HIROMI KAWASAKI【ウィーン19世紀末】壁面装飾WWK シリーズI 2011/Die H〓gel/Orakel Blume(黒・青) ※1点もの作家作品 ※銀座 店舗にて確認可
  • HIROMI KAWASAKI【ウィーン19世紀末】壁面装飾WWK シリーズI 2011/Die H〓gel/Orakel Blume(黒・青) ※1点もの作家作品 ※銀座 店舗にて確認可
  • HIROMI KAWASAKI【ウィーン19世紀末】壁面装飾WWK シリーズI 2011/Die H〓gel/Orakel Blume(黒・青) ※1点もの作家作品 ※銀座 店舗にて確認可
  • HIROMI KAWASAKI【ウィーン19世紀末】壁面装飾WWK シリーズI 2011/Die H〓gel/Orakel Blume(黒・青) ※1点もの作家作品 ※銀座 店舗にて確認可
  • HIROMI KAWASAKI【ウィーン19世紀末】壁面装飾WWK シリーズI 2011/Die H〓gel/Orakel Blume(黒・青) ※1点もの作家作品 ※銀座 店舗にて確認可
  • HIROMI KAWASAKI【ウィーン19世紀末】壁面装飾WWK シリーズI 2011/Die H〓gel/Orakel Blume(黒・青) ※1点もの作家作品 ※銀座 店舗にて確認可
  • HIROMI KAWASAKI【ウィーン19世紀末】壁面装飾WWK シリーズI 2011/Die H〓gel/Orakel Blume(黒・青) ※1点もの作家作品 ※銀座 店舗にて確認可

HIROMI KAWASAKI【ウィーン19世紀末】壁面装飾WWK シリーズI 2011/Die H〓gel/Orakel Blume(黒・青) ※1点もの作家作品 ※銀座 店舗にて確認可

壁面装飾WWK
シリーズI 2011/Die H〓gel/Orakel Blume(黒・青)/W4250 H4500 D370

■ウィーン革新の精神が刻み込まれた壁面作品「WWK」
http://kawasaki-brand-design.com/parnas/wwk/

「19世紀末ウィーンで花開いた分離派(セセッション)様式の魅力を、多くに知ってもらい、楽しんでいただきたい。」そんな想いからパルナスウィーンインテリア主宰 HIROMI KAWASAKI 自ら選んだのが、壁面作品というジャンルでした。幾何学的なパターン、19世紀末の退廃的な世相を反映していかのような色彩…。全てが凝縮されている?当時と同じ質の高いテキスタイルを利用し、その組み合わせを最適に検討し、彫刻のようにボリュームを持たせ存在感のある壁面作品に仕上げました。一点一点ハンドメイドで時間をかけて制作いたしました。白い壁に掛けるだけで、空間の印象が引き締まり、ウィーン19世紀末の革新的なデザインが蘇ります。それは貴方の感性を磨き、美意識をレイアウトしてくれることでしょう。

¥49,000

全国一律送料1,000円

このストアで100,000円以上購入で送料無料

※条件により送料が異なる場合があります

支払い方法:あんしん取引(クレジットカードもしくはTポイント)

在庫:残り1個

このアイテムをお気に入りに登録する

違反商品の申告をする

商品詳細 ※1点もの作家による作品につき再入荷はございません。 

銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)/パルナスウィーンインテリア
 有楽町線 銀座一丁目 駅徒歩3分 の路面店舗 にて実際にお手に取ってご確認頂けます。


【テキスタイル デザイン】
コロモン・モーザー(Koloman Moser/1868-1918)
http://kawasaki-brand-design.com/parnas/column/

モーザーは、世紀末ウィーンにおいて、活躍した芸術家である。本来は画家あるが、グラフィック、工芸、家具デザインなどの幅広い分野で才能を発揮した。空間デザインにおいても、平面芸術の才能を生かし、有機的、無機的文様を混合した独自のデザインを提示している。

1868年ウィーンで誕生し、幼少の頃から、父の仕事場テレジウム高校の工房で、工芸を楽しみながら身につけた。ヴィーデンの実業学校を経て、ウィーン美術アカデミーの入学。その後、ウィーン工芸美術学校で学ぶ。そこで、画家クリムトと出会う。1888年の父の死後、雑誌のグラフィック・デザインの仕事を始め、早くも才能を認められた。

建築家ホフマンらとウィーン分離派設立の前段階である「7人クラブ」を結成。1897年に、「ウィーン分離派」を設立。その機関誌『ヴェル・サクルム』において、芸術的な挿画を発表しポスターなども手掛けた。さらに、ウィーン分離派館の建築の外観のレリーフのデザイン、展示デザインでも中心的に活躍した。1899年にウィーン工芸美術学校の講師を経て、翌年から没年の1918年まで教授に就任した。

1903年に、ホフマンと企業家ヴェルンドルファーと「ウィーン工房」を設立。金属やガラスの工芸デザイン、テキスタイル、家具などインテリア・エレメント作品をデザインした。また、住宅、店舗、公共建築のデザインも行ない、ホフマンと協働した例も多い。

1908年以降は、「ウィーン分離派」を脱会したクリムト・グループが中心になって結成した、「クンスト・シャウ」の展覧会で、モーザーは展覧会場の主要な展示室を担当した。

晩年は、スイスの画家ホードラーの影響を受け、絵画制作を中心に活動した。代表作に《自画像》《洞窟のヴィーナス》がある。1918年にウィーンで没する。


【WWK 作家】
HIROMI KAWASAKI 川崎弘美
http://kawasaki-brand-design.com/parnas/message/

<経 歴>
1978年 学習院大学文学部哲学科卒業 銀座 株式会社 和光(室内用品部)勤務
1989年 パルナスインテリアルーム開業
1994年 社団法人インテリア産業協会主催「住まいのインテリアコーディネーション
     コンテスト」奨励賞《回廊でつなぐ二つの空間》
1996年 NHK文化センターインテリア講座講師(以後6年間担当)
2007年 別府大学大学院文化財研究科美術史専攻修了「世紀末ウィーンにおける
     コロマン・モーザーの空間デザインについて」
2010年 日本インテリア学会第22回全国大会論文部門発表?「世紀末ウィーンにおける
     コロマン・モーザーの空間デザイン」
2011年 日本インテリア学会第23回全国大会パネル部門発表?「世紀末ウィーンの
     テキスタイルによる壁飾り」
2013年 日本インテリア学会論文報告集「世紀末ウィーンにおけるコロマン・モーザー
       の空間デザイン―展示と住宅の空間デザインの関連性とその源泉―」
    日本インテリア学会第25回全国大会論文部門発表?「コロマン・モーザーの空間
 デザインにおける文様の分析」
     川崎ブランドデザイン有限会社取締役就任
    パルナスウィーンインテリア開業(同時にNET SHOPオープン)
2014年 自身のオリジナルブランド「WWK」発表