ポエムピースstoreは詩のかけら。詩を楽しみ、心を愛でる、素敵な商品。参加詩人はoblaat同人の、谷川俊太郎、覚和歌子、枡野浩一、御徒町凧、三角みづ紀、文月悠光等。デザインは則武弥、企画は松田朋春、プロデュースはマツザキヨシユキ等。
  1. ポエムピースstore >
  2. 書籍 > 
  3. 愛のカタチは詩のカタチ

「詩なんて書いたことないよ。」そんな私たちが綴る私たちの物語

愛のカタチは詩のカタチ

JANコード/ISBNコード:9784908827112

  • 価格 1,296円(税込)

  • 全国一律 送料無料

    ※条件により送料が異なる場合があります

    手数料・送料・配送方法について

  • 12ポイント獲得

    ログインすると獲得できます。

    プレミアム会員ならいつでもポイント5倍

    初回登録の方は2カ月無料でお試し

    最大倍率もらうと10倍

    120ポイント獲得

    ポイントの内訳を見る

    最大でもらえるポイント

    120ポイント(10倍)

    Yahoo!プレミアム会員限定!Tポイント5倍!
    48ポイント(+4倍)
    詳細を見る
    ソフトバンクなら ポイント+5倍キャンペーン
    60ポイント(+5倍)
    詳細を見る

    今もらえるポイント

    12ポイント(1倍)

    通常ポイント
    12ポイント(+1倍)
    • ※通常ポイント以外はヤフーによる期間固定ポイントであり、通常ポイントより後に進呈します。
    • ※条件により上記ポイントを獲得できない場合があります。
    • ※上記記載がないキャンペーン分のポイントは獲得ポイント詳細には含まれていません。

    よくあるご質問はこちら

    • ※通常ポイント以外はヤフーによる期間固定ポイントであり、通常ポイントより後に進呈します。
  • はじめての方はアプリで買わないと損!今すぐインストール

この本に参加したのは、北海道に住む男性2名、女性10名。それぞれが、仕事をもち、家庭をもち、大切にしたい思いをもっています。
その思いを一つひとつの言葉に込め、大切に綴った結晶が集まりました。

12人いれば、12とおりの表現があり、12とおりの願いがあり、12とおりの過去と未来があります。
誰一人として同じものはない。だからこそ、この本を手に取った方の目に触れる、どれか1篇でも共感していただける詩があるのではないか、という期待もあります。


12人の「愛のカタチ」、どうか心の真ん中に届きますように━━。

数量

商品をカートに入れる

選択肢を選んでから、カートに入れるボタンを押してください。
お気に入りに追加

この商品について問い合わせ

愛のカタチは詩のカタチ

商品説明

【内容紹介】

「詩なんて書いたことないよ。」
そんな私たちが綴る、私たちの物語。
札幌から生まれた、詩のカケラたち

2016年2月16日、マツザキヨシユキ氏を講師に迎えてスタートした札幌ポエムファクトリー(旧名:札幌ポエトリースクール)。
その日を皮切りに、2カ月に1度のペースで回を重ね、参加者は少しずつ“自由な表現をすること"に面白さを覚えていきました。

3回目を迎えた6月のある日。マツザキ氏より「みなさんの本を出しませんか?」という提案を受けた参加者たち。
その瞬間、それぞれの心の中に「本に載せるならもっと上手に詩を書けるようになりたい! 」という強い思いが芽生えました。
そうしてそれぞれが心の中に個々のテーマを持ち、生まれたのがこの作品たちです。

詩は短い言葉に、あるいは抽象的に見える表現に、すべての思いを込めます。
だからこそ、言葉は薬にも、媚薬にも、刃にもなり得ます。
その言葉の力を、札幌ポエムファクトリーへの参加を通じて体感してきた参加者が綴る言葉には、「愛」があります。
それは自己満足の愛ではなく、大切な家族や友達、愛する人に届けたい「愛」です。そんな届けたい「愛」が、ここにカタチになりました。


【出版社からのコメント】

悲恋、友愛、不倫、親子・・・様々な愛のカタチをお楽しみください。


【著者について】

札幌ポエムファクトリー
〜飯野正行 兎ゆう 大沼いずみ 奥野水緒 片桐尉晶 久保麻紀 後藤路代 佐藤雨音 ナカザキアコ 藤山道子 古川奈央 村田由美子 マツザキヨシユキ

「札幌ポエムファクトリー」:講師にマツザキヨシユキ氏を迎え、2カ月に一度、定期的に札幌で開催しているポエトリースクールの名前。

それぞれが毎回、自由に書いた詩を持ち寄り、朗読し、感想を言いあい、アドバイスを受け、さらにその詩を直して昇華させる。
あるいはマツザキ氏よりお題を与えられて詩を書いてみる。
そうやって、より良い(文章が上手、という意味ではなく、より完成度の高い)作品を目指します。
産みの苦しみを味わいつつも「詩を書くこと」に慣れていき、自分の「書きたいこと」を表現する楽しさや喜びを、麻薬的に覚えていっているのです。


「詩なんて書いたことないよ。」


これは、多くの方が発する言葉。でも、「詩的なもの」は、いつでも周りにあります。
ふと見上げた空に。
赤ちゃんの寝息に。
あの人の包み込むような微笑みに。

それを言葉に残したい、表現したい、誰かに伝えたい。
そう思い、書いてしまったものが、「詩のようなもの」です。
そして書かれた言葉たちを精査し、削ぎ落とし、加え、入れ換え、また削ぎ落とすという作業を繰り返して、「詩」という作品が生まれます。
その喜びを共有する場が、「札幌ポエムファクトリー」です。

詩という糸でつながったメンバーだからこそ、毎回新しい化学反応が毎回起きています。
それを楽しみに集まっている、それが「札幌ポエムファクトリー」です。
「札幌ポエムファクトリー」は、いつでも新しい仲間を募集しています。


【登録情報】
単行本(ソフトカバー): 104ページ
出版社: ポエムピース (2016/11/12)
言語: 日本語
発売日: 2016/11/12
商品パッケージの寸法: 18.4 x 12.2 x 1 cm

おすすめ商品