詳細は当店公式サイト記事にて別途記載させていただいております。

ペイント向けPCを選ぶときのポイント
漫画・アニメ・イラスト・様々な通称で呼ばれていますが、ペイント作業をする上でのパソコンを選ぶ際のポイントをピックアップしてみたいと思います。

・CPU
CPUの性能が著しく低い場合はソフトの起動がまともに出来ない場合がある為、ある程度CPUの性能が必要とされます。
今から購入する場合の目安としては、4コア以上搭載しているCPUが望ましいかもしれません。
スマホやタブレットにも4コア以上搭載している製品もありますが基本的な性能はやはりパソコンの方が圧倒的に優れるためコア数のみに着目してはいけません。
ただし、パソコンはスマホやタブレット等と違い基本的な性能が大きい分性能も高いため大袈裟に言ってしまえば10年前のCPUでも使い方によっては十分快適に作業が可能です。

・メモリ
基本的には8GB程度あれば入門としては十分に快適に出来るメモリ容量ですが、実用的になるにつれてレイヤーを複数枚以上使用したり、フィルターを使用しているとメモリの使用量が比例して増えてしまいます。予算に余裕があるのであれば最初の段階で16GB程度搭載しているものが好ましいです。
100000*100000等の大きいものになってくる場合は、32GB程度を目安に考えたほうがいいかもしれませんがメモリは増設が可能なので足りなくなったら後で増設しても構いません。

・GPU
描画処理等ではCPUよりもGPUでの処理が主な為、クリエイター向けPCにはグラフィックボードが必須になってきます。
入門程度でペイントするのであれば、CPUに内蔵しているGPUでも十分に満足できるかもしれませんが、 それを超える作業になってきた場合にはレイヤーを複数枚重ねて編集しただけでもカクカクしてペンが飛んだりし始めてしまいます。

・ストレージ
ストレージとはデータ等を保存する記録媒体のことを指します。
今では技術が進歩し、高寿命のSSDが市場に出てきていますが基本的には読み込み書き込みが激的に高速なSSDと呼ばれる媒体と、高寿命高耐性で安定性が高いHDDと呼ばれる媒体、それ以外にもSSDとHDDの両方の特性を持つSSHD等もありますがSSHDは中途半端な部分が多いのでSSD,HDDで覚えてもらえるといいかもしれません。
予算の兼ね合いもありますが、より快適な環境を作るのであれば、SSDにOSやソフト等の高速化したいアプリを保存して保存、バックアップ用にHDDを使用するSSD+HDDの構成がオススメです。

ペイントソフトって何を使ってる?
ペイントソフトだけでも有料ソフトから無料ソフトまで様々なものがありますが、アンケートを取ってみたところ、ダントツで名前が挙がったのが、下記ソフトでした。ソフトによっては、無料体験版で実際に使用することも可能です。
・Photoshop

・CLIP STUDIO PAINT

・SAI

・Fire Alpaca

が大多数を占めている様でしたが、それ以外にも様々なペイントソフトがあるので是非使ってみてくださいね。
ペイントに使用するグラフィックボードの種類

前述で必要だと記載した、GPU(グラフィックカード)ですが、ペイント向けPCを検討する上で、大きく分けて2種類、更に4種類に分類することが出来ます。

絵描き・イラスト・漫画制作を検討中の方

価格帯
  • 円〜

絞り込み条件を開く

Copyright (C) 2017 PecoLife.com All Rights Reserved.