全国から探した逸品を大切な方へ、あなたの元へ



  1. おとどけ >
  2. 水産物・加工品 > 
  3. くじら/三陸の海産物
鯨1”/><div style=

日本有数の鯨漁の地、宮城県牡鹿半島鮎川港から

美味しい鯨(くじら)だけを厳選してお届け。

最高級の霜降り肉「ナガス鯨の尾の身」、コラーゲンたっぷりの「ミンク鯨の皮」、ヘルシーな「ナガス鯨赤肉」、とろける美味しさの「くじらベーコン」、特選醤油に漬け込んだ「鯨のづけ」など、現代人向け「高タンパク、低脂肪、低カロリー」、最高の贅沢食材を美味しくお楽しみ下さい。
鯨2  加工して即超低温冷凍!

新鮮なのでぜひお刺身で。

懐かしい「くじらの竜田揚げ」など、食べ方は色々ありますが、やはり一番のオススメは何と言ってもお刺身!くじらのお肉と皮(脂身)を一緒に頂くのが特に絶品です。
生姜醤油で頂くのが定番ですが、ゆずポン酢等もおすすめです。
高タンパク低脂肪低カロリー。抗疲労効果成分「バレニン」、
「EPA・DHA(不飽和脂肪酸)」、「コラーゲン」、「鉄分」…。

バレニンは筋肉耐久力アップ、疲労防止・回復・抗酸化・活性酸素の除去機能などの働きがあります。バレニンはくじらのパワーの源ともいわれています。
鯨の赤肉には吸収されやすいヘム鉄、ベーコンにはコラーゲンもたっぷり。魚介類と同じく多価不飽和脂肪酸(EPA、DHA等)も含まれており、これらの脂肪酸を摂ることが血流の改善につながると言われています。くじらは健康食品としても注目されている食材なのです。
鯨3
鯨4 魅惑のとろける味。

くじらを食べたことのない方でもそのおいしさに驚かれるでしょう。鯨肉の刺身はマグロに匹敵する濃厚な味わいで、生食のほか、揚げても、焼いてもおいしいことから、海からの恵み、マリンビーフとも呼ばれています。また、皮(脂身)は独特の風味をもち、コクがありながら後味がすっきり。口に入れるととろけていく魅惑の味です。
各部位の美味しいお召し上がり方。
鯨5
ナガス鯨・特選尾の身(尾肉)
1頭でほんの少ししかとれず最近では手に入りにくくなった「尾の身(尾肉)」。甘くてお口の中でとろけてしまう、至福の味です。半解凍で簡単にスライスできますので、生姜醤油、ニンニク醤油などでお刺身でお召し上がり下さい。

ナガス鯨・赤身
背肉・赤肉の部分でもっとも筋が少ない部分です。お刺身はもちろん、焼き物、揚げ物など何でも美味しい!低カロリー高タンパク低脂肪で栄養も豊富!

ミンク鯨・本皮
薄くスライスして赤身と一緒にお刺身で食べるのが一番のオススメ!身体に良い脂がお口の中で溶けます。又、くじら汁・くじら飯のお出汁は本皮で取ります。

ナガス鯨・畝須(うねす)、スライスベーコン
大変貴重なナガス鯨の「畝須」という部位を使ったスライスベーコンです。口の中で溶けていく最高の味!からし醤油、柚子胡椒と白髪ネギをベーコンに巻いてお召し上がりになるとより一層おいしく召し上がっていただけます。サラダやチャーハンにもオススメ!
また、胡椒をたっぷり掛けてお醤油を付けて食べると絶品です。
さらし鯨(尾羽・おばけ・おばいけ)
鯨の尻尾の皮をさらしたもので。西日本では「おばけ」と呼ぶ地域もあります。さっぱりコリコリと食感が最高!
専用酢みそがついています。わかめや玉葱等との酢みそ和えも美味しいです。

鯨づけ(ナガス鯨の醤油漬け)
特選醤油に漬け込んだ、とても美味しいおつまみです。解凍し、フランパンに油をひいて1〜2分炒めるだけで、ビールや日本酒、焼酎にぴったりのおつまみに!
お醤油に漬け込まれた鯨の赤身の濃厚な味わいをどうぞお楽しみ下さい。
地元三陸にしか知られていない絶品…
きっと皆様も病み付きになるお味です。

金華わかめ(生・塩蔵)
特別に風味が良く、やわらかくてシャキシャキ食感の、三陸の極上金華わかめ(直送品)です。
三陸海岸最南端、太平洋と石巻湾に面した恵まれた気候の牡鹿半島の金華わかめは味も食感も旨みも全然違います!
一度お召し上がりになればその違いにきっと驚くでしょう。塩蔵になっていますので、たっぷりのお水で2〜3分戻すだけで、お刺身にも、サラダにも、お料理にもおいしくお召し上がり頂けます。
鯨6

くじら/三陸の海産物

12件中 112件目

価格帯
  • 円〜

絞り込み条件を開く


インフォメーション
トップページ会社概要お支払い・送料買い物かごプライバシーポリシー|Copyright(c) おとどけねっと All rights reserved.