たとえ気候が似通っていても育つ土地によってコーヒーの味は変わってきます。コーヒー豆の栽培には有機物を含む火山灰土が最適で、水はけがよく、
豆の成長に必要不可欠な成分(窒素、リン、カリウムなど)が豊富に含まれています。その成分と土質は味に影響し、たとえば酸性の土地は弱酸性の土
地よりも酸味が強いと言われています。

産地によって味が変わる理由

POTIER COFFEE
コーヒー豆の生産国

comming soon...

コーヒー栽培に適した地域

 コーヒーの木は熱帯植物なので、主に赤道付近で栽培されています。その中でも良い豆が出来るのは標高700〜2000mの高地で、平均気温が18〜25℃、
年間降水量1500mm〜2000mmなどの気候条件を備えている土地とされています。高地は昼夜の寒暖差が激しく風も強いですが、それがコーヒーの実に
とってのメリットであり、実がしまっておいしいコーヒーが出来るのです。そして日差しと雨量によって豆の質が左右されます。
あまりに強い日差しは木の育成を妨げ、降水量が不足すると、枯れ木や未熟豆の原因となってしまうのです。

ポティエコーヒーは世界各国の高品質コーヒー豆だけを取り扱っております。
育つ環境によってコーヒーの風味は異なります。お気に入りを見つけてみてください。