大きな画像を見る

  • プレミアム会員10%対象

カジュアル・街乗り用 サイクルシューズ

SIDI シディ 2019年モデル ARROW アロー

価格 9,072円 (税込)

配送情報

東京都は送料880円

※条件により送料が異なる場合があります

閉じる

配送方法とお届け指定日

への配送方法を確認

配送方法 お届け情報
宅配便

お届け日指定可

2019/09/07(土) 〜

情報を取得できませんでした

時間を置いてからやり直してください。

閉じる

PayPayボーナスライト、Tポイント情報

1%獲得
90ポイント(1%)

ログインすると獲得できます。

プレミアム会員ならいつでも5%獲得!

獲得するにはPayPay登録が必要です。

無料でPayPayに登録

最大倍率もらうと15%

1,260円相当(14%)

90ポイント(1%)

内訳を見る

PayPayボーナスライト

1,260円相当(14%)

ソフトバンクスマホユーザーなら+5%相当戻ってくる!

詳細を見る

450円相当

(5%)

Yahoo!プレミアム会員ならいつでも+4%相当戻ってくる!

詳細を見る

360円相当

(4%)

いまトク!ストアキャンペーン+5%【掲載ストア限定】

詳細を見る

450円相当

(5%)

Tポイント

90ポイント(1%)

ストアポイント

90ポイント

(1%)

  • ※付与されるPayPay残高はPayPayボーナスライトです。PayPayボーナスライトは譲渡できません。有効期限は付与日から60日間です。
  • ※対象金額は商品単価(税込)の10の位以下を切り捨てたものです。

よくあるご質問はこちら

  • ※付与されるPayPay残高はPayPayボーナスライトです。PayPayボーナスライトの詳細はこちら

注文について

※選択してください

カラー×サイズ

人気 45(27.5cm)
人気 40(25cm)
人気 41(25.5cm)
人気 42(26cm)
人気 43(26.5cm)
人気 44(27cm)
人気 ブラック/ブルー

売り切れ

売り切れ

人気 ブラック/イエロー

売り切れ

選択してください

数量

商品をカートに入れる

選択肢を確認してからカートに入れるボタンを押してください
お気に入りに追加

この商品について問い合わせ

閉じる

再入荷通知設定

この商品に関するQ&A

情報を取得できませんでした

時間を置いてからやり直してください。

この商品について質問する

商品説明

エントリーはこちら


パーツ・アクセサリー税別10,000円以上のご購入で送料無料





SIDI(シディ)


ディーノ・シニョーリが1960年に登山靴のワークショップとしてイタリアで創業した、SIDI(シディ)。
その後、70年代からサイクリングシューズとモーターサイクル用ブーツの製造を開始。両分野においてプロライダーとの結びつきが強く、 彼らの実戦を通じてのフィードバックと最先端の技術を融合して生み出されるシューズは、イタリアの靴らしく丁寧な作りで トップライダーからアマチュアサイクリストまで幅広いカテゴリーのライダーにフィットします。




2019 新モデル&新カラー


イタリアンシューズの代名詞ともいえるブランドSIDI。伝道師の皆様におかれましてはその歴史を十分ご存じの方も多いと思いますが、今一度SIDIの原点を振り返っていただくべく、ブランドヒストリーを簡単にまとめました。どうぞお付き合いくださいませ。


SIDIはイタリア北部・ヴェネト州マゼールという小さな町に本拠を構える、サイクリングシューズとオートバイブーツのメーカーです。
この地に生まれ育ったDinoSignori (ディーノ・シニョーリ)氏が、1960 年、若干25 歳の時に設立したSIDI。その社名は、同氏の姓・名から2 文字ずつ取って命名されました。
戦時中に幼少期を過ごしたDino 氏は、子供のころから家族を支えるために、大人に交じって懸命に働きました。
少年の時に出会ったサイクリングは、貧しさを乗り越えて必死に生きる彼にとって、息抜きであると同時に、プロ選手として家族を養うという夢を追いかける時間でもありました。
いくつもの職業を経験する中、青年期に身に付けたのが、他ならぬ靴作りの技術でした。様々な事情により、自転車選手としてのキャリアをあきらめたDino 氏は、靴職人として腕を磨きつつ、北イタリア中にハイキングブーツやスキーブーツを売り歩きました。
日ごとに評価の高まるDino 氏の靴……彼の名声が自転車界に届いた時、彼は靴職人として、かつて夢を追った自転車レースの世界に再び身を投じることになったのです。
80 歳を超えてなお、Dino 氏は毎朝6 時30 分に出社し常に新しいシューズの開発のために働き続けています。
SIDI のシンボルマークである「渦巻き」は、そんな彼の止まない情熱、SIDI 創業当時のイタリアの経済復興、回転するホイールなどを象徴するものです。
SIDI では現在も、アジアに生産拠点を設けず、マゼール本社と隣国ルーマニアの自社設備でのみ、生産を行っています。
ルーマニアの工場から届いたシューズは、1 足ずつ箱から取り出して隅々まで検査を行うという徹底ぶりです。靴職人としての姿勢は、今も変わることはありません。


なぜSIDIはプロ選手に愛されるのか?


SIDI のシューズは、多くのライダーに最適な履き心地を提供するため、多くの調節機能を備えています。その結果、重量は増します。しかし、手に持って軽いシューズと、重くても快適な履き心地のシューズ、どちらに価値があるでしょうか。
チームの契約によりSIDI のシューズを履けなくなったプロ選手たちが、Dino 氏を訪ねてくることこそが、その答えに他なりません。また、多くのパーツがスペアとして入手可能なことは、長く使い続けられる……というもう1 つのSIDI の魅力でもあります。
自転車用機材、とりわけシューズについて、選手から求められるのは「快適性」です。
もちろん軽いに越したことはありませんが、快適性より軽さを優先させれば、レース中盤から終盤、ヘタすると序盤から、選手は違和感を伴った不快感に苦しむことになります。
むろん、どのメーカーも「軽量と快適性」を両立させた製品を生み出しているわけで、なおかつSIDIより軽いシューズは少なくないでしょう。それでもSIDIが支持される訳を、いまいちど考えてみてください。
今でこそ当たり前のクリート位置を変更できるシステムや、ナイロンの紐でアッパーを締め付けるシステム(ワイヤークロージャー)などを考案してきた「シューズ専業のSIDI」だからこそ、SIDIが確信する「軽量と快適性」が両立するポイントに、彼らはどのブランドよりも自信を持っているのです。だからこそ、現在のSIDIのポジションがあるのです。

さて、そんなSIDIでありますが、「軽量と快適性」と同じくらい重要視している項目があります。それはルックス。なんだ、見た目かと思うなかれ。
自転車ほど、身に付けるものの色に気を遣うスポーツはないことを、賢明な皆さんならお分かりのはずです。例えばグローブの色、ボトルケージの色、バーテープの色、サドルの色…。
例えひとつでも色選びに失敗すれば、残念なサイクリストとなってしまいます。オシャレは足元からと言われますが、それはサイクリストにとっても同じこと。では、シューズの色が全体に馴染んでいればいいのでしょうか。と、いうわけにもいかないんですね。問題はデザインなのです。
Dino氏は言います。「シューズは、レースの終盤で自分の足元を見て、鼓舞されるようなものでなくちゃいかん」 つまり、カッコ悪いシューズが目に入ったら、追い込みもできない。
それゆえ、SIDIはデザインも重要視しているんだと。


2019モデル


前置きが長くなりましたが、SIDI2019モデルの最新情報をご案内しましょう。
エントリーモデルALBAに大きな変更はありませんが、昨今のトレンドに配慮しSHOTで2カラーのマットカラーモデルが追加され、GENIUS7ではシャドーカラーという影をイメージしたシックなカラーモデルが追加されました。
そして、大きなトピックとしてはトップモデルWIREとミッドグレードモデルERGOのリニューアルです。




ARROW[新モデル]




●フリータイム用スニーカー
●25cm相当


アッパーには縫い目の無いヒートシールテクノロジー採用で、包み込むような履き心地を実現。
シューレースにはストッパーが設けられ、レースを結ぶ手間から解放され、また締付調整も簡単です。



掲載商品の情報について

  • 掲載している情報の精度には万全を期しておりますが、その内容の正確性、安全性、有用性を保証するものではありません。
  • 現在ご覧になっているページは、この商品を取り扱うストアによって運営されています。
    ページに記載されている内容や商品、ご購入に関するご質問は、直接各ストアにお問い合わせください。