1. バナナタニ園  谷郁雄 詩、吉本ばなな 写真協力/まえがき
ポエムピースstoreは詩のかけら。詩を楽しみ、心を愛でる、素敵な商品。参加詩人はoblaat同人の、谷川俊太郎、覚和歌子、枡野浩一、御徒町凧、三角みづ紀、文月悠光等。デザインは則武弥、企画は松田朋春、プロデュースはマツザキヨシユキ等。
  1. ポエムピースstore >
  2. 書籍 > 
  3. バナナタニ園  谷郁雄 詩、吉本ばなな 写真協力/まえがき

谷郁雄の詩に吉本ばななの写真、寄藤文平の絵

バナナタニ園  谷郁雄 詩、吉本ばなな 写真協力/まえがき

JANコード/ISBNコード:9784908827181

  • 価格 1,566円(税込)

  • 全国一律 送料無料

    ※条件により送料が異なる場合があります

    手数料・送料・配送方法について

  • 15ポイント獲得

    ログインすると獲得できます。

    プレミアム会員ならいつでもポイント5倍

    初回登録の方は2カ月無料でお試し

    最大倍率もらうと14倍

    210ポイント獲得

    ポイントの内訳を見る

    最大でもらえるポイント

    210ポイント(14倍)

    Yahoo!プレミアム会員限定!Tポイント5倍!
    60ポイント(+4倍)
    詳細を見る
    ソフトバンクなら ポイント+5倍キャンペーン
    75ポイント(+5倍)
    詳細を見る
    5のつく日[アプリ利用で最大+4倍]
    60ポイント(+4倍)
    詳細を見る

    今もらえるポイント

    15ポイント(1倍)

    通常ポイント
    15ポイント(+1倍)
    • ※通常ポイント以外はヤフーによる期間固定ポイントであり、通常ポイントより後に進呈します。
    • ※条件により上記ポイントを獲得できない場合があります。
    • ※上記記載がないキャンペーン分のポイントは獲得ポイント詳細には含まれていません。

    よくあるご質問はこちら

    • ※通常ポイント以外はヤフーによる期間固定ポイントであり、通常ポイントより後に進呈します。
  • はじめての方はアプリで買わないと損!今すぐインストール

*2017年2月14日発売*

『楽園、ここにあります』

詩・谷郁雄
写真協力・まえがき 吉本ばなな
装幀 寄藤文平+鈴木千佳子+北谷彩夏
絵 寄藤文平

谷郁雄の詩に吉本ばななの写真、寄藤文平の絵
身近な楽園にきょう、いきませんか
ワニ型の横長製本が手に馴染み、ページを繰るほどに愛着がでてくる
楽園へのパスポート


私たちが子どもの頃に思っていたいちばん大切なこと、大人には見えなかったけれど自分にはよく見えていたことが、
そのままの形で保存されて谷さんの詩の中には入っている。
吉本ばなな「まえがき」より

ばななさんから少しずつ送られてくる写真を見るのは楽しい時間だった。あるときは猫だったり、あるときは花だったり、
またあるときは食べ物だったり異国の風景だったり。僕も新しい詩が書けると、それをばななさんに送って読んでもらった。
谷郁雄「あとがき」より

数量

商品をカートに入れる

選択肢を選んでから、カートに入れるボタンを押してください。
お気に入りに追加

この商品について問い合わせ

バナナタニ園  谷郁雄 詩、吉本ばなな 写真協力/まえがき

閉じる

再入荷通知設定

商品説明

<著者について>

谷郁雄
一九五五年三重県生まれ。
同志社大学文学部英文学科中退。
九三年、詩集『マンハッタンの夕焼け』が第三回ドゥマゴ文学賞最終候補作に。
詩集『バンドは旅末うその先へ』(写真・尾崎世界観)、
エッセイ集『谷郁雄エッセイ集 日々はそれでも輝いて』など著者多数。


吉本ばなな
一九六四年、東京生まれ。
日本大学藝術学部文芸学科卒業。
八九年『キッチン』で第六回 海燕新人文学賞を受賞しデビュー。
著作は三〇か国以上で翻訳出版されている。
近著に『イヤシノウタ』『下北沢について』などがある。
noteにてメルマガ「どくだみちゃんとふしばな」を配信中。


本文より


[ 星座 ]

いつも
どこかで
誰かが誰かのことを
思っている

人は一人で
生きられないから
一人ひとりの
小さな光を集めて
大きな星座を作り

この
寂しい宇宙の
暗闇の中で
生きていく

互いの光で
照らし合い
励まし合って
迷子の星が
生まれないように
見守り合って


[ くちぶえ ]

誰かが
くちぶえを吹きつつ
歩いてゆく

ぼくが
よく知っている歌
昔のアニメの
テーマソングだ

くちぶえの
上手なその人も
同じ時刻に
テレビにかじりつき
この世の悪と
戦っていたのだ

お母さんが作る
カレーの匂いが
ほのかに漂う
夕暮れ時の
小さな家の中で


[ 同じ空 ]

一人ひとり
バラバラに
生きているようでも
どこかでつながり
世の中を動かしている

たとえば
下町の小さな工場で
あなたが作った
2Bの鉛筆で
ぼくは毎日
詩を書いている

あなたは
そんなこと
知らないで
毎日
鉛筆を作り続ける
仕事のあとの
缶ビールを楽しみに

あなたと
ぼくは
同じ時代に生きながら
一度も
出会うこともないだろう

ふと
子供に戻って
同じ空を
見上げることが
あるとしても


[ いまから帰るよ ]

この世は
小さな奇跡の
大きな集合体

生きることは
せつなくて
せつなくて
せつなすぎて

ふと
立ち止まる
道の途中に
人生の落とし穴

なんとか
よけて
また先へと
歩き出す

いまから
帰るよ
いますぐ
帰るね
まっすぐ
帰りたい

君が待つ
ぼくらの小さな家へ