - 利用規約 - 免責事項 - 無料でお店を開こう! - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.