ポエムピースstoreは詩のかけら。詩を楽しみ、心を愛でる、素敵な商品。参加詩人はoblaat同人の、谷川俊太郎、覚和歌子、枡野浩一、御徒町凧、三角みづ紀、文月悠光等。デザインは則武弥、企画は松田朋春、プロデュースはマツザキヨシユキ等。

  1. ポエムピースstore >
  2. 書籍 > 
  3. 高校中退父さんのみるみるお金が増える不動産投資の授業

大きな画像を見る

高校中退父さんのみるみるお金が増える不動産投資の授業

JANコード/ISBNコード:9784434243332

価格 1,620円 (税込)

全国一律送料無料

※条件により送料が異なる場合があります

手数料・送料・配送方法について

16ポイント獲得

ログインすると獲得できます。

プレミアム会員なら いつでもポイント5倍

初回登録の方は2カ月無料でお試し

最大倍率もらうと10倍

160ポイント獲得

ポイントの内訳を見る

最大でもらえるポイント

160ポイント (10倍)

Yahoo!プレミアム会員限定!ポイント5倍!
64ポイント(+4倍)
詳細を見る
ソフトバンクなら ポイント+5倍キャンペーン
80ポイント(+5倍)
詳細を見る

今もらえるポイント

16ポイント (1倍)

通常ポイント
16ポイント (1倍)
  • ※通常ポイント以外はヤフーによる期間固定Tポイントであり、通常ポイントより後に進呈します。
  • ※条件により上記ポイントを獲得できない場合があります。
  • ※一部獲得ポイント詳細に含まれないキャンペーンがあります。詳しくは各キャンペーンページをご確認ください。
  • ※進呈するポイントには、期間固定Tポイントを含みます。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスで利用できません。有効期限がありますのでご注意ください。

よくあるご質問はこちら

  • ※通常ポイント以外はヤフーによる期間固定Tポイントであり、通常ポイントより後に進呈します。
  • ※進呈するポイントには、期間固定Tポイントを含みます。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスで利用できません。有効期限がありますのでご注意ください。


ゼロからスタートして
家賃収入9000万円
成田さんが教えてくれるシンプルでリスクが少ない投資術で
リッチな大家さんになりましょう!

「金持大家さんシリーズ」の浦田 健氏 推薦!!

著者:成田 勉(なりた つとむ)
不動産実務検定講師
不動産投資家育成協会認定講師
J-REC公認コンサルタント
良質計画合同会社代表
1966年生まれ、名古屋市出身。不動産投資家として多くの手法を実践し、総投資138戸、現在8棟98戸の家賃年収は9000万円。ゲストハウス「みゆき旅館」経営。「家主と地主」オーナーズコラム執筆。全国で講演家として活躍。賃貸住宅フェア、エイブルオーナーズセミナー、岡山大家塾、東京大家塾、広島大家塾、福山大家塾、北海道大家塾など講演実績多数。元認可外保育園園長、トマス・ゴードン博士の親業訓練講座、岸英光のコーチング、家庭心理学を学び、多くの子育て経験から「子どもがイキイキ伸びる方法」を提唱する。

四六判 ソフトカバー 224ページ
発行:みらいパブリッシング

数量

商品をカートに入れる

選択肢を選んでから、カートに入れるボタンを押してください。
お気に入りに追加

この商品について問い合わせ

閉じる

再入荷通知設定

この商品に関するQ&A

この商品について質問する

情報を取得できませんでした

時間を置いてからやり直してください。

該当する質問はありません

商品説明

〈目次〉

はじめに

第1章
 大家はお金持ちがなる職業だと思っていませんか?

大家はお金持ちでなくてもなれる職業です!
大家さんは本当に裕福なの?
僕の経歴を少し紹介しましょう
僕が投資家として成長し大家になれた理由とは?
お金を貯めるのが好きだった
自分にとって筋の通らないことはイヤだった
親の生活を自分なりに見て、考えていた
自分の家族に金銭的な負担をかけたくなかった
仲間を大事にしたいと思っている
間取り図や物件情報が大好き!
どんな人にもある「瞬間的に跳ね上がるとき」を大事に
30代の頃、漠然と感じていた不安感
サブプライムショックを乗り越える
北海道の物件から本格的にはじめた不動産賃貸業生活
なぜ、不動産投資がいいのか なぜ、大家がいいのか
お金がないこともポジティブにとらえよう!
不動産はお金と資産が入れ替わっている実感がある
これからの時代は学歴ではなく「マネーリテラシー」が必要な時代
マネーリテラシーとは、お金の稼ぎ方・使い方の知識や知恵
「むずかしく考えない」のがマネーリテラシー
竹田和平さんとの出会い
お金のこと、すなわち稼ぎと儲けのことは親がしっかり教えよう
語彙力のある子に


第2章 僕でも成功した8つの資産形成ルール

ルール1 高学歴に信用がない時代だからこそ稼ぐ技術が大切
信用とは正しく稼ぐこと
僕にとってのお金の稼ぎ方・使い方
ルール2 まずは商売をゼロから立ち上げなさい!
ビジネススキルが投資に生きる
投資で稼いでいる人はビジネススキルのある人
ルール3 他人に依存せず、裏切らない パートナーを大切にする!
自分からは裏切らない、でも依存もしない
不動産投資にも、いろいろなパートナーがいる
パートナーは”人柄のよさ”で選ぶ
ルール4 物事を決めつけずシンプルに考えなさい!
確定的なことをいえないからこそ、の二つの対応
シンプルに考えるためには、決めつけない
失敗しない不動産投資家は、シンプルに考える
ルール5 お金は大切だからこそきちんと交渉しなさい!
交渉できるようになるために大切なこと
不動産は金額が大きいからこそ交渉できる
ルール6 まずは小さな失敗をして生きたスキルを身につけよう!
自分で”損切り”するラインを決めておく
小さな失敗はスキルを生む
ルール7 本当の目標をめざして逆境をバネにしろ!
どんな人にもバネにできるものはある
ルール8 僕はこのルールでお金持ちになれました!
きちんと、ていねいにやれば誰でもできる!
不動産賃貸業、大家業はいちばん手堅いビジネス


第3章
300万円からはじめる不動産投資

不動産投資で使うお金のレッスンをしてみよう
融資を受ける場合の計算式
投資する側としては賃貸での「手残り」を重視
不動産投資のお金をケーススタディしてみる
お金がなくても不動産投資はできる!
できることからはじめた不動産投資
ホンネをいうと、300万円くらいはあったほうがいい
まずはタネ銭の300万円を貯める
ふつうに貯蓄していれば、貯まる金額です!
もし、ないなら数年間は貯金する
お金持ちでも不動産の購入にはお金を使っていないのです
地主タイプから投資家タイプに
不動産への「投資」であればこそ、「融資」が効く
お金はあったほうがいいけれど、なくても不動産投資ができる!
300万円以上の貯金からまず、すべきことは何か
身の丈に合わせた不動産投資をやってみる
300万円、不動産投資活用シミュレーション
お金がお金を生むしくみを理解しよう
再投資によるレバレッジ効果とは?
いろいろなビジネスに見る「お金がお金を生むしくみ」
お金を活かす、殖やす 投資家の顔をもつ
自己責任だからこその余裕
リスクを負う覚悟の顔


第4章 初めての物件を買ってみる

まずは、「大家さん」を経験してみる
自分の判断で進めてこそ、わかることがある
自主管理にしたほうが、入居者との親近感が湧く
要望に応じて業者に対応してもらえば万全
自宅を買うより不動産投資を優先する
いずれにせよ投資はすべて自己責任
僕は、自宅購入のときお金があったから、自宅を優先した
大家さんと知り合いになる方法は?
自分から飛び込んでいこう
大家の数だけ知恵がある
大家になりたければまずメンターを探せ!
”ボロ物件高利回り系”の僕が考えたこと
いろいろな行動様式を真似てみる
自分に合った物件を探すことも大事
大家の会が成功するとは限らないんだよね
小さくはじめて大きな雪だるまをつくろう!
最初の物件を購入するにあたっての五つの留意点
高値づかみしないために、指値ができるかを試してみる
入居者がつくかどうかは物件ごとに見極める
事件・事故の物件は事故物件公示サイトで1回は確認する
嫌悪施設は、その施設からの臭いに注意
大きな修繕については、リフォーム業者を連れて見に行こう


第5章 2棟目、3棟目……の複利を体験する
自分の投資遍歴を振り返ってみる
6棟目で初めて借入れができた!
「事業的規模5棟10室」にはどんな効果があるか?
税務上の5棟10室とは?
銀行の融資の判断基準にもなる
最初は家賃収入3000万円を目標に、キャッシュフローを重視
一定規模になるまでは返済比率に留意する
大家としてのステージを変える
大家であるとともに、不動産投資の実業家でもある
ステージが変わったとき注意したい”変な失敗”
銀行融資の紹介を受けるメリット
最初は、管理を自分でやると詳しくなります!
「信用してください」というやつは信用するな
信用するに足るバックボーンのない人が使う言葉
不動産業者にだまされてしまうことも……
依存体質の人が信じてしまう
大家としていちばん重要なことは「他人」に依存しないこと
大家の社会性に甘えない
他人に依存しないために、実績をつくる
空室対策としていちばん重要なのは入居者が埋まる物件を買うこと!
埋めるための企画プランも用意する
想定される入居者の属性で、対応が変わる
家賃保証が招くトラブルに注意
結局はコミュニケーションが重要に
大家としての心構えはTTP
”汚部屋”をおしゃれなピンクの部屋に
可能なかぎりいい仲間を増やそう
仲間との交流が新たな情報交流につながる
東京集中ではなく、全国に大家仲間の輪を


第6章 大家として「家族」という資産を活かす

自分の実績という資産を活かす
自分がまず知恵を絞ろう
銀行融資の際に実感する「実績が資産
」夫婦は家族を運営するパートナー
家族の反対はあなたのことを思っている証
アクセルのあるクルマにはブレーキも必要
子どもという才能・資産を活かす方法
子どもはいつも反抗期でいい
子どもと一緒に体験する資産
将来を考えたら家族で資産を守る
子どもたちも、できる範囲で活かしてくれるはず