クラウン(山の中央)にクリース(窪み)があり、その先には「つまみ」と呼ばれる尖部があるものを中折れ帽と呼びます。
フェルト製のものが多く、夏は素材を変えブレードや天然素材などが多いです。
ソフト帽、ソフトハットと呼ばれたり、綿製の中折れ帽はミルキーと呼ばれています。

リボンが巻かれている中折れ帽(ソフトハット)が多く、以前は巻きの部分に羽根などを差し込むスタイルが多く、色や柄・素材によって様々な表情を楽しむことが出来るアイテムです。


▼中折れ帽の似合う顔型

中折れ帽(ソフトハット)といってもいろんな形や種類があります。
形により、似合う顔型も異なってきます。

丸顔や面長の方は、丸みがかったかぶりが浅めの中折れ帽(ソフトハット)がオススメです。
丸顔の方は全体的にメリハリが出て、面長の方は顔をすっきりとした印象を演出出来ます。

四角型の方はツバが広く四角いシルエットのものが◎
逆三角形の方はツバが狭く、先に向かい細くなっていくシルエットのものだとアゴが協調されずオススメです。


▼中折れ帽のかぶり方

中折れ帽(ソフトハット)の基本のかぶり方は深めにかぶります。
まっすぐ水平かぶるよりも、少し斜めにかぶるのがおしゃれっぽくオススメです◎
また、ヘアアレンジとの相性も良いです!!
髪をまとめて中折れ帽をかぶるのもかわいいですよね。


▼中折れ帽に似合う服装

ジーパンにTシャツのラフな格好に中折れ帽を+するだけでもおしゃれになりますし、ワンピースとも合います◎
意外とどんなファッションにも合うので、普段のコーディネートに是非中折れ帽をプラスしてみてください。