1. ぽんぽこぽんすけぽんぽこぴー
ポエムピースstoreは詩のかけら。詩を楽しみ、心を愛でる、素敵な商品。参加詩人はoblaat同人の、谷川俊太郎、覚和歌子、枡野浩一、御徒町凧、三角みづ紀、文月悠光等。デザインは則武弥、企画は松田朋春、プロデュースはマツザキヨシユキ等。
  1. ポエムピースstore >
  2. 書籍 > 
  3. ぽんぽこぽんすけぽんぽこぴー

大きな画像を見る

ぽんぽこぽんすけぽんぽこぴー

JANコード/ISBNコード:9784434246326

  • 価格 1,512円 (税込)

  • 全国一律 送料無料

    ※条件により送料が異なる場合があります

    手数料・送料・配送方法について

  • 15ポイント獲得

    ログインすると獲得できます。

    プレミアム会員ならいつでもポイント5倍

    初回登録の方は2カ月無料でお試し

    最大倍率もらうと15倍

    225ポイント獲得

    ポイントの内訳を見る

    最大でもらえるポイント

    225ポイント(15倍)

    Yahoo!プレミアム会員限定!ポイント5倍!
    60ポイント(+4倍)
    詳細を見る
    ソフトバンクなら ポイント+5倍キャンペーン
    75ポイント(+5倍)
    詳細を見る
    5のつく日[アプリ利用で最大+4倍]
    60ポイント(+4倍)
    詳細を見る
    アプリで買うと! ポイント毎日2倍
    15ポイント(+1倍)
    詳細を見る

    今もらえるポイント

    15ポイント(1倍)

    通常ポイント
    15ポイント(+1倍)
    • ※通常ポイント以外はヤフーによる期間固定Tポイントであり、通常ポイントより後に進呈します。
    • ※条件により上記ポイントを獲得できない場合があります。
    • ※一部獲得ポイント詳細に含まれないキャンペーンがあります。詳しくは各キャンペーンページをご確認ください。
    • ※進呈するポイントには、期間固定Tポイントを含みます。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスで利用できません。有効期限がありますのでご注意ください。

    よくあるご質問はこちら

    • ※通常ポイント以外はヤフーによる期間固定Tポイントであり、通常ポイントより後に進呈します。
    • ※進呈するポイントには、期間固定Tポイントを含みます。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスで利用できません。有効期限がありますのでご注意ください。
  • はじめての方はアプリで買わないと損!今すぐインストール

*発売日4月25日より発送いたします*


1945年 プラハ・テレジン 2011年 宮城・石巻
夢をもちつづけた子どもの奇跡のお話

第2次世界大戦中、強制収容所に送り込まれた多くの子どもたちが命を奪われました。しかしそのなかで奇跡的に助かった子どもがいました。生きていくことを諦めず、絵を描くことで夢をもちつづけた子どもたちです。
その強い気持ちは、時空を超えて、東日本大震災後の日本でも奇跡をおこします。

え と ぶん/まえだゆうこう


B5判 オールカラー 上製  32ページ
発行:みらいパブリッシング

数量

商品をカートに入れる

選択肢を選んでから、カートに入れるボタンを押してください。
お気に入りに追加

この商品について問い合わせ

閉じる

再入荷通知設定

この商品に関するQ&A

この商品について質問する

情報を取得できませんでした

時間を置いてからやり直してください。

該当する質問はありません

商品説明

まえだゆうこう
山形県新庄市生まれ。
旧郵政省を途中退職し、絵の道へ。2001年よりヨーロッパを旅するかたわら、東北・関東の百貨店等で個展を開催。
著書『愉しくなくちゃ絵ではない』(河北新報出版センター)のほか、ENEOSカレンダー、東北電力カレンダーなどを手掛ける。
河北新報、山形新聞の連載を経て、現在、仙台発・大人の情報誌『りらく』(プランニング・オフィス社)でスケッチ&エッセイ「前田優光のつれづれなるままに」を連載中。

【絵本によせて】
第二次世界大戦中、ナチス・ドイツが作ったチェコのテレジン収容所には、15000人の子どもが入れられていました。その後、アウシュビッツという殺人工場に送り込まれ、子どもたちのほとんどは殺されてしまいました。しかし、奇跡的に100人の子どもが助かりました。その助かった子どもたちは、絵を描くことによって夢を持ち続けた「将来の夢」という心の支えがあったことが分かりました。そんなお話をしてくださったのが、ノンフィクション作家の野村路子さんです。野村さんは、子どもたちが残した絵と出合ったことをきっかけに、絵を見せながら事実を伝え、全国各地で展覧会や講演会を続けてきました。
2011年3月11日、日本では大震災が発生しました。たくさんの子どもが亡くなり、また、助かった子どもたちの心にも大きな傷が残りました。野村さんは、テレジンの子どもたちと重なったのか、石巻で子どもたちと一緒に絵を描き、将来の夢を語ってもらいましょうと私に声をかけてくれたのです。夢中になって絵を描く子どもたち。そんな様子を神様が見ていたのか、子どもたちの絵がJAXA国際宇宙ステーションに打ち上げられることになりました。
野村さんの「創造することは生きる力になる」。この素晴らしい言葉を、絵本を通し、夢、そして希望を持つ大切さに繋いでいっていただけたら幸いです。
                                  絵っせすと まえだゆうこう