ポエムピースstoreは詩のかけら。詩を楽しみ、心を愛でる、素敵な商品。参加詩人はoblaat同人の、谷川俊太郎、覚和歌子、枡野浩一、御徒町凧、三角みづ紀、文月悠光等。デザインは則武弥、企画は松田朋春、プロデュースはマツザキヨシユキ等。
  1. ポエムピースstore >
  2. 書籍 > 
  3. いのちの本

大きな画像を見る

いのちの本

JANコード/ISBNコード:9784908827372

  • 価格 1,512円 (税込)

  • 全国一律 送料無料

    ※条件により送料が異なる場合があります

    手数料・送料・配送方法について

  • 15ポイント獲得

    ログインすると獲得できます。

    プレミアム会員ならいつでもポイント5倍

    初回登録の方は2カ月無料でお試し

    最大倍率もらうと11倍

    165ポイント獲得

    ポイントの内訳を見る

    最大でもらえるポイント

    165ポイント(11倍)

    Yahoo!プレミアム会員限定!ポイント5倍!
    60ポイント(+4倍)
    詳細を見る
    アプリで買うと!ポイント毎日2倍
    15ポイント(+1倍)
    詳細を見る
    ソフトバンクなら ポイント+5倍キャンペーン
    75ポイント(+5倍)
    詳細を見る

    今もらえるポイント

    15ポイント(1倍)

    通常ポイント
    15ポイント(+1倍)
    • ※通常ポイント以外はヤフーによる期間固定Tポイントであり、通常ポイントより後に進呈します。
    • ※条件により上記ポイントを獲得できない場合があります。
    • ※一部獲得ポイント詳細に含まれないキャンペーンがあります。詳しくは各キャンペーンページをご確認ください。
    • ※進呈するポイントには、期間固定Tポイントを含みます。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスで利用できません。有効期限がありますのでご注意ください。

    よくあるご質問はこちら

    • ※通常ポイント以外はヤフーによる期間固定Tポイントであり、通常ポイントより後に進呈します。
    • ※進呈するポイントには、期間固定Tポイントを含みます。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスで利用できません。有効期限がありますのでご注意ください。

    ソフトバンクユーザー限定セール 2ストア購入でポイント+4倍

  • はじめての方はアプリで買わないと損!今すぐインストール

*発売日4月6日より発送いたします*


「いのちの本」は、人間一人ひとりに与えられた
かけがえのないいのちのことを考える本。

宗教、無宗教の是非を決めることなく、
人が背負ってしまった罪のこと、愛のこと、
愛する人や、家族同様に愛している動物を失った時のこと、
戦争、天災、突然の死…あらゆる「いのち」にまつわる話を
子どもも大人も読みやすい平易な言葉で語っています。

あとがきより
「この『いのちの本』が文字として言葉として
あなたに寄り添い、励ますことができたら幸に思います。」

あなたがこの世でいのちをまっとうするまでの、大切な一冊になりますように。

著者 金田敏晃


※この本の朗読動画を YouTube にアップしています。
「いのちの本」で検索してご覧ください。

B5判 上製 72ページ
発行:ポエムピース

数量

商品をカートに入れる

選択肢を選んでから、カートに入れるボタンを押してください。
お気に入りに追加

この商品について問い合わせ

閉じる

再入荷通知設定

商品説明

金田敏晃(かねた・としあき)
1958年4月の満月生まれ、B型。生涯一美容師、「からだの教室」主宰、Kaku imagination大家。
美容と健康、命と身体の使い方に興味をもち、飼っているワンコをこよなく愛し、精神世界・宗教・差別問題、特に魂に関することを幅広く学んでいる。
幼い頃から何度か病気でいのちの危険に向き合った時、「生きているのではなく生かされている」という感覚を強く持つ。
また歩行困難と医者に告げられるほどの大怪我を足に負った時は、たまたま縁があり訪れた武道場で、不自由ながらも稽古を続けていくうちに脳が反応し、最後には小走りができるようになる。
それらの体験から、身体機能は脳やイメージと密接につながっていると感じるように。 さらには病気のせいで精神的に参ってしまった時も、漢方やハーブ、鍼治療で体のバランスを整え、呼吸法を身につけ、自分に合ったトレーニングをすることで、健康を保つことができるということを、身を以て実感する。
精神世界については、母親が懇意にしていた占い(姓名判断)に疑問を持ち、自分中心ではなく他者が喜ぶことを続けることが、自分の徳を積むことにつながると考えるように。それが『いのちの本』の原点である。